京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

京都市右京区龍安寺住吉町・・石庭で有名な竜安寺の南西、衣笠から御室へ抜ける「きぬかけの道」沿いにある住吉大伴神社(すみよしおおともじんじゃ)は、古代の豪族、大伴氏の氏神である伴氏神社に、住吉大神を合祀したと伝わる神社です。(神社の由緒書に基づいて書いてみます。)


住吉大伴神社の祭神は、住吉三神(底筒男命(そこつつおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)表筒男命(おもてつつおのみこと))と、大伴祖神の天押日命(あめのおしひのみこと)、道臣命(みちおみのみこと)になります。

古代豪族として知られる大伴氏は、大和国(奈良県)を勢力基盤としていましたが、平安遷都以降にこの地に移住し、その祖先神・天押日命(あめのおしひのみこと)を祀りました。「続日本後紀」には、「承和元年(834)正月賜ニ(山城国)葛野郡上林郷地方一町於伴宿禰等一、為下祭二氏神一処上」とあり、これが住吉大伴神社の創建と考えられています。また「嘉永二年(849)十二月授ニ従五位下神一之処一」とも記され、延喜式神名帳の葛野郡二十座の一つ「伴氏神社大月次新嘗」に当る由緒ある古社だったようです。

大伴氏は、元々、物部氏と共に武門の家として皇居を警衛して騒乱を鎮圧する等の功績を立てた一族でしたが、平安時代初期の大伴弟麻呂(おおとものおとまろ)が、第五十三代・淳和天皇(大伴親王)の諱を憚って伴氏と改称したことにより、神社も伴氏神社といわれるようになったようです。
しかし、貞観八年(866)の応天門の変で、大納言・伴善男(とものよしお)が失脚して伊豆に流罪となって以降、伴氏(大伴氏)は大きく衰退し、伴氏神社の祭祀も廃絶してしまったようです。



その後、平安時代後期には、葛野郡のこの地一帯は、左大臣・徳大寺実能(とくだいじさねよし 藤原実能)に始まる徳大寺家に伝領され山荘が設けられました。そして、徳大寺家が、和歌の神として崇拝していた住吉三神をこの地に祀ったことで、大伴氏の氏神だった衰退していた神社はいつしか住吉神社と呼ばれるようになったようです。(江戸時代の享保十二年(1734)刊の「山城志」では、「伴氏神社・・在龍安寺村 今称二住吉」とあり、嘉永元年(1848)伴信友の「神名帳考證」「伴氏神社・・今龍安寺村にありて住吉といふ」と記されているようです。)
以来、住吉神社は、龍安寺・谷口(龍安寺地域の南、花園、等持院、御室地域に挟まれた小区域)地域一帯の産土神として崇敬されてきました。

住吉神社は、大伴氏の氏神・伴氏神社とは関係なく祀られてきた訳ですが、明治以降、この神社が延喜式の古社・伴氏社と比定されたことから、昭和十七年(1942)八月二十一日に住吉三神及び大伴祖神を合祀し、社名を住吉大伴神社と改称しました。住吉大伴神社では、住吉の神の「和」と大伴の神の「武」、夫々和武合体・中庸を保った和平の神としています。



本殿は、昭和初期の建築で、柱間・間口一門、奥行一間半の縮小型住吉造で全国唯一の建物ということです。(住吉造の本殿は大阪と福岡の住吉神社の二社に残るのみということです)また、昭和五十三年(1978)、拝殿と神饌所の新築に合わせて萱葺の本殿屋根を銅葺に変えました。その他、神輿庫は昭和三十五年(1960)移転改築され、平成十八年( 2006)十月に鳥居を新築しています。

境内には、元々末社として、十禅師権現社、斎ノ宮社、小松尾明神社がありましたが、現在まで残ったのは小松尾明神社で、祭神の天照大神(あまてらすおおかみ)と大己貴神(おおなむちのかみ)を祀っています。(現在、十禅師権現社の祠があり、斎ノ宮社も小松尾明神社に合祀されているようですが)

また、祭神(大伴祖神)の子孫で、歌人の大伴家持の作歌(天平感宝元年五月十二日(749))の「海ゆかば」の石碑が境内外苑に保存されています。この「海ゆかはみつく屍 山ゆかは草むす屍 大君のへにこそ死なめ かへりみはせし」と刻まれた碑は、昭和十八年(1943)七月五日に大政翼賛会京都支部主催により、家持ゆかりの住吉大伴神社で、国民の歌「海ゆかば」選定奉吉祭を行い、昭和十九年(1944)八月に住吉大伴神社の顕彰奉賛会によって建てられたものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

京都市北区等寺院中町にある六請神社(ろくしょうじんじゃ)は、観光名所として知られる等持院のすぐ東に鎮座する神社です。等持院を訪れる観光客の中には、何となく側に神社があったことを覚えている人もいるのではないでしょうか。
(鳥居の横には、神社の来歴を解説する京都市の掲示板がありますが、少し解り難い表現が多いのが難です。一応掲示板を引用しながら書いてみます)


六請神社は、伊勢、石清水、賀茂、松尾、稻荷、春日の六大神を祭神とする神社です。これら六神は、平安時代の延喜式二十二社の中でも最も重要視しされた上七社(平野神社を除く)から選ばれているようですが、いつ頃、どのような過程で祀られたのかなど不明な点は多いようです。

京都市の掲示板を参照すると、この神社は平安京以前から衣笠山麓に鎮座していたといわれ、「衣笠御霊」や「衣笠岳御霊戸」とも呼ばれていたということです。御霊とあるように、古代からこの衣笠の地(京都市の西北の衣笠地域は、衣笠山を背景として、南東の山裾に金閣寺から竜安寺に至る有名寺院があることで知られています)を開拓し、亡くなると衣笠山麓に埋葬された人々の霊を合せ祀ったのに始まると考えられています。
そして、かつて、開拓の祖神を、「天照国照神(あまてるくにてるのかみ)」や「大国御魂神(おおくにみたまのかみ)」と呼んでいたことから、衣笠開拓の守護神として祀られていた天照国照が、いつしか六請神社の祭神に天照大神ら六柱を勧請して六請神というようになったということです。
また、六請神となった理由としては、衣笠の地は中世以来埋葬地となっていたことから、霊を守る六地蔵の信仰と習合して六の字が社号に加えられ、伊勢・岩清水・賀茂・松尾・稲荷・春日の六神を祀ったのではないかと考えられるようです。


また、神社の由緒書きによると、六請神社は、桓武天皇の延暦年中(782〜805)に衣笠山麓に鎮座した古社と伝えられます。その後、清和天皇の貞観元年(859)十一月、同六年(864)十一月上の申の日に祭礼が営まれ、室町時代になって、後小松天皇の応永四年(1397)、足利義満が六座の大神を等持院の側に勧請したということです。再び京都市の掲示板を引用すると、この時、等持院の鎮守社として境内に祀られ、明治時代の神仏分離令によって等持院の東の現在の地に遷座しました。
また、六請神社は松尾大社の遥拝所としても知られ、現在も、等持院・小松原(等持院の東、平野の西にある区域)一帯の産土神して崇敬されています。

最後に、境内には、末社の力石大明神が祀られています。
大きな石が祀られていて、この石は古来、祈願して持ち上げられれば、あらゆる力を授かると伝えられます。古くから地元の氏子多数が持ち上げて安産、学力、試験、就職等々の誓願成就の力を得てきているということですが、さすがに重いので、代わりに神社で小石を授かって祀っても同様のご利益があるということです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

昔ながらの街並みが続く西陣の中心を南北に通る大宮通の、北は盧山寺通から南は上立売通の間の界隈は「あぐい」と呼ばれ、千本通や新大宮通と並ぶ西陣を代表する商店街となっています。(特に戦前までは、京都でも有数の繁華街の一つだったようです。)
この「あぐい」の名は、かつて大宮通寺之内を中心に「安居院(あごいん・あぐい)」と呼ばれた寺院があったことに由来し、元々の寺院名「あごいん」が、「あぐいん」「あぐい」と転化していったと考えられています。今回は、この「安居院(あぐい)」こと、西法寺(さいほうじ)を採り上げました。



さて、上京区大宮通寺ノ内上る三丁目東入る新ン町にある安居院・西法寺は、浄土真宗本願寺派の寺院です。元々は、安居院(安居院法印房)と呼ばれていましたが、安土桃山時代に再興された際に、寺名を西法寺と改めました。
寺院の創建年代は、応仁の乱や天正元年(1573)の織田信長による上京焼打ち等の数度の火災によって古記録を焼失したために不明な点が多いようですが、寺の伝承によると、安居院は、比叡山延暦寺山内の東塔竹林院の里坊(洛中に置かれた別院)として、平安時代末期に澄憲僧正(ちょうけん 1126〜1203)が大宮通寺之内上る前之町付近(現在の妙蓮寺の西付近)に創建したと伝わります。

澄憲僧正は、平安時代末期の政治家で保元平治の乱との関わりでも知られる少納言・藤原通憲(信西)の第七子に当たります。澄憲は、比叡山延暦寺の東塔北谷竹林院に住んで、安居院の法印と呼ばれ、承安四年(1174)の旱魃の際には、祈雨の法で雨を降らすことに成功して権大僧都に任じられました。また、説法の名人といわれ、安居院流の唱導(神仏の功徳を説いて信仰を広める行為)の祖となった高僧です。建仁三年(1203)に澄憲は亡くなりますが、その後、安居院(安居院法印房)・第四世となったのが、澄憲の長男・聖覚法印でした。(尚、安居院は二十八世まで歴代は血族相続をしてきたということです。)



聖覚法印は、天台僧として皇族・貴族と親交を持つ一方、浄土宗開祖・法然上人に帰依して、その父澄憲譲りの雄弁術を駆使して念仏布教に大きく貢献します。念仏が民衆に広く浸透した理由として、解りやすい例話や身振り手振りの演出を加えた感情表現豊かな説法方法の効果が大きかったのですが、聖覚はこのような説法の先駆者でもありました。こうして、聖覚は法然から最も信頼される存在となり、法然は「自分が亡くなった後は、念仏に関しては聖覚法印に聞くように(御往生の後は疑をたれの人にか決すべきと、上人にとひたてまつりけるに、聖覚法印わが心をしれりとの給へり)」と語ったと伝えられます。

また、比叡山で親交のあった五歳年下の親鸞上人に勧めて、法然上人に引き合わせたのも聖覚でした。親鸞は、間もなく比叡山を降って肉食妻帯の生活に入りますが、澄憲や聖覚が天台僧でありながら比叡山を離れて安居院で早くから肉食妻帯していたことから、聖覚との親交が親鸞の生活態度に少なからず影響したという説もあるようです。その後も、親鸞は聖覚を先輩として尊敬し、その著書「唯信鈔」を念仏理解の重要な書物と考えていました。
さらに、一の谷の戦いで平敦盛を討って世の無常を感じた熊谷直実に、法然を紹介したのも聖覚でした。聖覚は訪ねてきた直実に対し、自分より法然を訪ねるべきだと勧めました・・やがて、建久四年頃に法然の元で出家した直実は、蓮生坊と名乗ったと伝えられます。

その後、澄憲や聖覚が生み出した安居院流唱導の技術は、代々受け継がれて娯楽的な要素を加え、教義などを平易に表現した詞を、節回しを付けて語った節談説教として発展します。そして、こうした説教の大衆化娯楽化は、後に日本の話芸と呼ばれる浄瑠璃、講談、浪曲、落語等の大衆芸能を生み出していくことになります。



さて、中世には安居院流唱導の本拠地として安居院は、皇室との関係も深かったようですが、応仁の乱や天正元年(1573)の織田信長による上京焼打ち等の数度の火災によって焼失して荒廃しました。
ようやく、文禄二年(1593)、第二十八世・明円法師が、安居院を再建して寺名を西法寺と改め、この時に創建以来の天台宗を浄土真宗に改宗しました。
安居院の中興となった明円法師は、親鸞聖人に帰依し高弟となった西念房の十三代目の孫に当るとされ、伊勢の野田に居住していましたが、京都の聖覚法印の墓に詣でるために安居院を訪ねたところ、その荒廃ぶりに驚いて、これを復興しようとします。資力不足から、安居院のあった大宮の広い土地を売却して、現在地に聖覚法印の墓を移して一宇を建立し、その後、慶長十八年(1613)、本願寺の准如上人から西法寺の寺号を与えられました。明円は元和六年(1620)に亡くなりましたが、その後、現在まで十七代に渡って子孫が継承しているということです。



さて、西法寺の境内には、礼拝堂の奥に聖覚法印の墓があります。
立派な五輪党の墓の左には聖覚法印の真筆を拡大した「全同弥陀」の文字が刻まれた石碑が立っています。聖覚法印降誕八百年記念に建立されたもので、「全同弥陀」とは、聖覚が御仏と同体にさせていただけることを喜んだ言葉ということです。
右側には十数体の鎌倉時代の五輪塔の残欠や室町時代の石仏が置かれています。これら残欠や石仏群の中で、最も目立つのが一体の板状の五輪卒塔婆です。高さ九十八センチの花崗岩製の卒塔婆には、上部の空輪から水輪にかけて南無阿弥陀仏の六字名号が刻まれ、その下、地輪部には阿弥陀如来が刻まれています。また、側面には鎌倉中期の永仁二年(1294)の銘があります。
他に宝篋印塔の笠部分があり、元は聖覚法印の墓の中で遺骨を納めていたということですが、明治十六年(1876)に掘り出されたものということです。これらの卒塔婆石、五輪塔残欠や石仏群は、昭和初期(大正末年)に、かつての安居院跡地(大宮通寺之内上る前之町付近)の工事中に出土したものです。

大正時代末まで前之町付近には、船岡山の山麓から大宮通の盧山寺通を通って上立売通の間まで有栖川という川が流れていて、上立売通で東に折れて堀川に合流していたということです。そして、昭和の都市整備による川の暗渠工事で地下を掘ったところ、これらの石塔や仏像が出土したのでした。
これらの浄土信仰の遺物から当時の信仰の様子やかつての安居院の寺域の規模が判明し、この貴重な遺品は西法寺に祀られることになりました。また「あぐいの井戸」とか「法印の井戸」、「念仏井戸」とも呼ばれていたかつての安居院の井戸も発見されています(前之町の西にある若井商店の井戸)

その他、現在の本尊阿弥陀如来を祀る本堂正面の安居院の額は、明治十六年(1883)聖覚法印の六百五十遠忌の際、山階宮晃親王より賜ったものということです。また、寺宝として、聖覚法印の念持仏という地蔵菩薩像、聖覚自筆の「四十八願釈」、蓮生坊(熊谷直実)が陣羽織を仕立て直して作ったという袈裟等があります。



最後に、今年は「源氏物語千年紀」として、源氏物語が話題ですが、源氏物語がらみで西法寺を訪れる研究者なども多いということです。西法寺には、紫式部の亡霊を供養する「源氏表白」が伝承されていて、毎年四月の聖覚忌に聖覚法印が作文したという「源氏供養 表白」が唱和されているからです。

さて、平安時代には、釈迦入滅後二千年目を越えた永承七年(1053)以降、釈迦の教えの及ばない末法の時代に入ると考えられ、阿弥陀信仰・浄土思想が流行しました。狂言や綺語(嘘や戯れ事)を用いる文学も地獄に落ちる因になると批判され、特に好色な表現を用いた「源氏物語」の作者である紫式部は罪悪も深く、地獄に落ちて苦悩していると考えられたのです。(紫式部の地獄堕ちについては、藤原信実が編集した「今物語」、平康頼の仏教説話集「宝持集」等に描かれています。)
そのため、地獄に堕ちた紫式部を救うために、当時の文人や歌人は「源氏供養」という宗教行事を行いました。この供養法会で唱演されたのが、今も西法寺に伝わる安居院の聖覚法印作と伝わる「源氏表白」です。

「源氏表白」は、永万二年(1166)頃に成立したという聖覚の父・澄憲作の漢文体「源氏一品経表白」に基づいたもので、仮名文で「源氏物語」の各巻の名前を読み込んだものに改作しています・・・
「きりつほのゆうへのけふりすみやかに法性の空にいたり、はは木々のよるのことの葉は、つゐにかくしゆの花をひらかむ、空蝉のむなしき世をいとひて夕顔の露の命を観し、わか紫の雲のむかへを得て、すゑ摘花のうてなに座せしめむ・・・」そして、最後に「ねがわくは狂言綺語のあやまちをひるかへして、紫式部が六趣苦患をすくひためへ、南無當来導師弥勒尊、かならす転法輪の縁として、是をもてあそはん人は安養養浄刹にむかへたまへとなり」と結んでいます。

このように「源氏表白」では、紫式部だけでなく、源氏物語を楽しむ読者にまでその罪が及ぶとされていて、その救済を祈願した内容になっています。そして、この「源氏表白」は広く伝えられて後に物語化され、源氏物語に耽溺したため仏道に専心出来ないとして安居院を訪ねた尼僧の依頼により供養するという「源氏供養草子」や石山寺に詣でた安居院の僧に紫式部の亡霊が供養を頼むという謡曲「源氏供養」等の元になりました。



(突然の訪問にもかかわらず、ブログのネタとなる多くの資料を下さったお寺に感謝します。)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

京都市北区紫野(むらさきの)には、三つの皇室関係者の火葬塚がありますが、今回は紫野花ノ坊町にある近衛天皇火葬塚を採り上げました。
平安時代末期の第七十六代・近衛天皇については、以前にその陵墓「近衛天皇安楽寿院南陵(あんらくじゅいんみなみのみささぎ 伏見区竹田浄菩提院町)」を採り上げた際に、書いていますので、今回は火葬塚に関係のあることを中心に書いてみます。


さて、近衛天皇は、鳥羽上皇の第九皇子で、異母兄には第七十五代・崇徳天皇、第七十七代・後白河天皇がいます。保延五年(1139)五月、体仁新王(なりひとしんのう 後の近衛天皇)が誕生すると、鳥羽上皇は、母親が寵愛する皇后・美福門院(藤原得子(ふじわらのなりこ)ということもあり、嫌っていた子の崇徳天皇(鳥羽が子の崇徳を、自身の祖父・白河上皇の子と疑い、叔父子と呼んだという話は良く知られます。)に迫って譲位させて、僅か2歳の体仁親王を天皇に即位させました。これが近衛天皇です。もちろん実際の政治は父の鳥羽が院政をしいて行いました。


こうして、永治元年十二月に二歳で即位した近衛天皇ですが、生来病弱だったようで、康治二年(1143)五月に疱瘡に罹って以来、天養元年(1144)八月、仁平ニ年(1152)七月、仁平三年(1153)五月としばしば病気になっています。特に仁平三年(1153)夏頃からは眼病を患って視力を失い、八月には、宮中や寺院で病気平癒の祈祷が繰り返し行われています。
その後、久寿二年(1155)六月七日に重病となり、父の鳥羽上皇や母の美福門院が連日のように病気平癒の祈祷を行うも効果なく、七月十八日には容態が悪化し、七月二十三日に十七歳で崩御しました。
同二十七日、先帝を近衛院と号し葬儀の日時が決定され、八月一日、船岡山の西野で火葬にされました。
現在の近衛天皇火葬塚はこの記録から、船岡山の西(頂上から約三百メートル西)に地定されています。そして遺骨は知足院(ちそくいん)本堂に安置されました。



この知足院という寺院は、当時、紫野船岡山付近にあった大寺院でした。(前に北区紫竹東栗栖町にある常徳寺を取り上げた時にも登場しましたが、常徳寺は、知足院の跡地一部に創建されたと伝えられます。)
現在、この地域の大寺院といえば、すぐ大徳寺を思い出すのですが、大徳寺創建以前の平安時代には、知足院や雲林院(前にブログに採り上げました。)の広大な寺域がこの地にあって、清少納言の枕草子にもその名が登場します。
また、知足院は、平安時代末期の関白・藤原忠実の邸宅となり、忠実は「知足院殿」と呼ばれていました。知足院が近衛天皇の墓所となったのは、その保護者でもあった忠実との深い関係があったのでしょう(近衛帝の中宮・藤原呈子(ふじわらのていし)は美福門院や忠実の養女となり、また帝の皇后・藤原多子(ふじわらのまさるこ)も忠実の子・藤原頼長の養女という関係でした。)


さて、近衛帝の父・鳥羽上皇は、保延五年(1139)、鳥羽離宮(鳥羽殿)東殿の御堂・安楽寿院(あんらくじゅいん)に三重塔(本御塔 ほんみとう)を、さらに続いて新御塔(しんみとう)を造営していました。そして、保元元年(1156)七月二日に上皇が安楽寿院で亡くなると、遺言に従って本御塔に埋葬されました。一方、新御塔の方は、鳥羽の寵愛する皇后・美福門院の墓所に予定されていましたが、永暦元年(1160)十一月二十三日に美福門院が亡くなると、その遺言によって遺骨は、同年十二月二日、高野山に埋葬されました。これは晩年の女院が自身の領地のある高野山・金剛峰寺に深く帰依していたためでした。
そこで、息子の近衛天皇の遺骨が知足院から改葬されることになり、長寛元年(1163)十一月二十八日、近衛帝の遺骨は知足院本堂から、鳥羽東殿の美福門院御塔(新御塔)に移されました。


尚、この鳥羽東殿の新御塔は、室町末期まで残ったと伝えられますが、慶長元年(1596)の慶長伏見地震で倒壊し、現在の「近衛天皇安楽寿院南陵(あんらくじゅいんみなみのみささぎ 伏見区竹田浄菩提院町)」多宝塔は、慶長十一年(1606)、豊臣秀頼が片桐且元を普請奉行として再建したものということです。

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

京福電鉄嵐山線の山ノ内駅から北へ百メートル、右京区山ノ内宮脇町にあるのが山王神社(さんのうじんじゃ)です。この神社も、前回の猿田彦神社と同じく京福電鉄嵐山線沿線の小さな観光スポットのひとつですが、境内は日本のクスノキの大樹をはじめ多くの木々で囲まれ、また「夫婦岩(めおといわ)」と呼ばれる巨石もあって、古代からこの地が自然信仰の霊地だったと感じさせます。


山王神社は、祭神として大山咋神(おおやまくいのかみ)、玉依姫神(たまよりひめのかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ)を祀ります。
神社の創建は、平安時代後期の白河天皇の時代に、近江国坂本(滋賀県大津市坂本)の日吉大社から日吉山王大神をこの地に勧請したのが始まりといわれます。当時、この山之内(山ノ内)の地は、天台宗比叡山延暦寺の寺領で、天台座主・良真僧正が、西の京禅房として普賢寺という寺院を構えていたと伝えられ、この良真が普賢寺の守護神として山王大神を勧請したということです。
祭神の大山咋神と玉依姫神は夫婦神で、大己貴神は有名な大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名で、酒造りや施薬治病の神、縁結び福の神等として広く信仰されています。また祭神として平安末期作の特色を持つ一木造男神像も祀られているということです。尚、現在の本殿は平成二年(1990)九月十九日の台風で本殿が倒壊した後、翌三年(1991)八月に修復再建したものということです。



境内には末社として、境内右奥に赤山神社と若宮神社、左奥に祖霊社とお福稲荷神社、また、鳥居を潜った右手には水琴窟(大地主神)があります。

泰山府君(たいざんふくん)=赤山明神を祭神とする赤山神社は、天台宗の慈覚大師円仁が中国唐に渡った時、山東省赤山にある山神、福寿の神・泰山府君に祈念し、その後無事に帰国した後、天台宗の守護神・方除けの神として比叡山の西麓に勧請したのを始まりとしています。(円仁の遺言により弟子の安慧が左京区修学院開根坊町にある赤山禅院を創建しました)この赤山神社は、平安時代に山王大神をこの地に勧請した際に、合わせて赤山明神を勧請したもので、元々現在地より南東約五百メートルの山之内赤山町の鎮守社として祀られていたものを、明治十一年(1936)に山王神社境内に遷座したものということです。

若宮神社は、湍津姫神(たぎつひめのかみ)と白山姫神(しらやまひめのかみ)を祭神としています。湍津姫神は、山王神社の祭神・大己貴神(おおなむちのかみ)の妃神として美の神として信仰され、また、白山姫神は、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと)二神の総称で、縁結びの祖神として信仰されています。元々現在地より南約三百メートルの山之内瀬戸畑町の鎮守社として祀られていたものを、明治十一年(1936)にこの神社境内に遷座したものということです。

祖霊社は、歴代の神主や氏子総代、神事係また区域発展に尽くした功労者の遺徳を偲んで功績を称えその霊を祀るために昭和四十七年(1972)九月に創建された社で、春分の日に慰霊祭が行われます。さらに、稲荷大神を祭神とするお福稲荷神社は、昔ある人が境内の大樹の根元に白い蓑笠が落ちているのを見て拾おうとした所、蓑笠ではなく蜷局(とぐろ)を巻いた白蛇だったことから、畏怖して祠を建てて招福を祈って祀ったと伝えられている社です。

境内右手にあるのが、非公開の水琴窟のある小さな庭園です。茶室「清々」を中心としたこの茶園は、「元文年間(1736〜41736〜40)申歳 山王大権現」と刻まれた銘石から、巨岩の運搬や優れた造園技術に近世豪族の影響があると考えられています。そして、山王神社では、平成十三年(2001)六月に、復元された水琴窟の「音」を、大地を司る神として知られる「大地主神(おおとこぬしのかみ)」として祀りました。尚、この庭園は大正八年(1919)に大楠を含む景観的配慮によって整備され、平成十四年(2002)に門を移築して新しい庭園として再整備されています。



神社の境内で最も人目を引くのは、「夫婦岩(めおといわ)」と呼ばれる、夫婦和合、安産、子授けの岩として古来信仰されてきたというしめ縄の飾られた二つの巨岩です。
「夫婦岩(めおといわ)」は、右が男岩(高さ約一・五メートル、幅約一・三メートル)、左が女岩(高さ約一メートル、幅約二・五メートル)とされ、女岩は中央部分が少し窪んでいて、昔からこの両岩を撫でて子授けを祈り、二つの岩の周囲を左から三回廻って安産を祈るという習慣があったといわれています。また、生まれた子供の初宮詣の時には、神酒、洗米、梅干を供えた後、梅干の皮で鼻をつまんで、長生きや出世を祈り、種は女岩中央の窪みに納めて神酒を注ぎ、子孫繁栄を祈る習慣が今も伝えられているということです。また、この巨岩は、平安時代の天台座主の良真がこの地を訪れた際、良真の後を追って比叡山から飛んできたという伝承もあり、比叡山延暦寺とこの神社のつながりを示す伝説とも考えられています。

また、境内西側には、鎌倉時代に親鸞上人が、諸国布教の際にこの地に立ち寄って、この岩の上に座ったといわれる「足跡石・座石」が安置されています。最後に、鳥居付近の水琴窟のある庭の南、境内北西には、樹齢七百年と伝えられる御神木のクスノキが数本あり、神社にちなんで「山王楠」と呼ばれて神社のシンボル的な存在です。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事