幡野広志のブログ

写真家、猟師。 2018年3月 noteに移行しました、https://note.mu/hatanohiroshi

全体表示

[ リスト ]

自己責任論と寄付。

イメージ 1
「自己責任」という言葉が嫌いだ。

男性が得意な問題解決力、女性が得意な相手を理解する共感力のどちらも存在しないから自己責任論が嫌いだ。

溺れた犬を棒で叩きつける行為に辟易とする。
伝染力が強く大人数で叩くから怖い。


どう思われようと気にしないけど、クリスマスなので車内がパンパンになるほどお菓子を買って児童福祉施設にプレゼントに行った。

冷たい自己責任論が伝染するなら困っている人を助ける行為も伝染するって信じてる。
堂々と溺れた犬を叩く大人ではなく、堂々と人を助ける行為ができる大人に成長できて良かった。

自分の子どもにも困った人を助ける人間になってほしい、だからまず親である自分が手本になる。
お昼寝タイムと重なり、いびきかいて眠る息子にも伝わったと思う。

2歳から18歳の子ども約50人がこの施設で生活をしている。
施設には受け入れられる定員があり、現在すでに満員で入所希望の子どもを断らざるをえない状況だ。

保育園の待機児童のように、児童福祉施設も待機児童がいる状態だ。
慢性的な働き手不足が待機児童に拍車をかける。

さすがに施設にいる子どもに対して自己責任論をぶつける人は少ないと思う。
けど施設にいる子どもの親には自己責任論をぶつける人は多いんじゃないかな。

僕は自分の生活に困らない程度のお金があれば十分なので余ったお金はこれからも定期的に寄付していきたい。

施設内ですれ違うたび子どもたちから元気な挨拶をされて幸せな気持ちになる。
メリークリスマス。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

https://youtu.be/i015CDcYemM

2017/12/27(水) 午前 7:11 [ mas***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事