京都を感じる日々★古今往来Part2・・京都非観光名所案内

京都を感じる日々★古今往来part1・・京都非観光名所案内のニューバージョンです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

京都市西京区樫原地域の史跡が続きますが、樫原は、京都市の「界わい景観整備地区」に指定されている地域で、古い家並みが良く保存されていることから、今後は区域外から観光に訪れる人も少しづつ増えてくるのではないかと予想されます。

さて、かつて宿場町として栄えた樫原の町では、地域住民が「樫原町並み整備協議会」という組織を作って、町の中心部を通っている旧山陰街道沿いに駒札を立て、観光客に地域の歴史をアピールされています。今回は、そういった小さな史跡の一部について書いてみます


さて、現在の樫原秤谷町、かつて「札の辻」と呼ばれていた樫原交差点付近には、江戸時代に村々に設けられた米穀の収蔵倉である「郷倉」が残っています。
掲示板によると、大宝元年(701)の大宝律令制定によって地方官制が定められ、畿内の山背国(京都)は、葛野、愛宕、乙訓、紀伊、宇治、久世、綴喜、相楽の八郡に分けられました。その後、延暦十三年(794)の平安遷都の際に、桓武天皇は山背国を山城国に改称しています。また、葛野郡は大岡郷(現在の樫原地区を含む)、川島郷、桂郷、下ツ林郷等十二郷に分けられ、夫々の地に、年貢米等を収蔵する郷倉が建てられました。

この大岡郷(後に岡村=橿原)は、山陰街道でも有数の物資集積地で、また華頂宮の社領地(三ノ宮神社との関係のようです)があったために、明治時代に宮家から橿原に郷倉が下賜され、村では年間の米麦の集積場として大いに活用されたようです。その後、昭和六年(1931)に川岡村(明治時代に葛野郡岡村(樫原)が川島村と合併して川岡村となっています)が京都市に編入された際に、三ノ宮神社へ橿原地区から寄贈したています。そして、現在では地域にあった多くの郷倉が失われ、この郷倉が残っているだけということです。



この郷倉の直ぐ道路を挟んで向かい側には、前にブログのパート1の「維新殉難志士の墓」で採り上げた「勤皇家殉難之地」の石標が建てられています。

重複しますが・・元治元年(1864)七月十九日に蛤御門の変(禁門の変)が起こり、長州藩は会津や薩摩藩を中心とした幕府側連合軍に敗れました。そして、長州藩集義隊の楳本僊之助直政、元下野宇都宮藩出身の相良頼光、同じく相良新八郎(相良兄弟は、元薩摩藩と名乗ったともいわれています)の三人は、この樫原の辻まで逃れましたが、この地を警備していた小浜藩兵に囲まれて討たれてしまいました。(ブログパート1の「維新殉難志士の墓」参照)
また、その直ぐ横にある普通のマンションの前に、「小泉家の由来」と書かれた小さな案内板があります。それによると、幕末の頃、この地の小泉家当主の小泉仁左衛門は、長州藩御用達の油屋を営んでいて、その当時の油壺が道路脇に展示されています。(写真)この仁左衛門という人物は、尊皇攘夷を論ずる私塾を開いて、森田節斎や梅田雲浜らとも交際していたということです。


また、郷倉から直ぐ西側には、浄土宗西山深草派の寺院、紫雲山龍渕寺があり、その境内に祀られているのが「辻の地蔵尊」です。
龍渕寺は天正年間(1573〜93)に創建された寺院で、この札の辻にあった延命地蔵を安置することで知られているようです。山門の傍には、この地蔵尊の来歴を記した「辻のお地蔵さま」という駒札があるのですが、磨耗のため肝心の来歴がほとんど読めません。

何とか解読してみると・・天正年間、織田信長は明智光秀に丹波平定を命じ、光秀は丹波を領する波多野秀治を滅ぼすことに成功します。この時、波多野氏の部将で、雲隅高任という武将がこの樫原まで逃れ、この地で信仰していた地蔵菩薩像を祀って主家の菩提を弔って日夜念仏修行し、無事に百歳を超える長寿を全うしたということで、この事から、地蔵菩薩像は、延命地蔵と呼ばれるようになったようです。
元々は、街道の辻に建っていて、街道を行き交う旅人にお茶の接待をする際、お地蔵様の薬湯として無料で風呂の接待もあったことが伝えられているようです。そして、明治十一年(1878)に寺社が併合された際に、龍渕寺に祀られる様になったと駒札は記します。しかし、文章が解読不可能のため、この寺社とは何なのかは今回はわかりませんでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事