音選街

音楽を中心に勝手にレビューしてます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


イメージ 2

1985年3月8日発売
最高1位
売上63、1万枚
作詞/康 珍化 作曲/松岡直也

イメージ 1

当初、『ミ・アモーレ』の歌詞は後にリリースされた『赤い鳥逃げた』の

歌詞だったというのをご存知だろうか。

イメージ 3

♪赤い鳥が逃げた FLY AWAY

愛のカゴをあけて 空へと

赤い鳥が逃げた FLY AWAY

銀の涙 翼ぬらして

赤い鳥が逃げた 

いつか 二人で見る 夢さがして♪

しかし出来上がりがインパクトに欠けるという事から書き直しとなり

出来上がった歌詞はみんなが知ってる『ミ・アモーレ』である。

♪迷い 迷わされてカーニバル

夢ね 夢よだから 今夜は

誘い 誘われたらカーニバル

腕から腕の中 ゆられて

抱いて 抱かれるからカーニバル

キスは命の火よ

アモーレ〜♪

イメージ 4

さて、『ミ・アモーレ』と言えば、ラストで繰り出される必殺の

アモーレ三連発が名物!

ここを上手く歌えるかどうかでその日のコンディションがわかるというほど

失敗が許されない部分でもあった。

このアモーレ三連発、僕が見た中で最も最高だったのが

第27回レコード大賞!

当時本命視されていたチェッカーズを抑え、あの百恵ちゃんも松田聖子も獲れなったレコード大賞を

史上最年少で受賞!

イメージ 5

壇上に上がりマイクを向けられても

イメージ 7

感極まって、ファンにお礼を言うのがやっと!

イメージ 6

こんな状態で歌えるのかな・・・と思った矢先、時間が無いのか

♪タラララララララララ〜♪

と、ラテン調のイントロが流れ出す。

イメージ 8

いつもならクールに歌う明菜嬢も、この時はよっぽど嬉しかったのか

イメージ 9

こらえきれずにうっすら涙が・・・・・。

イメージ 10

しかしそこはプロ!

イメージ 11

最初こそ涙で声を詰まらせる場面もあったが

徐々に平常心を取り戻し

いつものカッコ良い中森明菜で1番を歌いきった。

イメージ 12

そして間奏に入った瞬間!!

イメージ 13

右端から白い服を着たオバちゃんがステージに上がってきて

イメージ 14


『明菜、バンザイ!バンザイ!』


イメージ 15

それを見た瞬間!

イメージ 16

顔がくしゃくしゃ・・・

イメージ 17

まさかの両親登場に

イメージ 18

完全に“素”の状態に戻ってしまった明菜嬢。

イメージ 19

明菜嬢が声を上げて泣き出す姿を見たのはこれが最初で最後!

イメージ 20

懸命に歌おうとするが涙とおえつが止まらない・・・・

伴奏は無情にも進み、早くもテロップが流れだした。

イメージ 21

そして例アモーレ三連発がやってきた

イメージ 22

これはさすがに歌えないだろう・・・・と、誰もが思ったその瞬間!!

一瞬、顔つきが変わり

イメージ 23

右に左にとエンジン全開のアモーレ三連発!

イメージ 24

渾身のロングビブラートは

どこまでもどこまでも伸びに伸びた!

イメージ 25

見てるこっちも鳥肌がバーッ!

涙がドゥーン!

イメージ 26

あの時のアモーレ三連発は

一生忘れられません!

イメージ 27

それにしても・・・

明菜嬢に内緒でお母さんをスタンバイさせていたとは・・・・

イメージ 28

さすがドラマのTBS!


イメージ 2

1982年11月10日発売
3週連続第1位
売上76、6万枚
作詞/来生えつこ 作曲/来生たかお

イメージ 1

デビュー当時、音楽指導の先生に

イメージ 12

『他のみんなは可愛い、可愛いだ。お前は鏡見てわかるな!歌で勝負だ!』

と、言われレッスンに励んでいたという明菜嬢。

『少女A』が売れた事で清純派アイドルから“ツッパリ”路線へ。

もっとドギツイ歌を唄わせようとする事務所に

烈火の如く猛反対する明菜嬢が目に浮かびます・・・・。

イメージ 8

『セカンド・ラブ』は中森明菜初のオリコン・チャート1位を獲得!

しかも3週連続を2度繰り返す通算6度の1位に輝き

『ザ・ベストテン』に至っては8週連続という不動の1位であった。

明菜嬢の全てのシングルの中で最も売れた曲がコレだ!

イメージ 3

そうでしょ、そうでしょ・・・・。

だって当時はこの曲を聞かない日は無かったから。

イメージ 4

♪恋もに〜どめならっ♪

テレビの歌番組はもちろん、ラジオからも、商店街で買い物してても

♪抱き上げて〜連れてぇって〜時間ごとぉ〜♪

とにかくあっちこっちでかかってた。

イメージ 5

♪あなたのセーターぁ 袖口〜つまんで〜♪

さらに年が明けてもまだかかってた(笑)。

さすがに聞き飽きた。バラードはたまに聞くからいいのだ。

イメージ 9

ある日の『ザ・ベストテン』でのこと・・・・。

この日もまた『セカンドラブ』が1位だったが、登場した明菜嬢は

風邪で喉の調子が悪いらしく、高音が思うように出ないとのこと。

スタッフから口パクで歌うように薦められたが

『それは見ている人に対し失礼!』

と、生で歌ったのだ。

イメージ 6

時折苦しそうな表情を見せてはいたものの

思ったほど聞き苦しいという印象は無く、なんとか無事歌い終わってCMに行く寸前

『ごめんなさい・・・・』

と、つぶやいたのだ。

他に謝らなきゃいけないアイドルは一杯いるのに

真面目で純粋な子だ・・・・

イメージ 11

やがてCMが明けると明菜嬢がナント!

泣いているではナイカ!!

さっきの歌に納得できなくての悔し涙である。

心配をかけまいと無理に笑おうとするあの笑い泣き笑顔・・・。

イメージ 13

なんてイイ娘なんだ!!

イメージ 10

私はこの

『ザ・ベストテン、涙のセカンド・ラブ』

で、中森明菜のファンになりました。

それとこの腰のくびれ!


イメージ 7

ちなみにここまでのシングル

『スローモーション』、『少女A』、『セカンド・ラブ』の3曲は

1人の少女を主人公に見立てた

1年間のストーリーになってるんだとか。

知らなかった・・・・

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事