Lightweight Backpacking Gear

ライト&ファースト、バックパッキングからオートキャンプまで。

GEAR

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

アリゾナ バック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

WOOD STOVEといえば、アリゾナの旅人のエッセイを思い出し、ベルトに付け歩きながら拾った小枝を入れる袋を作ってみました。シルナイロンとチタンホイールで製作しましたが、
ストーブの収納ケースも兼ねています。

WOOD STOVE 2

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

WOOD STOVEの改良型が完成しました。主な改良点は炉の真下に空気孔の小さい穴を多数開けて、ファンを使用しない場合の燃焼効率のUP!
また炉の中に火床を置いて、炉の中の空気の流れを良くするため目的と、ファン駆動部への断熱を兼ねるためです。ファン駆動部は今回シェラストーブのノーマルタイプを少し改造して流用しまし、ゴトクはOD BOXのチタンゴトクを使用。総重量296gでファン駆動部をはずすと180gになります。

燃焼テストの結果は2次燃焼を狙って炉の上部の回りにも穴を開けましたが、チタンの熱伝導率の低さから、空気の上昇を引き起こすまでにまでに、炉の温度があがらず2次燃焼の炎は確認出来ませんでした。しかしミニマムな調理用と考えれば炎の大きさや、燃焼時間などは納得のいくものでした。

WOOD STOVE 1

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

BushBuddyストーブとシェラストーブを参考にウッドストーブを作ってみました。材料は炉の部分にスノーピークのスタッキングマグM600、シェラストーブ、チタンバージョンのファン駆動部、Titanium Goat社から購入したチタンのホイールを使用。
ダブルウオールのスノーピークのスタッキングマグM600の底とサイドの下部にも穴をあけて、チタンホイールで巻き付けるだけです。五徳部分はチタンを折り曲げて、リベットで固定。ボディの下部に空気穴を開けて完成。

ファン駆動部は加工なしでそのまま取り付け可能で、強制燃焼タイプと、取り外してBushBuddyタイプのように使用できます。重量はファン駆動部込みで260g、ファン駆動部なしで170gとかなり計量化できたと思います。

完成後、すぐに燃焼テストをしましたが、ファンを回して強制燃焼させると数分後にリベットのアルミが解けて五徳がとれ、鍋がひっくり返りパニック状態に、ねじ止めにするなどの変更の余地あり。
あとファンを使用しない場合にチムニー効果をねらっているので、全体をホイールに覆われているためファンを取り付けたときに、かなりの熱がこもるようで熱対策が必要だと思われます。

ただいま改良を加えているので後日、ご報告いたします。

Sil Nylon 2

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

GRANITE GEAR(グラナイトギア)のエアグロッサリーバックにヒントを得て
よりシンプルなショッピングバックを作ってみました。

コンビニの袋のデザインを参考にして、シルナイロンを使用して
縫い上げました。持ち手に当たる部分は補強と見た目を考慮して
バイアステープで縁取りしましたが、実際に使用したところ
多少、重量物をいれてみても持ち手の部分が紐のようになって
手に食い込むこともなく、いい感じでした。

重さは23g。普段も使えそうでスーパーやコンビニに持って
いきたいと考えています。

TrailFoods & 3-Cup Bowl Cozy

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

TrailFoods社のフリーズドライ製品、Antigravitygearのコジー用のマニュアルが書かれている。
ボウルコジーを使って、ヌードルを調理してみた。

ヌードルには、パスタとソース、それとソルトもパックされていて重さは95g。
ボウルにパスタを入れて、お湯をいれて5分待つだけだが、コジーの性能を確かめるために
30分待ってみた。

結果は熱々の食事が楽しめた。これならフリーズドライ製品を積極的に使える気がする。
特に冬場だと、冷めやすいシチューやスープ、ラーメンなども温かく食べれるだろう。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事