ここから本文です
-since1994-乗馬靴の修理職人ヒロさんのブログ
お客様の大切な靴を職人の技と真心でお直しいたします。

書庫日記

記事検索
検索
私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
今回は、過去にアップされた懐かしいブログをご覧ください。
よろしければ最後まで・・・・。

******************************************* 2011.12.8乗馬用のブーツを修理しました、から。
乗馬靴の修理の元気なお客様Wさん(女性)が持ち込まれた2足は、ともにファスナーの交換修理をやる。
 
イメージ 2

 

 
 この靴は、バックファスナーのブーツでいわゆる「長靴(ちょうか)」と呼ぶ乗馬靴の中では足入れのやりやすさ
 
が評判のデザインで、私が扱う修理靴でも一番多いタイプ。
 
この写真でファスナーが壊れている部分は足首のほら、くびれの部分。
 
ファスナー布地の2センチくらいが切れて、それが原因でバラけてるんやね。
 
 
 先に作って用意したファスナーとスライダー、細革を使って修理を開始。
 
なんやかんや、私の店にご来店のほかの靴もしっかりと修理しながら、この2足も仕上がった。
 
そうやね、都合3日間で10時間程度の作業で完了。
 
修理半ばで修理内容追加のリクエスト、最終でオイル磨きをやりました。
 
これはミンクオイルを使った防水対策なんやけど、ヒロさんとこのオリジナルシューケアとして人気のもの。
 
これをやるとホンマに「蘇った感」が高いゾ。
 
 
 費用について書いておきまひょか。1足あたりの金額だす。
 
ファスナー交換修理は左右で11800円(税込み)
 
オイル磨き加工は左右2000円(税込み)
 
そして、ヒロさん発行の特別割引500円適用
 
以上で合計13300円でした。
 
 
                    
                   ファスナー交換完了しました 
 
イメージ 3

 
 
                   オイル磨き完了しました
 
イメージ 4

                   オイルはコロンブス社製のミンクオイル
                   靴クリームはKIWIの油性タイプ    
              
 
 

お客様のWさん、   いつもの笑顔いつもの元気で靴を持ち帰ってくれました。
一件の仕事を終えて、ほっとする瞬間です。


店の隅には次の修理待ちの乗馬靴が並んでる。
 待っとけよー、すぐに綺麗にしてやるさかいに、な。
 
イメージ 5

 










*******************************************************************************************
靴の修理職人ヒロさんの工房 
  職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜祝祭日定休 9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com  イメージ 6

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。

いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com

 

この記事に

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 3
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
今回は、過去にアップされた懐かしいブログをご覧ください。
よろしければ最後まで・・・・。
****************************************************2011.12.7乗馬用のブーツを修理しました、から。

ちょっと過剰サービス気味の水洗いを終えた乗馬靴は、温風を浴びてしっかりと乾く。
 
なんか靴が「気持ちいい!!」って言うてるみたいですわ、よかったなあ。
 
お馬ちゃんも馬場から引き上げてからだ洗ってもらうと、ニンマリした顔するみたいでっせ、これホンマでっせ。
 
 
 そんなこんなで、さあ修理のための「部品つくり」をやりまひょか・・・・。
 
まずファスナーは、やっぱ国産のYKK社製が信頼度一番だ。
 
今回の靴はバックファスナーのロングブーツ、これに対してはサイズが大きすず小さくもない8cファスナー黒ナイ
 
ンを使用し、スライダー(引き手)は8番の黒だ、これをつかう。
 
 
イメージ 1

 
 
 
 次に、このバックファスナーを摩擦から保護する役目の細革を作る。
 
革は牛革でboxといわれる厚み1.8ミリを裁断する。幅15ミリがいい。長さは60センチにしとこ。
 




イメージ 2 
 ついでに、私は革材料の入手によく西成区に行く。
 
大阪は元々靴のメーカーが多いところだったけど、やっ ぱ例のバブル崩壊以降つぶれてしまった会社が
 
その後再建できずに、今はホンマに少なくなった。
 
でもどっこい、頑張る靴メーカー、木型屋さん、革の卸屋さん、部品屋さん、底縫い屋さんなど靴を作るため、
 
熱い心で頑張る職人はいてるし社長さんもいてはる。 
 
そんな熱い心に刺激されて、「革を大切に無駄なく使わなあかん!」といつも思う。
 
だから今日も無駄なく裁断した。「ヒロさん、えらい!!」って誰か言うてえな(笑い)
 
 
 おっと、お客さんと思ったら私の保険を担当してくれている○○生命のS君が来店。
 
保険の営業マンらしく履いてる靴は「リーガルシューズ」だ。
 
ガッチリしたつくりトラッドのユーチップはグッドイヤー製法で作られていて・・・・・・・・・・・・。
 
あかん!!今は乗馬靴の修理の話やんか、靴の話になるとすぐに熱くなって脱線するんやから。
 
でも次のテーマが決まりましたな。うん。
 
 
 さて、乗馬靴の修理部品ができたところで続きは次回。

*******************************************************************************************

靴の修理職人ヒロさんの工房 
  職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜祝祭日定休 9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 
工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。

いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com
*********************************************************************


この記事に



私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
今回は、過去にアップされた懐かしいブログをご覧ください。
よろしければ最後まで・・・・。

***************************************************2011.12.6乗馬用のブーツを修理しました-1から

「まいどー!!」
 
いつもの笑顔でいつもの元気。
 
毎週土曜日に乗馬靴の修理にやってきてくれるWさん(女性)は、大阪の某大手の乗馬クラブの会員さんだ。
 
同じクラブの同僚会員さんの靴を預かって持ってきてくれるのである。
 
「マスター!!今日は2足あるねん。ほんでちょっと急いでお直ししてほしいねんて。」
 
 私の店には乗馬靴の修理依頼のお客様が多いのだ。
 
このWさんはそんなお客様の中でも一番のお客様である。
 
「あいよ、急ぐんなら順番入れ替えてすぐにてもやりまっせ」と笑顔でかえす。
 
「でも、今日の靴もえらい傷んでるなあ。まあ心配はいらんよ。ちゃんとなおせるさかい。」
 
「わかってるがな、マスターの評判はええで!!」とWさんとの掛けあいをたのしむ。
 
そんなこんなの会話をしながら修理の段取りを考えるのだ。
 
 
 さあてと、前の作業がおわったので急いで乗馬靴の修理にかかろうか。
 
まずは、この汚れ落しからする。水洗いで丁寧に泥と小石などを落としていく。
 
これを怠ると、ミシンがけの際にミシンの針が折れてしまう事故になる。ボビンをいためたら大変だから。
 
イメージ 2

 
 
   水洗いがおわったら、しっかりと温風器で乾かしていく。
 
この際、靴の中をきれいに処理することは当たり前だ。
 
砂や小さな石ころ、お馬ちゃんの体毛やご本人の○○毛などはっきり言って「綺麗じゃない!!」
 
ここだけの話、過剰サービス。
 
でもいいのだ。わかる人にはわかる。
 
 
 さてと、一段落してこの日記を書いているんですが、そろそろ靴が乾燥したようです。
 
この続きは次回のブログで。
**********************************************************************************



靴の修理職人ヒロさんの工房 
  職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜祝祭日定休 9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。

いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com
*********************************************************************

 

この記事に

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。

***************************************
  福岡県宗像市にお住まいのIさん(女性)は若き保育士さん。
趣味の乗馬で使うブーツがどうもしっくり来ないのですが、でも我慢して使う日々。しかし、馬にちゃんと気持ちを伝えるためにピッタリのふくらはぎにしたい!!
「あった、大阪にある!!」
ネットで、乗馬靴の修理画像が豊富な当店pinoを見つけたんです。
暫くして、
「今日、仕事の研修会が京都でありますので持っていきます!!」との電話がありまして、
当日の夕方にご到着。
「あー、やっとついたあ。ばってん、地理がわからんもん」
そうでしょうねえ、聞けば日帰り行程だそうで、ドキドキの電車旅でしたね。
イメージ 2


バックファスナーの長靴ですが、
太もも部分がブカブカ。
ひざの裏側に筒が当たり痛い。
採寸をして、
この2点の問題点を解決致すべく、ミッションの
スタートです。



イメージ 3まず、筒先のカットから。
紙型を作り、全体の長さを勘案して25ミリを
カットすれば痛くならないはず。

細かい作業を続けます。





イメージ 4
失敗しないように、
慎重にやります。
カットナイフ入れるとき、私は息してません。
いつものことですけど、
これは「フー!」です。





イメージ 5次はファスナーの取替えです。
YKK社製コイル8番をつかいます。








イメージ 6
靴の縫製専用ミシン「八方ミシン」でもって
ファスナーを縫いこみます。
ミシン糸も耐磨耗性の高いものつかいます。
乗馬ではどうしても筒の内側が磨り減りますから。





なんやかんやで、
磨きも完璧。イメージ 7
右のように仕上がりました。
まずまずの出来あがりです。


早速、宅急便で発送しました。
お客様の「はき心地」ご感想はいかが?


「よっしゃ、できたど!!」
**********************************************************
*お送りして、すぐにご感想のメールを頂きましたので掲載いたします。
ヒロさんへ
こんばんは。
本日、長靴が届きました。
大阪へ行って修理を頼んだ日から今日この日までドキドキしながら待っていました。
履き心地は、最高です!本当にぴったりフィットして驚きました。チャックの動きもスムーズです。これでもっと乗馬が上手くなりそうな気がします(笑
素晴らしい出来栄えに感動して只今TVボードの上に置いて眺めています。(^-^)
本当にありがとうございました。ヒロさんに修理をお願いして良かったです。出会えたことに感謝!!また修理をお願いするようなことがあればよろしくお願いします。

福岡県宗像市 I



靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜祝祭日定休 9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。

ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com


この記事に

私は靴の修理職人ヒロ。
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
*********************


「ネズミに鞍ベルトを食べられました、なんとかしてー!!」
岐阜県土岐市にお住まいの女性Nさんからのお電話です。

翌日、おおきなプラスチックコンテナに入った「被害者」が届きました。
イメージ 1








イメージ 2



ベルトは4本ともガリガリにかじられ、其のうちの
2本は根元からやられています。
よほど美味しいベルトなんでしょうね、ネズミに
とっては。


イメージ 3
ほぼ同じ大きさ長さにして紙型を作り、裁断。
幅45ミリ×500ミリ×4ミリにしました。






イメージ 4

ベルトの角の「面取り」をしています。
手触りも良くて、馬ちゃんにもやさしく。






イメージ 5穴あけ。
5ミリ径の25ミリピッチです。





イメージ 6ベルトの取り付けは「手縫い」です。
ポリエステルの13番モカ糸を使いますが、
これがなかなか指が痛い。
慣れた作業なんですけど、痛いのを我慢して
やります。


ここまでの作業を六時間程度で特急仕上げしました。
それは、
私の工房はとても狭いので鞍の修理はすぐに終わるようにしなければほかの作業ができません。そんな理由です。

「よっしゃ、できたど!!」

*********************************************************
靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜祝祭日定休9:00から19:00


職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。イメージ 7
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。


ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com


ご来店の際はまずお電話ください。
材料の仕入れなどで不在のも場合もございます。













この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事