-since1994-乗馬靴の修理職人ヒロさんのブログ

お客様の大切な靴を職人の技と真心でお直しいたします。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
****************************************
常連さんのKさんが、「乗馬用の鞍のベルトが切れたんや、急いで修理してくれ!!」
と緊急注文です。
イメージ 2
このベルトは割りとよく切れます。
今までにもベルト作り変えの注文が
ありました。
今回はこの1本だけ急ぐことになりました。

この鞍のベルトは2枚の革の合わせでできています。
2.2ミリの厚みのものを張り合わせて
ベルトにしているんです。

イメージ 3
馬ちゃんの汗や雨などに濡れた革ベルトは、
よーく手入れをしないとカリカリになって突然切れます。

今回、というか私の修理に使う革は
4ミリの一枚革です。
いっぽんずつ裁断してつくります。
この写真はピッチ30ミリで穴あけ。


イメージ 4穴あけや、ヘリの丸みをつけ、
黒の塗装を施したらバフ掛けです。

「ええ感じにできたやん!!」







イメージ 5鞍には手縫いして取りつけるんですが、
古いベルトのピッチを合わせながら縫います。
右はまずまずの仕上がりで
完了したところ。

この写真を撮っていたら
Kさんご来店。
「間に合わせてもろうて、
すまなんだなー」

今回の修理代金7600円を置いて、Kさんは急いで出て行かれました。
ホンマに忙しいお人ですわ。

「よっしゃ、できたど!!」
********************************************************

靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール 
nrc01381@nifty.com 
工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール 
nrc01381@nifty.com



この記事に

開く コメント(0)

イメージ 4

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・
**************************************
大阪市内に在住のTさん女性は今日も自転車で
ご来店、若くて元気です。イメージ 2

「ヒロさん、これ3足目のMBTですけど、どのくらい劣化が進んでますか?」
みると、
センサーと呼ぶ部分はもちろん目に見えて崩壊が進んでいますからわかります。
しかし、
その他ミッドソールという靴底部分については
一見大丈夫そうに見えますが、
実は同様な劣化が隠れています。
指の爪をつかってギュッと押してみると亀裂が
わかります。これが外側から見える加水分解です。
イメージ 3
実際にアウターソール(本底)をはずしてみます。

「なーるほど、そうなんですね」
Tさんこれ見て納得しました。



もともとTさんはMBTが大好き、だったんですがイメージ 5
3足とも4年くらいで劣化してしまい、
MBTが履けなくなったとのことですが、
一足めを修理してみてシューズがよみがえった
ことから、
それなら順番にお直ししようと、これが3足めと
成ったのです。
リピーターとしてご来店いただくのは嬉しい。
イメージ 6

右は靴底の修理を終えたMBTです。
敢えて元MBTというのは、
従来のウレタン樹脂素材からスポンジ材に
変わることとオリジナルデザインも失われる
事によります。

「よっしゃ、できたど!!」
今回の靴底交換修理の費用は、お客様のご了解を得ておりますので公表します。
修理費用 15800円税別
修理期間 お預かりから10日間

お客様へ
『MBT靴底交換修理のご注意点』
 靴底の交換修理に使用する素材は加水分解しにくい「スポンジ素材」を使用いた します。
 したがって、はき心地は従来のウレタン素材よりも硬くなり、MBTのマサイセンサーの機能とデザイン
も失われることをご了承の上でご用命ください。
 ※この『MBT』の修理に関するお問い合わせは、お電話とメールにて
ご遠慮なく。直接わたくしヒロがお答えいたします。
****************************************************************************
靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール 
nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール 
nrc01381@nifty.com

この記事に

開く コメント(0)

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
*************************************

「靴の修理は初めてなんですが、クラブのコーチに勧められてきました」
少し不安顔でご来店の大阪府下に住まいの女性Sさんは、
キャメル色の長靴を私に見せてくれました。
イメージ 2


お見積もりするために靴の状態をチェック。
すると、
バックファスナーが開く現象と糸のほつれ、
カカトゴムの磨耗などにより、
その修理代は全部で16900円です。
もちろん左右(一足)のお代金をお伝えすると、イメージ 3

「え?同じ修理メニューで5万円かかるって、
他店で見積もりされてびっくりしてたのよ」



その他店さんにもご都合があるでしょうし、
なんで?って聞かれても答えようがないし・・・。イメージ 4
いずれにしても、
お値段に折り合いが付いたのでミッションを
開始します。
まずファスナーの取替えです。
YKK社の8番コイルファスナーを使います。
このサイズとスライダーがとてもいい。

イメージ 5こないだ、
ある量販店でこの種のファスナーを見ていたら
外国製のものがありました。
耐久性のなさそうな、そんなものが在りました。
私はYKKの代理店の部品卸店から購入しますから、
国産の優れた部品を使います、安心品質です。

イメージ 6ただいま修理中の長靴は外国製。
有名なメーカー品です。
「あれ? こんなとこに遊び心がありますよ」
馬の形の、引き手落ちを防ぐ革がかわいい。
シャレたことをしますねぇ、
私はこんなんが大好きです。


イメージ 7この長靴のファスナーを取り付ける構造は、
上げ下げにストレスを感じるものでして、
今回はその構造を少し代えさせていただいて
スムーズな脱ぎ履きを可能にしています。




イメージ 8最後にカカトのゴム交換を行ないました。
ゴム素材はビブラム社製のリフト材。
海外メーカーでも一番優秀なものを使いました。





長靴に小さいベルトがあって、
その金属ボタンが勘合具合が悪いので
計八個を国産のものに交換してミッションが終了しました。

「よっしゃ、できたど!!」
今回の修理は、お客様が当店まで持ち込まれ、そしてお引取りになりましたので、
16900円より追加費用もなくできました。ありがとうございました。
またのご用命をおまちしています。
*******************************************

靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 


お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 


工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。


いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com








この記事に

開く コメント(0)

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。

*****************************************
三重県在住のA級ライダーさんの乗馬靴の修理は、
残り少ない時間の中で、しかし順調に
進んでいます。イメージ 2

ブーツの内股の大きな穴は、
シボ革と呼ばれる1.3ミリの革で大きく、
縫いこんで塞ぎました。
これを加工することでブーツにコシが
でて馬に「伝わる」そうです。
これはあるベテランライダーさんが言うてはりました。


イメージ 3
長く使い込まれたこのブーツですが、
ボタンは硬くて留められないし、
一部の革部品が取れてしまってます。
これを作り変えて取り付けます。

ファスナーもきれいに取り付けて、
ノンストレスな上げ下げを可能にしました。
窮屈なブーツよさようなら、ですね。
イメージ 4


はい、ラストの工程はオイル磨きという
私の得意な「お化粧」です。
甲革の養生を目的にして、革に栄養も与えます。
硬い革もこれでずいぶん軟らかくなり、
ライダーの皆さんに好評!!

よし、すべて完了です。早速宅配便でお送りしましょう。
完了まで9日でした。

「よっしゃ、できたど!!」
**********************************************
靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。


いろんなご相談おまちします。
ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール nrc01381@nifty.com










この記事に

開く コメント(0)

私は靴の修理職人ヒロ。イメージ 1
今日もコツコツ靴を修理しています。
靴が大好きです。。
1952年生まれの爺さんですが、靴への熱い思いを
このブログでお伝えしたいと日々思っています。
よろしければ最後まで・・・・。
*******************************************************

届いた荷物を解いてみると、
『大事な試合が迫っています、10日で仕上げてください』との付箋が付いてます。
梱包内の乗馬ブーツは、イメージ 2
(うわ、こりゃ相当な傷みやんか)





靴の甲革の内側(内股)に大きな穴が。
ファスナーはバラけています。イメージ 3
革に艶がなくて所々で朽ちています。

現在の仕事の都合からして、10日ではしんどいのですが、お客様は乗馬の世界ではA級ライダーの方、
大事な試合ならばやりましょう!!

まずバラします。
ほんとに傷んだ部分がたくさんありまして、
急がなあきません。間に合いません。
「今日のところはここまで!!」
*********************************************************

靴の修理職人ヒロさんの工房 
          職人  ひろせよういち 

お問い合わせはお電話とメールで!
大阪 06-4306-5216 日曜定休9:00から19:00
職人ヒロが直接お受けいたします、お気軽に!
お問い合わせpc専用メール 
nrc01381@nifty.com 

工房PINOで出来ること。
① 乗馬靴の各種修理と調整。
・ファスナー交換や靴底の補強修理。どんな壊れ方でもお任せください。
②乗馬用チョッパーの製作修理・
 ・本革にこだわる手作りチョッパー。ベストフィットをあなたに!!
③あらゆる靴の修理が可能。
・カンペールの靴、リーガルの靴、MBT、レッドウィングなんでもOK。
④下肢障がい者用の「靴型装具」修理と調整。
・脚長差があって靴の補高を必要とされる方はご相談ください。
  詳しくはお電話で。
⑥ヒロさん主宰。日本「手作りまめ靴」同好会。
・ブログ「手作りまめ靴の散歩道。」
  小さな靴の低い目線の散歩日記です。
いろんなご相談おまちします。

ご相談はお電話・メールで!!
〒577-0807 大阪府東大阪市菱屋西1-24-6
リペアショップ PINO
 代表 職人ひろせよういち
電話 06-4306-5216
pc専用メール 
nrc01381@nifty.com

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事