-since1994-乗馬靴の修理職人ヒロさんのブログ

お客様の大切な靴を職人の技と真心でお直しいたします。

全体表示

[ リスト ]

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 6
今日もコツコツと靴の修理をしてます。
この仕事に就いて二十有余年。
今年63歳になる爺さんですが、
靴への熱い想いをこのブログでお伝え
できればと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・。

***************************************

 ピロロン、ピロロンと当店ピノの電話が鳴りました。
また、どっか(何処か)の会社の営業の勧誘の、お邪魔な電話かなぁ、なんて思いながら、でました電話に。

 「あの、ブログを見てMBTの修理依頼をしたいのですが・・・・」と女性の声。

 (おっと、お客さまや)
迷惑電話と思い込んでの、若干下がったトーンの声出しに後悔しながら、

 「あ、ありがとうございます。お見積りです、ね?」
名古屋にお住いのSさん女性からのご相談電話でした。



 MBTという、ちょっと変わった靴底のこの靴。イメージ 2
『マサイ・ベアフィット・テクノロジー』と呼んで、
靴の底形状に特徴があります。
いわゆるローリング形状なんです。
靴底に、『ソールセンサー』というソフトウレタンを
カカトの位置に配してあって、歩行するたびに
適度なクッションがくるぶしから脚にかけて衝撃を
和らげる効果があるそうです。

 お客様は、このMBTがお気に入りで長らく使ってきましたが、時々メーカーの
修理サービスを利用しながら大切にしてきたんだそうです。
でも先ごろ、とうとう靴底のウレタンがひび割れで崩壊したため、再びメーカーに
送ったところ、何も処置がないままに返送されてきたんですって。

「この靴の修理サービスは終了いたしました」の付箋つき。

お客様にとっては、
(ちょっと、ちょっと。ちょっとまってよお兄さん!!)のフレーズが頭の中で何回も響いて聞こえたそうです。イメージ 4
 ネットサーフィンの結果、大阪の当店ピノに行き当たり。
二、三日経って、
そして送られてきたMBTが右の写真。

ウレタンの劣化(加水分解)による靴底崩壊が起こっています。
ウレタン樹脂は、日本のような気候風土に対して耐候性が弱いといたわれるが、
この靴もそうなんでしょうね。

 お客様との電話打ち合わせです。
「当店のMBTの靴底交換修理は、その機能・デザインは失われ、当店独自の再生手作り法で行います」
 これを了承していただきました。

 で、この靴の『救済ミッション』を考えます。
まず、崩壊している部分以外のウレタン靴底はいったいどうなってるんでしょ。

 トップソールを剥がしてみました。イメージ 5

(あーあ、ダメですね)
やはりずいぶん劣化が進んでました。
外からはなかなか判断がつきません。

よって、このMBTについては靴底すべて
(オールソール交換修理)を作り替えることにいたします。

お客様の一番のご心配な点。
それは、
「修理後はもう劣化しないの?」なんですが、
 それはご心配ありません。
右の写真は、
ソールを作り直す為に使うスポンジ素材です。
これを靴底の構成にして極めて耐候性のあるソールにします。
MBTシューズの、
まあるいソールを再現するんですが、
使う素材は当店ピノのオリジナルの
イメージ 1スポンジ素材をベースにし、
トップソールには「ビプラム社製」のノンスリップソールを使っています。

 お客様へ
 『MBT靴底交換修理のご注意点』
 靴底の交換修理に使用する素材は加水分解しにくい「スポンジ素材」を使用いたします。
 したがって、はき心地は従来のウレタン素材よりも硬くなり、MBTのマサイセンサーの機能もデザインも
 失われることをご了承の上でご用命ください。

 
で、今回の『救済ミッション』は終了!
「よっしゃ、できたど!!」
************************************

                           この靴、修理完了後にお客様から
                 コメントが寄せられましたので記載させていただきます。
 「名古屋のSです。
昨日、MBTシューズを受けとりました。
確かに少しだけデザインは変わったような気がしますが、
履き心地はしっかりとしていて問題ありません。
修理しながら長く履ける予定だったMBTが
メーカーから修理サービス終了とそのまま戻ってきた時は 本当にがっかりしましたが、
こんなにも綺麗に丁寧に直してくださって
靴もよみがえって喜んでいることと思います。
ネットでそちらのお店を知ることが出来て本当によかったです。
これからも大事に履いていこうと思います。
そしてまたいつか、修理が必要になった時は是非よろしくお願いします!!
ありがとうございました。」
******************************************************************************************       
                 靴の修理職人ヒロさんの工房 
                       職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!!
お問い合わせメール  nrc01381@nifty.com

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
 詳しくはお電話で。

⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。イメージ 3
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
 小さな靴の低い目線の散歩日記です。

いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
メール nrc01381@nifty.com

ホームページ http://www.tech-pino.jimdo.com





























この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事