幡野広志のブログ

写真家、猟師。 2018年3月 noteに移行しました、https://note.mu/hatanohiroshi

全体表示

[ リスト ]

引っ越し。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

僕が死んだときになにかと便利なので妻の実家の近くに引っ越しをした。
義実家から徒歩6分、地獄が近づいた気分だ。
死んだらせめて天国に行かせてほしい。

梱包も荷ほどきも出来ないので引っ越し屋さんにお願いしたら、通常の3倍の料金がかかった。
良いサービスというのは高くて当然で、本来そうあるべきだ。

それを理解しつつ営業マンと値下げ交渉をした。
どこまで値段を下げられるのか試したかった。
結果、ルンバが一台購入できるぐらい安くなった。

無理な値下げをするとしわ寄せが現場作業員に行くけど、
値下げしなかった場合の利益が現場作業員に届くわけでもない。

値下げした金額の半分を現場作業員にチップとして1人づつに手渡した。

プロだからチップの有無で仕事の質は変わらないなら、なおさらチップがあった方がいいよね。

ここの業者がそうだとは思わないけど、引っ越し業界のブラックぶりは認知されつつある。

若い人がサービス残業で低賃金なのがデフォルトになりつつある社会に僕は疑問を感じる。

ネットで不買運動を煽ったりバッシングするのは逆効果だ、
溜飲は下がるかもしれないけどさらに働く人にしわ寄せが行く。
怒り矛先で貫いた結果を考えなければ意味がないのだ。

消費者の考え方で働く人が楽になるような気がする。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

> nop*o*in*さん

糖質がガン細胞の栄養になっていることは存じております。
しかしながらこのサイトには少し問題があるように感じます。

末期ガンで病院が見放すというケースは非常に稀です、ほとんどありません。
それがここで治るとは僕には疑問があります。

全体の症例数と死亡率、完治率を提示していなければデータとして不十分です。治療方法と根治の因果関係も立証されません。

この手のものはすでに何百件と紹介されています。
そしてこの手のものを有償で僕のブログで紹介してほしいと依頼もきます。

これは典型的な藁にもすがる患者さんを囲い込むようなものですね、僕はあまり感心しません。

2018/2/14(水) 午前 1:43 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> のっぽてぃーなさん

医師が手の施しようがないと言うならそれは優しさです。
病院からすればどんな状態の患者であれ治療をしてしまえば売り上げになります。

それにもかかわらず施しようがないと伝えるのは、患者の尊厳やQOL(生活の質)を考慮したものです。

本来であれば緩和ケアを紹介して、痛みや心理的苦しみを取り除くべきですが
、残念ながら医師は患者を緩和ケアへ紹介したくないという心理もあります。

私自身も抗ガン剤治療は否定的です。
末期ガン患者に抗ガン剤投与など理解できません。

ガン細胞が糖を栄養に増殖することも存じています。
その性質を利用した検査もあります。

2018/2/16(金) 午前 1:28 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> のっぽてぃーなさん


その上で僕が何を問題視しているかと言いますと、希望を失った患者さんにとってのっぽてぃーなさんのようなコメントは喉から手が出るほどの情報で、救世主になり、希望が生まれます。

それに対して責任を取る覚悟があるのかということです。

健康保険適用外ならば高額の治療になります。
借金を抱えたり、家族に残すお金を失うケースもあります。

末期状態では収入も失います、完治した後の生活基盤はどうするのか、そこまで考えて紹介をしたほうが僕はいいと思います。

民間療法で苦しんだ遺族を取材して感じたことです。

2018/2/16(金) 午前 1:29 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> emi*****さん

これでガンが治るのですか?
それならば全ての治療を中断して、こちらに切り替えますよ。

その結果の責任がとれますか?
医者は医療訴訟のリスクを背負っています。

この療法自体を否定はしませんが、安易なアドバイスは否定します。

2018/2/22(木) 午前 11:29 [ 幡野広志 ] 返信する

残念ながら天国なんて行けないですよ〜
趣味のためにたくさんの動物達を手にかけたのだから楽には行けないですよ。
まぁせいぜい頑張ってください。
楽しみにしていますね。

2018/3/27(火) 午前 5:14 [ えりな ] 返信する

顔アイコン

> えりなさん
通りすがりですが、死を前にした人に向かってあなたのような態度をとるその神経に憤りを感じます。相手がどういう人であってもあなたが笑いながら楔を打つ理由にはなりません。吐き気がするし、憎しみさえ感じます。二度とこのようなコメントしないでくださいね。 削除

2018/3/29(木) 午後 7:31 [ 通りすがり ] 返信する

> 通りすがりさん
がんを克服できるといいですね。頑張ってくださいと書いているのですよ。ブログ楽しみにしていますと。

あと私はビーガンではありません。ブログ主の方はビーガンを貶めたいみたいですね。まぁ、動物達を殺して、捌いて、快楽を得る、なんて素敵なブログではありませんか。
私は害獣駆除のような狩猟は仕方ない事だとは思っています。
しかし趣味の狩猟、屠殺、解体はあまりいい趣味とは思えません。
肉食動物が他の動物を食べるのも問題などありません。
ただ快楽の為に狩猟するのは良くないですね。
私はビーガンではありませんがお肉は月に2~3回くらいしか食べないです。人間は肉食動物ではありません。

2018/3/30(金) 午前 7:11 [ えりな ] 返信する

あと、動物を殺して首を切った写真、皮を剥がした姿、内臓を抜いた姿、鹿の下顎や顔を弄ぶ、そんな写真をブログに載せて、尊厳とか言わないで欲しいです。

2018/3/30(金) 午前 7:27 [ えりな ] 返信する

> えりなさん

質問箱にまでありがとう。

ツイッターにも書いたけど、あなたは僕に対する名誉毀損という犯罪行為をしています。

これ以上、中傷を続けるならば刑事、民事両方の法的手段を取ります。

ネットが匿名でないことはもはや常識です。

僕は実名でやっていてしかも死を目前にしているので怖いものはありませんが、あなたにも生活があり、家族もいるでしょう。

ご自重なさってください。

2018/3/30(金) 午後 10:36 [ 幡野広志 ] 返信する

私は1つも名誉毀損になるような事は言っていませんが、よく読んで頂けないでしょうか。

Twitterは拝見しましたが、質問箱は知りませんし。質問箱に質問した方が公に公開したのではなく、公に公開したのは貴方ではないですか?
しかも侮辱ではなく質問して、個人の感想を言っているだけです。

あなたは狩猟免許を持ち猟銃を所持し、死を目前にしているので怖いものはありませんというのは脅迫なのでしょうか?

2018/3/31(土) 午前 4:10 [ えりな ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事