水彩画 「ひろしのあの町あの家」

初めてなのに懐かしい。そんな古い町や家が好きです。

長野県  松本市 「開智学校」

イメージ 1


安野光雅さんの開智学校の絵に惹かれて、20年近く前に松本へ行きました。そのとき、時間をかけてスケッチしたものの画用紙に収まりきらなかったのを覚えています。富士山でも入るはずの画用紙なのに。
江戸時代からそれほど時間が経っていないのに、こんなに力の入った校舎を建てる意気込みは明治の人ならでは。それに引き換え、大学への交付金削減をし続けている日本の将来は、どうなるのでしょう。

https://art.blogmura.com/watercolors/
ブログ村ランキング応援の一押しお願いします。


.


みんなの更新記事