-since1994-乗馬靴の修理職人ヒロさんのブログ

お客様の大切な靴を職人の技と真心でお直しいたします。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
******************************************

その女性はケンケンでやってきました。
「あのね、足がね、痛いねん!」イメージ 2
聞くと、
近くの大学の先生らしくて目に涙です。
シューズのカカト内側にテープ貼り付けて
自己対策はしてありますんですが、
悲しいかな血がにじんでおります。

靴擦れはどうして起きるか?
その答えはおおむねカカトの部分、履き口の部分に「ひっかかり状」の
きわめて都合の悪い部分があるんです。
イメージ 3
緊急対策というか、
これしかない方法で処置をいたします。
金台(ジャッキ)を使って、
ハ゜ンプスの「都合の悪い部分」をカナヅチで
トントン、トントンとたたきます。
指で触りながら、
トントンとたたきながらなだらかにします。
ものの二、三分でしょうか掛かる時間は。
するとその女性、
「え!?直りました。なんともございません!!!!」
(さっきまでの「涙目」はどこにいったんでしょうね、よかった。)

「よっしゃ、できたど!」
******************************************************
靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。


いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com


この記事に

開く コメント(0)

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
******************************************
大阪の今日(2017.5.29)は晴れ。そして気温29度で真夏日も目前です。
そんな中、ウチの常連さんがご来店です。
「マスター、またよろしく頼むわぁ」

彼の靴はビジネスシューズで、仕事も営業職。イメージ 2
靴は国産の高級品です。
銘柄は「スコッチグレイン」というH社のひも靴。
今回は踵の磨耗が進んだので心配しながら持ち込まれたのです。






彼の靴の履き方はいたって丁寧だけども、
今回は出張や何やかやで当店に来る暇が
なかったようです。イメージ 3






磨耗した部分に革材を肉盛りしてフラットに。
フラットにし上げたヒールにリフトというゴムの
材料を接着して釘うち(ネイルフイニッシュ)を
して固定しました。

イメージ 4
磨きをして修理完了です。
私たち靴の修理人は、どのような靴でもどんな壊れ方をしていても、お客様との修理代金の
折り合いがつけば、もてる技術を駆使して丁寧に心を込めてお直しするのです。
そこで、
お客様が靴を大切にしておられること、その靴にお客様の思いが感じられると、
私たち靴の修理人にとってとても「嬉しい修理」なのです。

「よっしゃ、できたど!!」
***************************************************


靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。

いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよう
いち
電話06-4306-5216
pc専用メール 
nrc01381@nifty.com





この記事に

開く コメント(0)

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
 このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
*********************************

乗馬靴のボックス長靴の、その後ろ側にある縦の革を
通称「バチ」って私たちは呼ぶんです。
そのバチ革の中にプラスチック芯(ポリプロピレン製)が入ってますけど、
これが出てきたそうで・・・・。
イメージ 2
ちょうどアキレス腱に当たるところは屈曲する
部分で、糸が切れたりしやすい。
それもバチの下に隠れている下縫いの糸が
バラバラになってしまうことも。
まあ、これが一番の原因なんですけど。

という訳で、
今回のミッションは修理職人泣かせの、とても技術が要る作業です。
イメージ 3

バラけたバチ革と糸のほつれです。
プラ芯が抜けてしまったら、
もし騎乗中だったりすると、
お馬ちゃんの馬体を傷つけたりするかも。
くわばらくわばら。

イメージ 5
いったんバラします。
靴用の特殊なミシンでバチは縫いますが、
なんやかや、小難しい調整が必要です。
それ何?でしょうが、説明が難しいので聞こえない振りさせていただきます。


イメージ 4
バっチ革下の下縫いをやっているところです。
これは手縫いいたします。
やってる最中は一所懸命です。
失敗すると、
まともに手指を「グサッ!!」とやったりで危ないのです。

イメージ 6
右は新しく作り直したバチ革を縫い込んでいるところです。
ボックス長靴のバチ縫いこそ難しい。
縫えば良いというものでなく、この靴の後ろ姿を決定するものです。
ミシン掛けの作業でも10のうちの8とか9位の
難度でして、職人泣かせといわれる所以です。
イメージ 7

なんとかうまく縫えました。







イメージ 8
さて、作業も大詰めです。
オイル磨き、甲革の養生加工を行って
黒々として本来の光沢も戻りました。




「よっしゃ、できたど!!」
******************************************
靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。

ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com


この記事に

開く コメント(0)

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
この仕事に就いて20年を超えました。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
 このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
***************************************
 今日も不自由な身体を松葉杖に預けてご来店は、幼いころに発症して下半身が麻痺したU君(男性28歳)です。
「マスター?ファスナーの一部が切れてしまったけど修理して貰えますか?」

イメージ 2

この靴は、U君の独特な歩き方に対して靴底に工夫がある。
地面を摺りながら歩くことで生じる磨耗がどうしても靴底に現れるが、致し方ないのです。
それと、
靴を履きこむ際に必要なファスナーが2本ついています。
靴の履き口を大きくすることで負担を少なくするのです。
今回は、イメージ 3
その内側のファスナーが壊れたので
交換修理をいたします。






イメージ 4
交換用のファスナーは、
YKK社の5cコイルファスナーを使用する。
このファスナーなら耐久性が比類のないもので
海外のものとは違う。
わたしは国産品の信頼性を高く評価しています



イメージ 5
ミシンを使って取り付けて、
アッパーを補色磨きして修理完了です。

今回の修理の費用は、
2本のファスナー交換で3800円かかりました。


「マスターに作ってもらったこの靴も8年になりますね」
U君と出会ったのは彼が高校生のとき。
歩きやすい靴作りを依頼されたのです。
今ではアッパーの色も変えながら4足の靴をローテーションしています。
メンテナンスの費用はそれなりに掛かってしまいますが、脚になじんだ特別なくつなので長く使い続けたらいいとおもいます。
「よっしゃ、できたど!」

靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 


お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール 
nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。

相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール 
nrc01381@nifty.com




この記事に

開く コメント(0)

イメージ 7

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
この仕事に就いて20年を超えました。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
 このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
***************************************
 「ポロロン、ポロロン。」
設定が狂ったのか、少し間抜けな呼び出し音の当店の電話が私を呼んだ。
「はい、靴修理のピノ、ひろせです」と私は電話にでます。
このように電話に出ると受話器の向こうのお客様に、まずブログの写真と私の声が一致するので「安心」の文字が頭に浮かぶらしくて、ツカミはオッケー。
そして、少しトーンを下げた声で「靴、どうなってます?」と聞きます。
イメージ 2









 「実は、娘の乗馬ブーツなんですが、筒が長すぎて上から7センチのところまで
ファスナーを上げて、そんな不自由な状態で履いてるんです。ほんでネットでお宅を見つけましてお電話したのですが、、、、、、、、、
なんとかなります?」

イメージ 3









大丈夫ですよ、この手の修理は得意ですし、何せ高価な乗馬靴です、お直しをして使う事で経済的にもプラスとなること請合いますよ、と職人としてのアドバイスで、ホントご安心の様子でありました。
イメージ 4




筒先7cmカットと、ファスナーも状態悪くて
交換の必要ありで、取替えいたしましょ。



イメージ 5
ファスナーの交換は、当店の「副キャプテン」
ハッポーミシンが活躍します。
もう1994年からの付き合いなので、えーと、
23年の相棒ですね。
いい仕事してくれてます。

ファスナー取り付け完了。


イメージ 6



筒先カットしたことで、小さいベルトを作り変えました。
カットしただけでええんと違いますんです。



イメージ 8
筒先はただ切っただけではダメなんです。
ちゃんと「へりかえし」という加工をします。
裁断面に丸みをつけるためのミシン掛けをいたします。

そんな、こんなで・・・。



「よっしゃ、できたど!!」
***********************************************

      靴の修理職人ヒロさんの工房 
                   職人  ひろせよういち 


お問い合わせはお電話とメールで!
 
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール 
nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。

いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール 
nrc01381@nifty.com



この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事