臨床研究のiPS細胞の移植手術

28日、 他人由来のiPS細胞 (人工多能性幹細胞) を、網膜の細胞を移植する手術 ( 目の難病治療に用いる臨床研究 ) が神戸市立医療センター中央市民病院で実施された。 患者は兵庫県の60代の男性で、他人由来のiPS細胞の移植事例は、世界で初めて。 今回の臨床研究 は、網膜の細胞の異常によって視野の中心が暗くなり、悪化すれば失明の恐れもある「滲出型加齢黄斑変性」の患者を対象に実施する 手術は、免疫の拒絶反応が起きにくいタイプの人の細胞からiPS細胞を作製して備蓄。これを網膜色素上皮細胞に分化させた後、この 細胞を含んだ液を網膜の異常部分に注入 し組織の再生を図る。栗本康夫眼科部長(56)が執刀医を務め、予定通り1時間で終了した。 臨床研究の最大の目的は、他人由来のiPS細胞を使った治療の安全すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事