京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

即成院(泉涌寺塔頭)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

前回、「二十五菩薩お練り供養法要」を取り上げましたが、この行事で知られる即成院について補足します。

即成院は、歴代皇室の菩提寺として日本唯一「御寺(みてら)」と呼ばれる泉涌寺の塔頭のひとつになります。泉涌寺は、その広大な敷地内に九ヶ寺の塔頭寺院を持っていて、毎年1月成人の日には、「泉涌寺七福神めぐり」大祭が行われています。
泉涌寺の七福神めぐりは、山内の塔頭を順番に回りお参りします。

1番福禄寿(即成院)
2番弁財天(戒光寺)
番外愛染明王(新善光寺)
3番恵比寿神(今熊野観音寺)
4番布袋尊(来迎院)
番外楊貴妃観音(泉涌寺)
5番大黒天(雲龍院)
6番毘沙門天(悲田院)
7番寿老人(法音院)を回ることになります。

ただ普段は、観光客は泉涌寺に集中して、他の塔頭寺院まで足を運ぶ方は少ないようです。
前回「二十五菩薩お練り供養法要」の時に書きましたが、即成院は、これら塔頭の中で最も注目したいお寺です。




さて、即成院は、平安時代の正暦三年(992)に恵心僧都(源信)が京都伏見に光明院というお寺を創建したのが始まりで、その後、寛治年間(1087〜94)に、関白藤原頼通の子で橘家を継いだ橘俊綱が、父頼通の造った平等院に倣って伏見桃山に広大な山荘を造営し、光明院を阿弥陀堂として山荘に移設します。これ以降、お寺は伏見寺、成就院と呼ばれていたようです。
その後、豊臣秀吉が文禄三年(1594)に伏見城を築城するため、伏見から深草大亀谷に移転を命じ、その後、ついに明治の廃佛毀釈で廃寺となりますが、明治三十五年(1902)に現在の地で再興され、即成院と呼ばれるようになったそうです。




このお寺お見所としては、重文に指定されている阿弥陀如来と二十五菩薩が一番ですが、源平時代の武将として知られる那須与一の墓といわれる巨大な供養塔があることでも知られています。
伝説によれば、那須与一は源義経に従い京都に入りますが、ある時病気に罹って療養中に、即成院の阿弥陀如来に出会い熱心に信仰するようになります。
その霊験で病気も治り、屋島の戦いでも、心の中で阿弥陀如来に願いをかけ見事に扇を射落としました。
阿弥陀の仏徳に感動した那須与一は、その後即成院に庵を結び、源平争いで戦死した将兵らの菩提を弔いながら、この地で死去したと伝わります。
こうして、今では、即成院は「与一さん」という通称で親しまれるお寺になっています。
那須与一にあやかろうと、体調万全や精神集中などの祈願のために集まった参拝者は、まず本堂の阿弥陀如来と二十五菩薩に祈願し、その後、さらに願いが「的を外さないように」、本堂の奥にある那須の与一の供養塔に参るのです。



これまで身近な信仰のお寺として親しまれてきた即成院ですが、阿弥陀如来と二十五菩薩の内陣が一般公開された今年からは、仏教美術などに興味のある観光客も増えることでしょう。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

泉涌寺の塔頭、即成院で行われた「二十五菩薩お練り供養法要」の続きです。


二十五菩薩の先頭は、境内の地蔵堂に祀られている僧形の大地蔵菩薩さまです。阿弥陀如来様の化身ということで先導されるそうです。
その後は・・

観世音菩薩さま
大勢至菩薩さま
薬王菩薩さま
薬上菩薩さま
普賢菩薩さま
法自在王菩薩(文殊菩薩)さま
獅子吼菩薩さま
陀羅尼菩薩さま
虚空蔵菩薩さま
徳蔵菩薩さま
宝蔵菩薩さま
金蔵菩薩さま
金剛蔵菩薩さま
山海慧菩薩さま
光明王菩薩さま
華厳王菩薩さま
衆寶王菩薩さま
月光王菩薩さま
日照王菩薩さま
三昧王菩薩さま
定自在王菩薩さま
大自在王菩薩さま
白象王菩薩さま
大威徳王菩薩さま
無辺身菩薩さま
・・・25の菩薩さまが順番に登場します。



この行事は江戸時代から受け継がれているそうで、平安時代中頃以降に流行した浄土信仰を演劇的に表現したものです。浄土信仰の広まりにより、人々は死ぬ時に、阿弥陀如来に救ってもらい極楽浄土へ行くことを切望するようになります。
阿弥陀如来の来迎によって極楽浄土へ導かれる様子は、絵画の「阿弥陀来迎図」に画かれ、寺院や個人の家では、「迎講(むかえこう)」が盛んに行われましました。
「二十五菩薩お練り供養法要」も二次元の絵画「阿弥陀来迎図」を三次元的に再現したものなので、当時の人には大きな感動を与えたのでは・・と思います。




先頭の大地蔵菩薩の方は、前方が見え難いのでしょう・・かなりゆっくりと歩いていました。次は舞を舞いながら観世音菩薩、大勢至菩薩が軽やかに歩みます。後ろの方は、小学生の子供さんも菩薩の面を付けて登場していました。(写真は、先頭の大地蔵菩薩、観世音菩薩、大勢至菩薩、普賢菩薩のお姿です。)





さて、即成院は、観光寺院としては、ほとんど取り上げられることは有りませんでした。
しかし今年からは注目していただきたいと思います。あの重文の阿弥陀如来と25菩薩が一般に通常公開されたからです。



阿弥陀如来は高さ5.5メートル、他の二十五菩薩も1.5メートル程の見事な存在感です。25菩薩全部が揃っているのいは日本でここしか有りません。(それに、左右の治まりが悪いので、プラスで確か、如意輪観音菩薩も加えられています。)




これらは、元は平安末期の寛治八年(1094)に造られたもので、寺伝に拠れば、「往生要集」で知られる恵心僧都(源信)の作といわれています。しかし近年、国立博物館等の調査により、代表的な平安仏師として知られる定朝とその弟子による名品と判別したということです。



25体中の約3分の1がこの時代のもので、残りが江戸時代の後補、また阿弥陀如来の光背も江戸期のものです。全てが平安期であれば間違いなく国宝指定されているのですが残念です。
しかし、平安時代作のものはその美しさが際立ち、特に観世音菩薩は素晴らしく美しいです。




今春の東京国立博物館での「最澄と天台の国宝展」にも25菩薩中の名品3点が出品されているのでご覧になった方もあると思います。
(話はそれますが、私は昨秋に京都でこの「最澄と天台の国宝展」行っていますが・・良かったですね。延暦寺蔵の「聖観音立像」には本当に久々に感動させられました。曼殊院の「黄不動」や兵庫の一乗寺の「伝教大師像」とか・・とにかく凄かったです。)




即成院の25菩薩は、京都観光の際には、少なくとも一度は訪れていただいきたいお勧め仏像です。
(通常、無料で本堂に上がれますが、その奥の内陣の特別拝観料金はは500円です。)
次回も少しだけ即成院を補足します。
那須与一の墓とかもやはり書いた方がよい様なので・・・。

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

先日、「二十五菩薩お練り供養法要」が、京都市東山区にある泉涌寺の塔頭の即成院で行われました。


この行事は、毎年10月の第3日曜日に行われるのですが、普段は静かな即成院の境内に多くの参拝者が集まり賑わいました。


この法要は、即成院の本堂を極楽浄土、地蔵堂を現世に見立てて、長さ50メートル、高さ2メートルの極楽に掛かる雲を想定した橋を掛けて、地蔵菩薩を先頭に、金色の菩薩面と金襴の装束を身に付けた二十五の菩薩が、練り歩く行事です。


阿弥陀如来の来迎によって極楽浄土へ導かれる様子を絵巻物のように現実に再現したもので、尺八の御師匠を先頭に、行者衆、お稚児衆、ご詠歌衆、僧侶等が極楽浄土の本堂と現世の地蔵堂の間を3度ほど往復し、御本尊に献花や献供御供えします。そして、最後に二十五菩薩が登場します。


次回にもう少しだけ続けます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事