京都を感じる日々★古今往来Part2・・京都非観光名所案内

京都を感じる日々★古今往来part1・・京都非観光名所案内のニューバージョンです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

今回は、京都市西京区の山田地区と御陵地区から二つの神社を採り上げました。

西京区山田南町にある葉室御霊神社(はむろごりょうじんじゃ)は、ブログパート1に採り上げた山口家住宅「苔香居(たいこうきょ)」の直ぐ南にある神社で、坂道を登って少し高台になった場所に鎮座しています。

山口家住宅を採り上げた際に書きましたが、この洛西の山田地域(付近には、葉室町の名前が残ります)には、平安時代頃から藤原北家出身の公家、葉室家(はむろけ)の荘園がありました。
葉室家は、平安時代中期の右大臣藤原定方(ふじわらのさだかた)に始まる藤原北家勧修寺流の流れを汲み、参議藤原為房(ふじわらのためふさ)の二男で権中納言藤原顕隆(ふじわらのあきたか)が平安時代末期に創設した公家で、この神社は、葉室家の荘園内の鎮守の神として建立され、代々の葉室家の祖霊(御霊)を祀ってきたということです。

現在の社殿は、葉室家第三十三代の大納言葉室頼孝(はむろよりたか)が、元禄二年(1689)に建立したもので、昭和五十六年(1981)十月に修理されたものです。(神社の駒札は、当時の葉室家当主で、後に春日大社の宮司を務めた葉室鮠次覆呂爐蹐茲蠅△)氏が修理完成後の同年十一月に記しています)


祖霊を祀るようになった理由に関して、葉室家前当主の葉室鮠嫉瓩記した神社の駒札がわかりやすいので、引用してみます・・・
元々、古代の日本の神道は、個人や社会に不幸をもたらす要因は神の祟りに帰すものと考え、これを防ぐ方法は、神の意志を慰めることしかないとされてきました。しかし、その後、仏教が伝来し広まるにつれ、祟りは神の絶対意志として避けられない不幸という考え方から、不幸をもたらすのは人格的な祖霊の働きによるものという考え方に変わり、祟り、祖霊と我々との関係がはじめて諒解されるようになりました。そして、平安時代の初期から、この祖霊を神社として祀り、僧侶が経巻の転読を行って祖霊の供養が行われるようになりましたが、これが御霊信仰の起因で、神仏習合(神仏混合)の始まりになるということです。

さて、この神社は葉室家の祖霊を祀ることから、葉室家が管理していて、施錠はされていませんが門柵が閉じられていているので、遠くから参拝することになります。
神仏習合(神仏混合)時代の影響を残し、御霊大明神を祀る中央の御霊本社の左(こちら側から右)には、国挟槌尊(くにさづちのみこと 月霊)と菩薩像を、本社右(こちらから左)に、十禅師社を祀っているようです。
国挟槌尊(くにさづちのみこと)は、あまり知られていない神ですが、日本書紀によれば天地剖判(てんちぼうはん 天地開闢)の最初に現れた神の神世七代の第一代の神、国常立尊(くにのとこたちのみこと)の次に生まれた神とされ、高天原の天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)と対比して、国の地盤形成の概念から生じた神として土地を司り守護するとされます。また、横に祀られている菩薩像は、駒札によると、生まれながらに身体に変形をもった人の悩みを救う菩薩といわれるもののその御名は不明とし、心無い者の仕業か、かなりの損傷を受けている像ということです。しかし、自分の姿を捨てて人の悩みを救うために力を発揮してきた有難い菩薩像ということです。また、十禅師社は、奈良時代の宝亀三年(772)に学徳兼備の僧侶十名を全国から選んで、十禅師の称号を与えたことにちなんだもので、この十名の僧侶を祀っています。



さて、葉室御霊神社のある山田地区の南は御陵地区になりますが、この「御陵」という地域名は、以前にブログに採り上げた、私の好きな「天皇の杜古墳(てんのうのもりこふん)」があることで名付けられました。(「天皇の杜古墳」は、江戸時代までは、平安時代中期の文徳天皇の御陵として語り継がれてきた古墳になります。)

この御陵地区にある地域の鎮守社が、大型商業店舗が乱立する国道九号線の側にある三宮神社(さんのみやじんじゃ 西京区御陵鴫谷)です。隣接する樫原や川島地域にも三宮神社が幾つか有るので、他の三宮神社と区別するために、御陵三宮神社とも呼ばれています。
神社の来歴等は不明ですが、狭い境内の石段を登った所に、玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀る本社があり、他に末社として、八幡社、稲荷社、春日社が並んで祀られています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事