京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

京都市上京区の寺町通沿いには、これまでにブログに掲載してきたように、山中鹿之介の墓のある本満寺、織田信長の墓で知られる阿弥陀寺、足利義教の首塚や曲直瀬道三、施薬院全宗の墓のある十念寺、「額縁門」や金森宗和の墓で知られる天寧寺、西園寺家ゆかりの西園寺、京都六地蔵の一つ「鞍馬口地蔵」や吉田松陰四天王の一人、入江九一等の長州藩士首塚のある上善寺といった歴史的にも興味深い寺院が建ち並んでいます。
今回の光明寺(こうみょうじ)は、これらの寺院群の中でもかなり地味な存在で、ブログに掲載するか迷ったのですが、「括弧抱き止めの弥陀」として、京都の通称寺院の会が発行している「通称寺巡拝の栞(旧版)」にも出ているので、少し書いてみます。



京都市上京区寺町通今出川上ル五丁目にある浄土宗寺院、光明寺(こうみょうじ)は、本尊の阿弥陀如来像が 鎌倉時代の宇都宮頼綱(うつのみやよりつな 蓮生)ゆかりの「括弧抱き止めの弥陀」で知られています。
江戸時代の天明七年(1787)刊行の「拾遺都名所図会」によると、宇津宮入道蓮生が夢中に抱き止めたというこの本尊「抱止如来」は、高さ約九十センチ(三尺)で、弥陀寺慈覚の作と記され、西山の三鈷寺同じ像があると記しています。「括弧抱き止めの弥陀」のエピソードは古くから有名だったようで、江戸時代初期にこの地に祀られて以来、無常息災、病気嫌いの仏様として今も信仰を集めているということです。


尚、宇都宮頼綱(うつのみやよりつな)は、元々、鎌倉幕府の有力御家人でしたが、元久ニ年(1205)に北条氏に謀反の嫌疑を受けて出家し、実信房蓮生と号しました。蓮生は歌人としても優れ、京都の小倉山麓の二尊院の側に山荘を構えて、藤原定家と親交を深めます。そして、蓮生が定家に、山荘の障子に貼るための色紙の執筆を依頼したことをきっかけに、「小倉百人一首」が生まれることになりました。


さて、寺伝によると、仁治二年(1241)、宇都宮頼綱が出家して実信房蓮生と号した年(史実とは合わないようですが)のある夜、蓮生は長野の善光寺から飛んで来たという阿弥陀如来像が、空中に浮かんでいるという夢を見ました。目を覚ましました蓮生が、念仏を唱えながら自身の袈裟で包み込んで抱き留めるようにして得た阿弥陀如来像が現在の本尊と伝えられます。
その後、この阿弥陀如来像は、高野山の光明院へ移されますが、室町時代末期の天文五年(1536)に、性誉宗鎮和尚が現在地に光明寺を建立した際、本尊として当地に祀ったと伝えられます。また、光明寺は、創建当初は広い寺域を有したということですが、天正十五年(1587)の兵火に遭って焼失し、現在のような小さな寺院となったということです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

京都市西京区松室地区にある観光名所として知られる鈴虫寺(華厳寺)から、東海自然歩道を南下し、山田地区の地蔵院、浄住寺を経てさらに南へ向かうと、やがて、美しい長屋門が印象的な風情ある一軒の旧家に出会います・・これが山口家住宅(西京区山田上ノ町)で、主屋(江戸時代末期から主に明治初期)座敷棟(主に大正から昭和初期)長屋門(江戸後期の元禄時代頃)等が、国の登録有形文化財や京都市指定景観重要建造物に指定されています。

また、山口家の別称を、「苔香居(たいこうきょ)」といいますが、「苔香居」とは、茶人だった先々代が名付られた庵名(苔香居扁額は上村松篁筆)で、「苔の香りのする住まい」という意味になるということです。普段は、建築物保護のため公開されていませんが、所蔵する着物類の虫干しを兼ねて、予約制で年二回程一般公開されています。(山口家住宅(苔香居)のホームページから引用させていただきます)



さて、この洛西の地は、かつて藤原北家勧修寺流の流れを汲む葉室家(はむろけ)の荘園があり、山口家は安土桃山時代の天正年間より、代々の葉室家(はむろけ)に執事として仕えた士族の家柄でした。また、山口家は、葉室家の鎮守社である葉室御霊神社の社司の家筋でもあり、江戸時代からは、この下山田村の村庄屋や各領の庄屋も勤め、明治の東京奠都で葉室家がこの地を去って以降も土地を管理し、四百年以上の間、この地に住み続けている旧家ということです。

山口家では、江戸から明治・大正時代まで、西山名産の竹の加工生産や筍の出荷、松茸の出荷業を営んでいました。また、荘園内にある茶畑では薬草類を栽培し、さらに、梅干、松茸、柚子、柿等を収穫、また、邸内に培炉を設置して「山口松葉堂」と称して除毒のぬり薬の製造販売業も営んでいたようです。こうした西山の自然や四季と調和した山口家の暮らしは、代々受け継がれ、そうした時代を反映した貴重な衣類や道具類、また、下達、村中法度、農地用水関係、戸籍関係、講関係、寺、公家等の年貢所得関係の各古文書が現在も保存されています。

特に、道具類に関しては、昭和四十二年(1967)に、長屋門内部に作られた「民具の小屋」という収蔵庫に保管展示されています・・・数十年前まで田畑が残っていた京都の周辺地域も、現在はほとんどの地域が宅地化し新興住宅が立ち並んでいますが、西山のこの地区も、高度成長時代に次々と周辺町内の農地が宅地化されてきたようです。このことを惜しんだ山口家が、後世に残すべき貴重な農道具と生活雑貨類を旧農家から譲り受けて保管・展示することにしたのでした。
その他、山口家住宅「苔香居」の庭は、苔香居=苔の香りのする住まいに相応しく、杉苔を中心に一面数十種類の苔に覆われた風情あるもので、多くの花木が植えられ四季折々の花(春五月は霧島つつじ、秋の千両、万両、特に椛の絨毯)が楽しめる空間になっています。また、昭和三十四年(1958)に完成した茶室「泰庵」で毎年茶会が催されています。


さて、これまでも、京都中心部の旧家を幾つかをブログに採り上げてきましたが、維持管理の大変さもあるのでしょうが、見学希望の声に答えて人数制限のある予約制で(当然ながら、各家の日常生活がありますので、不特定多数の拝観者を受け入れることは難しいです)、内部を公開されるところも増えてきたようで、山口家住宅「苔香居」もその一つになります・・・

「苔香居」は、平成十三年(2001)までは家族の住居スペースとして使用されてきましたが、先代が隠居場を別棟に持ったため、あくまで限定ですが公開可能となりました。そして、現在、予約制で、年に春秋二回程、「苔香居」で先々代の豪華な着物類約百点が、虫干しを兼ねて公開され、内部のギャラリーではイベントを開催、庭内の茶室「泰庵」でのお茶席も用意されるということです。
また、平成十一年(1999)に住宅が国登録有形文化財に登録された際に、苔香居のくらしと文化の保存を維持継承することを目的とした「苔香居の会」が設立されて、以来、会員を募集されています。「苔香居の会」では、文化的なイベントの開催を企画立案し、会員には催しの優先的な案内や様々な特典があるということで、また各種催しやお茶会等で使用希望の相談にも応じているようです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今回は、洛西の観光名所として知られる松尾大社から鈴虫寺(華厳寺)に向かう途中にある小さなお寺を採り上げます。

西京区松室地家山にある最福寺(さいふくじ)は、開山延朗上人に因んで「延朗堂(えんろうどう)」とも呼ばれています。現在は小さな寺院に過ぎませんが(管理は直ぐ東北に位置する西光寺がされているということです)、かつて洛西の地を代表する大寺院だった最福寺の名跡を現在に伝えています。


最福寺は、平安時代末期の安元二年(1176)に、当時を代表する高僧の一人だった延朗(えんろう)上人が建立した寺院で、「谷ヶ堂(たにがどう)」の通称で知られていました。

寺院の案内板によると、松尾谷ヶ堂西福寺の開山・延朗上人については、「元享釋書」「太平記」「三井寺続燈記」「雨月物語」等に詳しく記されているということで、それらによると、延朗上人は、八幡太郎源義家の孫にあたる源義信(源義親の長子)の長男として但馬国養父郡に誕生しました。上人は幼くして父母を失ったために、元養元年(1144)、十五歳で出家し大和(奈良県)の比曽寺に入ります。その後、近江(滋賀県)の三井寺や比叡山延暦寺で修業し天台密教を極めますが、平治の乱後の三十歳の時、源氏出身ということで平清盛に追われて各地を遊歴し、遠く奥州松島にある廃寺に入りました。そして、安元二年(1176)、四十七歳の頃にようやく帰京し、この松尾山麓に壮大な池を掘って七堂伽藍を建立し、松尾社(松尾大社)の神宮寺として最福寺を創建しました。


「吾妻鏡」によると、その後、源義経が入京し、最福寺の興隆を願って丹波国亀岡篠村庄を寄進しましたが、この篠村庄は、元々、三位中将平重衡の所領で、義経が平家追討の恩賞として拝領したものでした。延朗上人はこの寄進に遠慮しながら、已むなくこれを受けました。そして、村人に阿弥陀如来の名号を唱えて祈る事を勧め、その数に応じて年貢を免除する等の善政を施し、当時流行していた悪病難病の治療のために寺内に浴室を造って病人の看病を行ったともいわれます。(尚、義経が鎌倉幕府から追討された後、上人は篠村庄の辞退を申し出ますが、幕府は文治二年(1186)に上人の以前通りの領有を承認しています) こうして、上人は顕密兼備の名僧として多くの人々から崇敬されて松尾の上人と呼ばれ、承元元年(建永二年 1207)正月十二日に七十九歳で入寂しました


最盛期の最福寺は、多くの堂宇を有し塔頭四十九を数えたと伝えられ、「太平記」は、寺の経蔵には経典七千巻を所蔵したと記し、その景勝を描写して、奇樹怪石を並べた庭園の池の辺には、都卒天の内院を模した四十九院の楼閣が立ち並び、その十二の欄干は、珠玉を天に向けて捧げ、五重の塔は金銀の如く月光に輝き、あたかも極楽浄土の七宝荘厳の姿のようだと記しています。
しかし、南北朝の戦乱が起こり、元弘三年(1333)四月の六波羅探題軍と千種忠顕率いる後醍醐天皇軍が交戦した際に、最福寺は、隣接する浄住寺(じょうじゅうじ)等と共に全山焼失してしました。
その後、再建されるものの、応仁・文明の乱、織田信長の元亀の乱等の兵火に遭って衰退し、江戸時代の享保十二年(1727)十一月には第百十一代・霊元天皇が行幸したという記録もあるようですが、かつての壮大な姿に再建されることは無いままに廃絶し、現在は再建された延朗堂を残すのみとなっています。

この延朗堂には、鎌倉時代の作と伝わる延朗上人坐像(文化財指定)が安置されていて、毎月、延朗上人命日にあたる十二日に開帳されるということです。その他、境内には、延朗上人八百回大遠忌記念として平成十九年(2007)に建立された「さしのべ観音」や宝篋印塔、座禅石や石碑等が点在しています。また、 毎年の二月十一日の夕方には、「延朗上人、さしのべ観音 竹とうろう祭」が行われ、この日は、日没から上人の供養が行なわれ、 願い事等を書いた六百本以上の青竹燈篭を境内に並べて、さしのべ観音をライトアップし、演奏会(フルート、琴、尺八等)や甘酒の接待があるということです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

京都市西京区にある樫原(かたぎはら)という区域は、阪急電鉄桂駅の西南に広がる地域で、元々、葛野郡岡村(後に川島村と合併して川岡村)といいました。この地は、東西に走る旧山陰街道と南北に走る物集女(もずめ)街道(山陰街道と西国街道を繋ぐ重要な街道)との合流点にあたるため、江戸時代には交通の要衝として、本陣や旅宿が設けられた宿場町として栄えました。現在も、樫原には、樫原本陣跡(樫原下ノ町 京都市指定文化財)等の史跡が残り、古き宿場町の雰囲気が僅かに感じられます。


さて、今回はこの樫原に残る幕末の史跡を採り上げました。
京都市内には数多い幕末の史跡がありますが、幕末史跡の少ない西京区にあるためか、知名度的にマイナーな志士の墓にもかかわらず、幕末の悲劇を今に伝える、地域を代表する史跡になっているようです。


さて、幕末の元治元年(1864)七月十九日に蛤御門の変(禁門の変)が起こります。激戦の末、長州藩は会津や薩摩藩を中心とした幕府側連合軍に敗れて、多くの兵士が戦死や自殺、また捕らえられて殺害されました。
この時、長州軍に属していた長州藩集義隊の楳本僊之助直政、元下野宇都宮藩出身の相良頼光、同じく相良新八郎(相良兄弟は、元薩摩藩と名乗ったともいわれています)の三人が、長州藩御用達の木屋仁左衛門宅に身を寄せようとしたのか、天王山の長州軍本隊に合流しようとしたのか不明ですが、ともかく、この樫原の地まで逃れて来ました。しかし、幕府の命により樫原の辻を警備していた小浜藩兵に囲まれて討たれてしまいました。
三人が惨殺されたのは、現在の樫原秤谷町、かつて「札の辻」と呼ばれていた樫原交差点付近とされ、「勤皇家殉難之地」の石標が建てられています。

その後、三人の遺体は放置されていましたが、村人達が、付近の丘の中腹にある共同墓地に手厚く葬り、墓標が建てられました。
現在、樫原秤谷町にある墓地のある丘の登り口には、「維新殉難志士墓所在此丘上」と記された石標があり、傍には、「樫原札の辻 三士殉難の地」の京都市の案内板が立てられています。そして丘の上には、三人の墓が並んでいます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

以前に、ブログに採り上げた京都市左京区岩倉西河原町にある山住神社(やまずみじんじゃ)を写真を増やして再掲載します。

叡山電車の岩倉駅から、観光名所として知られる実相院や岩倉具視幽棲旧宅を目指して岩倉川沿いに北上すると、川沿いに小さな神社があることに気づきます・・これが、山住神社(やまずみじんじゃ)で、実相院のすぐ北に位置する石座神社(いわくらじんじゃ 左京区岩倉上蔵町)の旧地になります。


現在の山住神社は、石座大神(いわくらおおかみ)を祭神としますが、社殿は無く、背後の山を神の鎮座する山=神南備(かむなび)山として、巨大な石を神々の降臨する場=磐座(いわくら)と崇めた古代信仰の遺跡になります。
拝所の奥の崖上に木柵で囲まれた立石があり、その後ろの高く広い大石が、神の宿る「磐座(いわくら)」です。京都市内に残る幾つかの古墳と同様に、原始的な古代信仰を今でも身近に感じさせてくれる場所として興味深いです。


この「磐座(いわくら)」は、一説では、桓武天皇が平安京の王城鎮護のために、都の東西南北に一切経の経巻を納めた「平安京四岩倉(磐座)」一つとも伝えられます。

尚、この桓武天皇が平安京の東西南北に置いた「岩倉(磐座)」は、以下のようだったようです。

北岩倉・・・山住神社(左京区岩倉河原町)

西岩倉・・・金蔵寺(西京区大原野石作町 ブログに登場しています)

東岩倉・・・観勝寺(左京区粟田口大日町 大日山(東岩倉山)にあったが応仁の乱で焼失)

南岩倉・・・明王院不動寺(下京区石不動之町)・・ブログに登場しています)


また、平安時代の古記録「日本三代実録」によれば、陽成天皇の元慶四年(880)の頃に「山城国正六国正六位 石座神授従五位下」と記され、当地に既に石座明神が祀られていたことが確認できますが、その後、天禄二年(971)に岩倉の地に大雲寺が創建されると、石座明神以下の八神を祀る八所明神は長徳三年( 997)に大雲寺の鎮守社として勧請されて現・石座神社の地(岩倉上蔵町)に鎮座しました。(また、後に伊勢その他四神を加えて十二所明神が八所明神社と合わせて祀られるようになります)
この時から、現・山住神社の地にあった石座神社はその御旅所となったようです。

そして、明治時代以降に、八所・十二所明神社が石座神社と改称され、旧地の石座神社は山住神社と改称されました。
また、前にブログに採り上げましたが、毎年十一月二十三日の深夜に行われる石座神社(岩倉上蔵町)の例大祭は、「岩倉(石座)の火祭」として知られ、火祭りの後、早朝に石座神社から神輿が、御旅所の山住神社に渡御して祭典が行われます。




尚、石座明神以下の神々を鎮守社に勧請した大雲寺という古刹についてです・・
大雲寺は、現在は、岩倉上倉町にある小さな寺院ですが、前述したように、元々は平安時代の天禄ニ年(971年)に円融天皇勅願寺として創建(初代住職は、紫式部の曾祖父に当たる真覚上人)された古刹で、広大な敷地に伽藍堂宇のそびえる大寺院でした。

「源氏物語」の「若紫」の巻では、光源氏が紫の上と出会う場所としても登場し、洛北第一の大寺として、非常に有名な寺院だったようですが、(南北朝時代には、南朝の忠臣、万里小路(藤原)藤房が、大雲寺境内で出家して遺髪塔が残ります)、その後は、応仁の乱や天文法華の乱、さらに三好氏、織田信長の攻撃で再建焼失を繰り返し、江戸期に再建されますが、明治の廃仏毀釈で衰退します。そして、昭和六十年(1985)の火災により本堂他が焼失し、現在まで徐々に復興努力されているようです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事