京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

京都には、天智天皇陵と、桓武天皇以降の諸天皇(第五十一代平城天皇、第七十五代崇徳天皇、第八十一代安徳天皇、第九十六代後醍醐天皇、第九十七代後村上天皇、第百二十三代大正天皇、第百二十四代昭和天皇の七陵を除く)の御陵があり、その皇后皇妃、皇子皇女の陵墓も数多くあります。

戦前は歴代天皇陵に参詣するのがブームだったこともありますが、現在では、熱心な天皇陵ファンや研究者は別として、京都を訪れる一般観光客にとって、ごく一部の有名な天皇陵(例えば、桓武、明治等)以外は、ほとんど興味の対象にはなっていないようです。有名な神社仏閣が多い京都では、どうしても観光対象としての皇室史跡の扱いは小さくなるでしょう。


しかし、有名な観光寺社が少ない京都市西京区(京都府向日市も)では、皇室史跡(考古学的に古墳としての興味もありますが)が、地域を代表する史跡として採り上げられる事が多いです。
向日市では、淳和天皇火葬塚や、ブログパート2に掲載している桓武天皇皇后の藤原乙牟漏(ふじわらのおとむろ)の高畠陵。
京都市西京区では、桓武天皇の母高野新笠(たかののにいがさ)の大枝陵や、桓武天皇夫人の藤原旅子(ふじわらのたびこ)の宇波多(うわた)陵。それに、現在は皇室史跡という扱いでは無いですが、以前にブログに少し掲載した天皇の杜古墳(古くは文徳天皇陵や、桓武天皇夫人藤原吉子の大岡墓に比定されていました)も西京区では有名な史跡です。




さて、長くなりましたが、今回は、京都市西京区大枝中山町にある藤原旅子(ふじわらのたびこ)の宇波多(うわた)陵に隣接する三ノ宮(三宮)神社を採り上げました。次回に掲載する宇波多陵のプロローグのようなものになります。

宇波多陵は、京都の皇后皇妃の陵墓の中では(大体、ほとんどの陵墓は画一的で没個性ですが)、細く長く続く参道が印象的で、若くして亡くなった薄幸の女性(旅子は生前は夫人。後に贈皇太后)らしい、どこか優しげな雰囲気も感じられる御陵です。
(陵墓ファン以外にもお勧めして良い気がします。)

そして、この御陵をより印象的にしているのが、宇波多陵に隣接している三ノ宮(三宮)神社の存在かもしれません。三ノ宮(三宮)神社の参道が途中で、御陵への参道と分れて続くのですが、藤原旅子の霊を守護しているかのように、神社は深い森の中に鎮座しています。

(尚、神社の来歴については不明ですが、祭神は玉依姫之命(たまよりひめのみこと)で、末社として八幡宮と稲荷社があります。)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事