全体表示

[ リスト ]

仮処分では住民側が敗訴した裁判の本裁判法廷が開かれました。
原告住民側の意見陳述はなく、弁護士さんが要旨を述べられました。

内容は、訴状を検討した被告業者側の反論に対する、再反論です。
産廃浸透水の地中での流れについて、双方学者先生の意見書があります。

学者の意見書を批判するのは弁護士では難しい、ということで裁判所が判断して、だれを証人尋問するかが、待たれます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事