京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

前回の兒子神社(ちごじんじゃ)と同じく、京都市西京区大枝地区から地域名を冠する神社、大枝神社(おおえじんじゃ)を採り上げます。(京都市西京区大枝沓掛町)

大枝神社は、旧山陰道(国道9号線)沿いにある京都市立芸術大学から、北へ約五百メートル程の山沿いに位置し、数十メートル西には、桓武天皇の生母、高野新笠(たかののにいがさ)の御陵「光仁天皇夫人贈皇太后 天高知日之子姫尊(高野新笠)大枝陵」もあります。そして、以下のように、大枝は高野新笠とも関係深い地域だったようです。また、幼少期の桓武天皇もこの大枝の地にあった母の里で育ったと考えられています。


さて、大枝神社の由緒書きによると、大枝神社は、元々、康保四年(967)施行の『延喜式』に記載された、「乙訓郡十九座(大五座 小十四座)」の一つ、「乙訓郡大井神社(おとくにこおりおおいじんじゃ)」ということです。しかし、大井神社については、他に嵐山の大井神社(京都市右京区嵯峨天竜寺造路町)等も比定されていて、実際は不明です。そして、現在の祭神は、高美計(たかみのけ)神で、この地の先住民といわれる大枝氏の祭祀神といわれています。

由緒書きは、続けて・・創建当初は、聖徳太子の幼児像が祀られていた事から、千児明神(ちごみょうじん)と称していたと記し、現在は大枝神社から東に、前回にブログに採り上げた兒子神社(ちごじんじゃ 京都市西京区大枝塚原町)が祀られているとしています。ただ、両社の創建時期等が不明なため詳細は不明です。



さて、この地の先住民だった大枝氏について少し書いてみます・・・
この京都市西京区の「大枝(おおえ)」という地名は、古代氏族・土師(はじ)氏の流れを汲む大枝(大江)氏と関係する地名と考えられています。

土師(はじ)氏は、古代神話の神・天穂日命(あめのほひのみこと)の後裔である野見宿禰(のみのすくね)を始祖とするとも、また、渡来系氏族という説もある古代氏族で、高野新笠(桓武天皇の生母)の母方の家系も土師氏の一派、毛受(もず)の系統に属していたと『続日本紀』は記します。
この一族は、山城国乙訓郡大枝郷を本拠としていたようで、桓武天皇は、自身の親族でもあるこの土師氏の一派に、大枝(大江)という姓(かばね)を与えました・・・

『続日本紀』によると、延暦九年(790)十二月一日、桓武天皇は勅して、自身の母方の祖父、高野朝臣乙継(たかのあそみ(あそん)おとつぐ)と祖母の土師宿禰真妹(はじのすくねまいも)にそれぞれ正一位を追贈し、祖母の氏の土師氏を改めて「大枝朝臣」とするように命じています。そして、同族の菅原真仲(すがわらのまなか)と土師菅麻呂(はじのすがまろ)らに大枝朝臣が授けられています。
さらに、同月二十八日、桓武天皇は勅して、正六位上の土師諸上(はじのもろがみ 諸士とも)に大枝朝臣の氏姓を賜っています。そして、天皇の母の中宮高野新笠(桓武天皇の生母)の母、贈正一位大枝朝臣真妹(土師宿禰真妹)の家系の土師氏には、「大枝朝臣」を賜り、その他の土師氏の系統の者には、「秋篠朝臣」や「菅原朝臣」を名乗らせたと記しています。


尚、その後、貞観八年(866)十月十五日、正四位下大枝音人や従五位下大枝氏雄等が奏請して、「大枝」を「大江」に改めることを願い出ました。
『日本三代実録』によると、改姓希望の理由は、『漢書』が記す「枝が大きいと、本体の木の幹が折れて不吉である」という故事から、「大枝」では本家の衰退を招くという不吉な意味があるからということでした。ただし、「大枝」は、桓武天皇の時代に賜った由緒ある姓であることから、読みはそのままにして、「大きな川のように家が繁栄する」という意味から「大江」と改名しました。

(參議正四位下行右大弁兼播磨權守大枝朝臣音人。散位從五位下大枝朝臣氏雄等上表曰。去延暦九年十二月書云。春秋之義。祖以子貴。此則礼經之埀典。帝王之恒範。宜朕外祖母土師宿祢追贈正一位。其改土師氏爲大枝朝臣者。謹案。春秋曰。國家之立也。本大而末小。漢書曰。枝大於幹。不折必披。是知。枝條已大。根幹由其摧殘。譬猶子孫暫榮。祖統從此窮盡。然則以大枝爲姓。誠非本枝長固子孫無疆之義也。但此姓已生自先皇之恩給。不欲在遺民而變革。望請不敢改稱謂。但將以枝字爲江。然則一門危樹。去鳴柯而永春。千里大江。宗辞海而無盡。至是詔許之。)

また、その後、大江氏は学問の家柄として、平安時代の歌人・儒者として知られる大江匡衡(おおえのまさひら)や、鎌倉幕府草創期の政所初代別当・大江広元(おおえのひろもと)等を輩出し、広元の子孫は武家となって、その子孫として戦国大名毛利氏があります。



さて、大枝神社の境内には、江戸時代の享保八年(1723)と記された石燈篭があり、江戸時代の大枝神社が栄えていたことが判るということです。また、神紋は二葉葵になります。その後、明治六年(1873)に村社に公定され、現在は、(大枝)沓掛町の氏神として人々に親しまれています。
尚、境内地は二反四畝十六歩(七百三十六坪、約二千四百四十三平米)で、末社として稲荷社、不動明王、山の神等を祀り、天照大神(あまてらすおおかみ)の遥拝所もあります。(尚、この遥拝所は、円墳(直径約十一メートル、高さ約二メートル)の上にあり、横穴式石室の天井石が露出しています)
また、大礼祭は五月二十一日(近年は二十一日の直前の日曜日)です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事