幡野広志のブログ

写真家、猟師。 2018年3月 noteに移行しました、https://note.mu/hatanohiroshi

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

お父さんはいま34歳です、優くんはいま16ヶ月です。
これを読む優くんは何歳になっているかな?

先月お父さんの体にガンという大きな病気が見つかってしまいました。
ガンという病気にはいろいろな種類があるのだけど、
お父さんのガンは残念ながら現在の医学では治すことができないものです。
少しでも元気になって優くんとお母さんとまた一緒に遊べるように一生懸命頑張っています。

優くんに教えてあげたいことがお父さんにはいっぱいあります。
でも、もしかしたら優くんが大きくなる頃にはお話しができないかもしれないです。
だからここに優くんに伝えたいことを手紙として残します。

きっと優くんが小学生になる頃にはスマートフォンを持っていると思います。

「子どもにはまだ早い、昔はこんなものなかった。」って親戚や先生や大人が言うかもしれないけど、
大人が使っている便利なものを子どもが使っちゃダメなんて理不尽だし、矛盾してるよね。
この理不尽や矛盾っていう難しい言葉の意味もスマートフォンがあれば調べることができるんだ。

スマートフォンを使ってわからないことをいっぱい調べて勉強して、世界を広げてください。
スマートフォンを使っていつでも好きなときにお父さんからの手紙を読んでください。
お父さんはいつもここから優くんに笑いかけてます。

お母さんに小学生になったらスマートフォンをプレゼントするように言っておきます。
子ども向けのスマートフォンじゃなくて、お母さんと同じiPhoneがいいとお父さんは思ってます。
使い方がわからなくてもお母さんが教えてくれます。

優くんが生まれてすぐにお父さんとお母さんが贈ったプレゼントがあります、それは名前です。
名前を決めるときにお父さんは3つの名前を考えて、お母さんがその中から優という名前を選びました。

でもお父さんは最初からどうしても優という名前にしたかったから、
残り2つの名前はおばあちゃんの家で飼っている二匹のネコの名前にしました。
だからお母さんは優という名前を選ぶしかなかったんだ。

お父さんはいままで沢山の人と出会ったけど、
尊敬できる人だと感じた人達はみんな強く優しい人でした。
お父さんがお母さんと結婚した理由は、お母さんがとても優しい人だからなんだよ。

優くんにも優しい人になってほしいと願って名前をプレゼントしました。
でもいくら願いを込めて名前をつけても、それだけで優しい人になれるわけではありません。

優しい人になってもらうには、お父さんとお母さんが優しい人になるように育てなければいけません。
優しい人に育てるには、お父さんとお母さんが優しい人でいなければいけません。
お父さんは強い優しさを、お母さんは温かい優しさで育てなければなりません。
だから優という名前はお父さんとお母さんが親になるための決意でもあるんだ。

人の失敗を喜ぶ冷たい人が世の中にはいます、
自己責任や自業自得という厳しい言葉で困っている人を助けない人がいます。
冷たい人は周りの人から同じように冷たくされてきたのだと思います。

優しい人というのは人の体や心の痛みを理解できて、
自分でできる方法で手をさしのべることができる人です。
困っている人がいたら相手のことを想い、自分に何ができるか考えてみてください。
できることが見つからなかったり、わからなかったらそばに寄り添ってあげてください。

そして優くんも体や心が痛くなったり、困ったことがあったらすぐに助けを求めてください。
テストの点数が悪かったり運動が苦手でもお父さんは怒りません、
強く温かい優しい心を持ってください。

お父さんの広志という名前はお父さんのお父さんがプレゼントしてくれたんだ。
広い志(こころざし)を持つ人になってほしいと願ってつけてくれたんだ。
志の意味はスマートフォンで調べてね。
お父さんが写真や狩猟やたくさんの広い趣味を持っているのも、この名前のおかげだと思う。

これからも優くんは色々な人からプレゼントを貰うと思います。
みんな優くんに喜んでほしいと思ってプレゼントしてくれています、感謝する心を忘れないでください。
人からの優しさには、優しさと笑顔で返してあげてください。


お父さんからの名前のプレゼントのお話でした。
また書きます。

この記事に

閉じる コメント(7)

とても心に沁みました。
余計な事かもしれませんが、出来れば動画でも、優くんへのメッセージを残してあげてください。

2018/1/5(金) 午後 11:05 だいくみや 返信する

> だいくみやさん
ありがとうございます。
動画ですか、いいですね。
動画は素人なんですが、頑張ってみたいと思います。

2018/1/6(土) 午後 6:39 [ 幡野広志 ] 返信する

なける、きっと幸せな息子さんですね、

2018/1/12(金) 午後 5:23 [ fuj*m* ] 返信する

顔アイコン

> fuj*m*さん
お父さんがいなくなっちゃうから幸せかどうかはわかりません。
ただ確実に寂しいだろうと思います。
僕は息子の幸せを願うばかりです。

2018/1/12(金) 午後 5:45 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

以前医療環境管理士の勉強会で、緩和病棟にパチンコ台が置いてあるという話を聞きました。
座るのもままならなかった人が、1時間以上もパチンコ台に座って楽しんでいたそうです。
病気は本来の自分に戻ることを気づかすためのメッセンジャーとアメリカでは捉えられているようです。
私は幡野さんに撮っていただいた写真を村本さんに送りたいです。
自慢の笑顔を可愛く撮ってください。 削除

2018/1/24(水) 午前 0:15 [ 砂金正子 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
Twitterで拝見してブログを読まさせていただきました。

私は5年前に父が癌で余命宣告を受け1年間家族で闘病をしました、癌の治療、抗がん剤、調べれば調べるほどあの時あの治療で良かったのか?あの判断で良かったのか?今だに答えはみつからないです。

ただその1年家族で過ごした時間が今はとても大切なモノになりました。

僕は若い頃から親不孝で家にもろくに帰らず忘れていたのですが最後に父の手を握った時に自分でも驚くほど昔の記憶が溢れました。心が覚えていたのかそれは「すごく懐かしい手」で抱きかかえられた事、手を繋いだ事、頭を撫でられた事を強く感じました。

今でもあの手をひどく懐かしむ事がよくあります。

手形を残しては如何でしょうか?
息子さんが手を繋げるように。

私も2歳の娘を持つ父ですのでブログを拝見して言葉が刺さりました。

これからも幡野さんのブログを拝見させて頂きますね。

幡野さんご自身とご家族の方がどうか幸せな時間を過ごせるように心から応援しております。 削除

2018/2/12(月) 午後 8:19 [ 牡丹一誠 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。愛のあふれるお手紙に感動しました。どういう想い込めて名前をつけてくれたのかを、こんな風にお父さんからきけること、きっと優くんの生きる勇気になると思いました。


とても余計なお世話ですが、手書きの文字で残されたものも、私は嬉しかったです。文字の形も大きさもその人だけのものだから。 削除

2018/2/14(水) 午後 9:56 [ ひとみくみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事