幡野広志のブログ

写真家、猟師。 ブログ内の写真の無断転用はお断りします。http://hatanohiroshi.com

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


道の駅に駐車して車内で妻が息子に授乳をしていたときに世界平和について考えていたらトラックと乗用車の接触事故を目撃した。

坂道を下っていたトラックの前を走る乗用車が急に減速し道の駅に入ろうと左折したことでトラックが追突。
日頃から運転をしている人ならわかると思うけど、トラックの車間距離不足と前方不注意だ。

大きな衝突音に息子も授乳の口を止めて心配そうに見守っている。

トラックの運転手は前前前世がゴリラっぽいやんちゃなそうな20代男性。
乗用車の運転手は僕と同じくらいだけど、僕より腹が出ているパパさん。
後部座席には小学校低学年ぐらいの少年と未就学前ぐらいの女の子が乗っている。

パパさんが最初に失敗するのは追突されたことで相手が一方的に悪いと踏んでゴリラに怒鳴りにいく。

確かに法律上はゴリラが悪いことになるんだけど、相手はゴリラ。
ゴリラからするとテメーが急ブレーキ踏むからだろうがぁ!!とカッとなりパパをボコボコにする。

パパは慌ててケータイで110番するも、ここは通報しても警官が到着するまで30分ぐらいかかる秘境。
この通報でパパさんはまた失敗する「殴られてるんですよぉ〜 助けてくださーい。」とゴリラを聞こえるように伝えている。

ゴリラの動揺を狙って暴力を止めさせる作戦Aはゴリラの火に原油を注いだだけで余計ボコボコにされ失敗、
警察到着の全国平均時間の7分を耐えればいいという作戦Bもパパは気づいてないけど失敗している。

アスファルトに丸まった状態でボコボコにされるパパがさすがに可哀想になってきたので、止めに行こうとすると妻に必死で止められた。
そりゃそうだ、荒れるゴリラに関わって自分の夫が怪我したり命に関わることになったらたまらない。
息子も「え?お父さんが行くんですか?ここは警察に任せましょう。」って表情で見ている。

止めに行くことを躊躇していたら後部座席にいた少年がゴリラに向かって「やめろ!!パパをいじめるな!!」的なことを叫んだ。

パパと妹を助けるために勇気を出した勇敢な少年だ。少年が大人の階段を一段登った瞬間でもある。
勇敢なんだけど相手はゴリラ、ゴリラはパパから離れて少年のいる車に向かう。

ゴリラの心に息子の声が届いたと思っているのか、パパはうずくまりながら安堵した表情を一瞬見せた。
残念だけど違う、ターゲットを少年に変えたんだよね。
マジで命がけで息子を守った方がいいのにパパにはその気配がない、あんたどこまで失敗するのよ?

必死で止める妻子を置いてダッシュで止めにいったら、他の車からもゴリラを止めるべく数人の男性が出てきた。
みんな考えることは同じだ。

みんなでゴリラをなだめ少年に危害が加わることはなく、パパも軽症の様子。

警察が来れば多分ゴリラは逮捕される。
逮捕されたことでパパの溜飲は下がるかもしれないけど、少年の心には一生残る大きなしこりができたよね。
慰謝料や示談金なんて微々たるものだ。
もしかしたらゴリラにも子どもがいるかもしれない、逮捕されたことで仕事を失う可能性もある。

犯罪って被害者にならないことも大事だけど、加害者にならないことも同じぐらい大事。
トラブルに対する対応力も大切だ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事