幡野広志のブログ

写真家、猟師。 ブログ内の写真の無断転用はお断りします。http://hatanohiroshi.com

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2

僕、ガンになりました。

父をガンで亡くしているので、自分もガンになるだろうとは思っていたけど34歳は早すぎる気がする。

背骨に腫瘍があり、背骨を溶かすので激痛と神経を圧迫しているため下半身に軽い麻痺も起きている。
自殺も頭の片隅に考えるぐらいの激痛で夜も眠れず平常心を保てなかった。
緩和ケアの医療スタッフと強力な鎮痛剤を開発してくれた研究者のおかげで今は穏やかに暮らせている。

妻と結婚してどう控えめに言ってもかわいい息子に恵まれ、病状を知り涙してくれる友人がいる。
社会人とは思えないほど長期休暇を取って広く浅い趣味に没頭し、好きなことを仕事にした
幸せの価値観は多様性があり人それぞれだけど、僕は自分の人生が幸せだと自信を持って言える。

だから死と直面していても後悔はなく、全て受け入れているので落ち着いている方だと思う。
それでもガンと診断された日は残される家族のことを想い一晩泣いた。

もしも自分の妻や息子がガンになり苦しんでいたら正気を保てないと思う。
自分の苦しみは耐えることができても、自分の大切な人の苦しみというのは耐え難い。
そういう意味で気丈に耐えている妻と母には感心する。

一番の気がかりは当然ながら1歳半になったばかりの息子だ。
父親として教えるべきことが山ほどあるのに、息子に申し訳ないと思う。
学校では勉強や集団生活や理不尽さを学ぶことができるけど、人生で大切なことは僕が教えたかった。


数年前の話なんだけど、狩猟中に山で遭難したことがある。
経験不足と知識不足と体力不足で何もかも不足していたのが原因だ、山を舐めていた。
もともと無い体力をどんどん消耗し太陽も徐々に傾き、とにかく下山しなければと焦っていた。
このときはずっと妻のことだけを考え、心の中で謝っていた。

荷物を軽くしようと必要のないものを山に捨てた。
所持品の中で重量物のツートップが鉄砲とカメラ、どちらも金属の塊だ。
鉄砲を捨てて助かっても警察沙汰&ニュースになり、下手すれば逮捕。
迷いもせず僕はカメラを捨てた。
カメラなんて大量生産品どこでも買える、大切なのは写真であってカメラじゃない。

下山途中に鹿がいたので撃った、若いオスだった。肉を持ち帰る余裕なんて無かったのに獲った。
お腹をあけてレバーと心臓と背中のロースだけ剥ぎ取った。鹿の体内はお湯のように熱く感じた。
恐る恐る血を手ですくい飲んでみると驚くほど美味しかった。
折れかけた心が復活してその後無事下山できた。
迷いもなくカメラを捨てたことと、あのときの鹿の命は今でも忘れられない。

ガンと診断されて一番最初に処分しなければと思ったものが鉄砲だ。
あのとき命を繋いでくれた鉄砲がいまでは邪魔になっている。
死ぬのに鉄砲は必要ない、いま必要なのはカメラだ。

イメージ 3

ガンと宣告されてから毎日息子のことを撮影している。

僕が死んで何年かたって息子が写真を見たとき
「お父さんは僕のことを愛していたんだ。」と伝わる事を願って撮影している。
いまの僕の心境を息子に伝えたい。そのために撮影している。

いい写真ってなんだろうってずっと考えていたけど、
撮影者の伝えたい気持ちが正しく伝わる写真のことなんだと気付いた。

気付くのが遅いけど、まだシャッターが押せるので間に合わなかったわけではないと思ってる。

ガンになることが運命だったとしたら、写真家という人生もまた運命だったのかもしれない。
僕の気持ちを息子に伝える、そのために写真を撮る人生を選んだのかもしれない。
このときために写真を学び続けていたのかもしれない。

好きな被写体を好きなように撮る日々に充実を感じていて、
死と直面することで本当に大切なものが見えてくる。

皮肉なものだけど死と直面することで生きていることを実感する。

いい写真ってなんだろうという答えが見つかったら、生きるってなんだろうって疑問が湧いてきた。
せめてこの疑問の答えを見つけてからしっかり死にたいところ。

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

私は若杉友子さんという方の本を読んでいます。そしてマクロビオティックの元祖は桜沢如一さんというそうです。また、大谷ゆみこさんの本に書かれていますが、雑穀には人間に必要な栄養素が、ほとんど入っているそうです。
ちなみに私は自分がガンになったことも、今書いた食事法で人を助けたこともありません。ただ、今まで読んだ健康法の本の中で、最も納得でき、また著者たちが人生をかけてこの方法を実践しているので、私はこれが健康を保つのに正しい道だろうと思い、ご紹介させていただきました。お節介でしたらすみません。幡野さんが幸せでいられますように。 削除

2017/12/27(水) 午前 11:22 [ ミズアス ] 返信する

顔アイコン

がん患者さんと、ご家族のための心の支援をしています。
生きる希望について参考になりました。

2017/12/27(水) 午後 1:57 [ mas***** ] 返信する

顔アイコン

お大事になさってください。

2017/12/27(水) 午後 1:59 [ nan***** ] 返信する

顔アイコン

緩和ケア病棟・ホスピスの音楽療法士です。私自身も30歳でガンを経験しています。村本さんのツイッターから飛び、こちらの文章を読ませていただきました。お気持ちがとても伝わってきています… 削除

2017/12/27(水) 午後 3:31 [ kaorin ] 返信する

顔アイコン

ツイッターから来ました。心打たれる言葉がいくつもあって、ブログを読みしばらく固まっていました。
私は、ここ五年の間に大切な家族を2人立て続けに亡くしたのですが、2人とも病状発覚から亡くなるまで言葉を交わせる状態ではなく、気持ちを語ることなく亡くなりました。もし2人とも、「自分の人生が幸せだった」と思っていたなら、私はすごくうれしいな、と幡野さんのブログを読んで思いました。たくさんの幡野さんの思いを残してほしいと心から思います。

2017/12/27(水) 午後 8:34 [ gkn*k95* ] 返信する

顔アイコン

> mas*****さん
拝聴させていただきました。
とてもいい番組ですね、ありがとうございます。

2017/12/28(木) 午前 8:27 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> ミズアスさん
ありがとうございます。お節介だなんてとんでもないです。
人間は食べたものでできていますから、食事というのは大切です。
動物の話で申し訳ないのですが、食べているもので肉の味は大きく変わります。肉にそれだけ影響を与えるだから当然内臓にはもっと影響を与えているでしょうね。いまは入院していて食事は変えられないけど退院したら実践して見たいと思います。

2017/12/28(木) 午前 8:30 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> mas*****さん
素晴らしいお仕事ですね。
僕も緩和ケアの医療従事者に救われました。
父がガンで亡くなったのは25年ほど前です、今では考えられないですが当時は本人に告知をしないのが一般的で最後の最後で自分がガンだとしり絶望していたことを覚えています。
告知についても医療が進歩したということなんでしょうけど、患者本人がガンを受け入れることが大事なんだと思います。

2017/12/28(木) 午前 8:34 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> nan*****さん
ありがとうございます。

2017/12/28(木) 午前 10:18 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> kaorinさん
音楽療法士さんですか、初めて音楽療法士という仕事を知りました。
ご自身がガンの経験があればガン患者さんの気持ちが理解しやすいですね。
僕も毎日病院でサポートしてくださるヘルパーさんが子宮癌で闘病して根治した話を聞いて勇気をもらいました。

2017/12/28(木) 午前 10:21 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> gkn*k95*さん

『「自分の人生が幸せだった」と思っていたなら、私はすごくうれしいな』
そう考えられる関係性である時点で、お亡くなりになられたご家族の方は幸せだったと僕は信じます。言葉を直接交わさなくても、あなたの気持ちはわかっているはずです。

2017/12/28(木) 午前 10:34 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> fmj**2244さん
ありがとうございます。足に不自由があるので遠方は厳しいですが体調と相談して見ます。

2017/12/28(木) 午前 10:51 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

幡野さんを知ったのは約1ヶ月程前に狩猟について調べた時です。Twitterやブログを読んで、豊かなヒューマニズムを感じる写真と文章に感銘を受けていました。

鈴木心さん、ワタナベアニさんの写真が好きなのですが、幡野さんの写真も共通する豊かな奥行きを感じます。(それぞれ交流をお持ちなのを後で知って納得です)
そして写真から伝わってくる澄んでいても穏やかな空気感がお人柄を反映しているようで、写真が持つうつす力にも感動しました。

幡野さんの文章にはドキッとさせられることも多く、読むたび小さい自分を省みるきっかけになっています。また色んな方向からの声にも丁寧にユーモアも交えて対話される姿勢には感嘆するばかりです。
ブログで幡野さんの生き方に触れられて、確実に私の価値観は良い方向に更新されています。自分の五感と想像力を働かせて現実をつくるDIY精神。
本当に感謝しています。ありがとうございます。

いつかファンミーティングできるまで隠れファンでいるつもりでしたが、今回どうしても気持ちを伝えたくてコメントさせて頂きました。どうか、お大事になさってください。心から応援しています。 削除

2017/12/29(金) 午前 7:40 [ そのこ ] 返信する

顔アイコン

> そのこさん
> そのこさん

心さんとアニさんと共通するものが僕も持てたのだとしたら嬉しいですね。

2人ともかっこよくてユーモアたっぷりなんですよ。
その影響があって、僕も少しだけ似ることができたのかもしれないです。

二番煎じみたいな僕がそのこさんの価値観にいい影響を与えたことができたのならば、嬉しいことです。そしてそれを教えてくれてどうもありがとう。

生きていて良かったと思いました。

2017/12/29(金) 午後 7:45 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

好きな写真家同士の実際の繋がりを見つけて嬉しくなって一番肝心なことを言いそびれました。

幡野さんの日々の写真がとても好きです。でも見るたび少し落ち込んでいました。毎日を真剣に生きている人にしか撮れない写真だと思うからです。
私は少し前からカメラを持ちはじめたのですが、豊かな写真を見れば見るほど、自分のしょうもない自意識まみれの写真に嫌気がさして最近は撮ることも、生活も、おざなりにしていました。(そもそもプロと比べるのがおかしいのですが)
でも今回幡野さんの写真と文章を改めて見直したら、もう器の違いに腐っていないで、自分は自分で毎日真剣に生活に臨んで、心が動くときを撮り続けていこうと思えました。そしていつか幡野さんのような、積み上げた生活や人を慈しむ写真が撮れる人になりたいです。やっと自分が納得できる撮る理由が見つけられました。

返信いただけたのが嬉しく調子にのりました。しつこくすみません。本当はもっと感謝を伝えたいのですがきりがないのでひっこみます。これからも幡野さんの写真を楽しみにしています! 削除

2017/12/29(金) 午後 11:30 [ そのこ ] 返信する

顔アイコン

幡野さんの文章と写真に惹かれて、以前から拝見していました。
私にも1歳半の息子がいますが、息子が生まれてから自分の死について…死というよりかは息子との別れについてかも知れませんが、漠然と考えるようになりました。その時に思うのは悲しみでしかなくて…
でも、息子と一緒にどう生きて行くのか、なにを伝えていくのかを考えなくてはいけませんね。大切なことに気づかせていただき、ありがとうございます。
幡野さんのが撮られる息子さんの写真は、父親でないと撮れない写真ですね。息子さんの眼差しからそう感じます。これからも、幡野さんの文章と写真を楽しみにしております。 削除

2017/12/29(金) 午後 11:54 [ kanacco ] 返信する

はじめまして。私も20代でがんになりましたが医療の進歩で何年も生きられています。辛いことも多いと思いますが日々日々医療は進歩していますので、少しでも励みになればと投稿しました。ステージ4でもがんばっている山下弘子さんや35歳以下の若年性がん患者会STANDUP!!など読むと元気をもらえるのでよかったらネットで検索してみてくださいね。

2017/12/30(土) 午前 4:18 [ coo**c08 ] 返信する

顔アイコン

> そのこさん

全然しつこくないですよ、暇人なので助かります。

当然ながら僕も最初から写真が撮れた訳ではなく、人と比べて自己嫌悪したこともあります。人から笑われたり揶揄されることも多いです。
でも僕は他人からの悪意も自分自身からの悪意にも耳を貸さないようにしています。

今のそのこさんのように、自分のしたいことをした方がいいと気づけて今に至っています。
小さなことの積み重ねです、少しづつ少しづつでいいのだと思います。
疲れたら無理に写真を撮る必要はなくて少し休んでください。

写真に大切なことは好きな映画や音楽や本を読むことだったり、
日々の出来事やニュースに心を痛めたり、喜んだりすることです。

一番ダメなのは写真の撮り方的な本を読むことです。
これだけはやめましょう。

もしわからないことがあったり、僕で答えられそうなことがあったら生きてるうちにメールください。

2017/12/31(日) 午前 8:11 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> kanaccoさん
うちの子どもと同じ年齢ですね。
自分の死を思い、子どもに何を残すかと考えたとき、一番最初に思いつくのはお金だと思います。
確かに生活のためにお金は大切です、もちろん僕もその辺は手を打っていますが、一万円というのは当たり前ですが一万円の価値しかありません。
僕が残した一万円札を売り出したら10万円の価値がつく訳ではないです。

お金以外で自分にしか残せないものはなんだろうって考えると「自分の人生で得た、伝えたいこと。」に行き着きます。

僕は時間がないので一生懸命、少ない知恵を絞って考えていますがkanaccoさんはまだ時間があると思うので暇な時にでも考えてみてください。
結果それが子育てにも生きます。

2017/12/31(日) 午前 8:19 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> coo**c08さん

ありがとうございます。

iPhoneが発売されて10年、社会生活が進化したのと同様に医療はとてつもなく進歩しています。
希望を捨てずに頑張りますが、同時に最悪のケースも想定して動かねばなりません。
若年性がん患者会のこと調べてみます。ネットでなんでも調べられたり、同じ境遇の人と繋がりを持てたりするのも社会が進歩したおかげですね。

2017/12/31(日) 午前 8:23 [ 幡野広志 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事