幡野広志のブログ

写真家、猟師。 2018年3月 noteに移行しました、https://note.mu/hatanohiroshi

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2

92歳になる妻の祖父が入院した、マジやばい。

ずっと畑が生きがいだったけど2年前に家族から危ないと止められた。
若々しいおじいちゃんは生きがいを無くしたことで、どんどん老いていった。

おじいちゃんは畑の上で死ぬことが幸せなのではないかと思う。
畑を止めさせたのは長生きしてほしいという善意が根底にある優しさなんだけど、僕は優しい虐待だと感じる。

長生きを目的にするのは間違いだ、幸せになるのが目的で長生きは手段にすぎない。

畑作業の合間に妻が妊娠したことを伝えたとき、おじいちゃんは本当に幸せそうだった。
おじいちゃんは僕の顔をみるなり「幡野さんは大丈夫か?心配だ。」と涙を流した。

死を覚悟した人間って自分のことよりも残る人の事が心配になるものなんです。
おじいちゃんは覚悟している、僕には良くわかる。

死を覚悟したおじいちゃんに「頑張って良くなってね、大丈夫だから。」という家族の励ましが僕にも投げつけられているようでつらい。

根拠のないレトルトカレーみたいな励ましよりも、心配していることを聞いてあげて心を楽にしてあげて欲しい。

この励ましは、患者のためではなくて言った本人が自分の心を落ち着かせるために言っている。
遺族となる人の悲しみはよく理解できるのだけど、それは時間が癒してくれる。

耳の遠いおじいちゃんに大声で「僕もすぐ逝くからあの世で会おうね!!」と言ったら看護師含む全員からホワイトな目で見られた、切ない。

僕はあの世なんて信じていないけど、少しでもおじいちゃんの不安が薄まればと思ったウソだ。
同じウソなら「僕のガンは治りそうだよ。」と言えば良かったのかもしれない。

どちらにしても後悔が残りそうなウソだ。
遺族というのは後悔からは逃げられないのかもしれない。

この記事に

閉じる コメント(20)

8才の時に脳梗塞で母を亡くしました。私を出産後、体が弱くなった母は入退院を繰り返していた為か死の覚悟ができていたのかもしれません。私に初潮がきた時の対応方法を教えてくれましたが、小2の私にはちんぷんかんぷんでした。早く亡くなってしまった母を恨みました。今は母に会いたくて会話したくてしょうがないです。

2018/2/13(火) 午後 0:32 [ shi***** ] 返信する

主人ががんになり息子も難病を患っていた時「ご主人はどう?」「息子さんはどう?」と度々聞かれた
「スーパーの中でそんなこと聞かないでよ」と思いながらも、あまりに心配そうに顔を覗き込んでくるから、仕方なく答える
すると大抵は最後まで聞かず「きっと大丈夫よ」とか「神様は乗り越えられない試練は与えないから」とか言って去って行く(苦笑)
勝手に聞いてきて勝手に励ましたつもりになって去って行く
なぜそうなるかは、動機が自分の中のモヤモヤを解消したいだけだからだ
脳の空白(疑問に対する答えの出ていないモヤモヤした状態)を解消したいのは人の本能
だからモヤモヤが解消すれば脳は満足するから、この話題はもうクロージングしたいのだ
そして本人は無意識だから、悪げもなく繰り返す
さらにやっかいなことに「善意」という名のベールを被ってるから、こちらは反論できない
だからひたすら傷つき
結果「どうせ、誰にもわかってもらえない」と心を閉ざす
相手を励ますために相手の心に寄り添う事と自分のモヤモヤを解消するために相手の心に踏み込むことは違う
「偽善」という名のレトルトカレーを押し売りすることは

2018/2/13(火) 午後 0:35 [ りり ] 返信する

このことを意識することで、少しは防げるのではないかと思う
自戒を込めて

2018/2/13(火) 午後 0:39 [ りり ] 返信する

顔アイコン

> shi*****さん

胸が痛くなるコメントですが、真理だと感じました。
親が子のことを想い言葉や物理的なものなど何か残そうとしても、子としては親が一緒にいて欲しい、それが願いです。

2018/2/14(水) 午前 0:06 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> りりさん

心中をお察しします。
本当に大変でしたね、だいたいそういう人って急に小さい声になって聞いてきませんか?

この手の方々は笑ってしまうほど、共通点があります。

ワイドショーを見て喜んだり憤慨したり、他人事をを自分事のように勝手に勘違いして興味本位で聞いてくる人にはうんざりです。

しかしおっしゃる通り善意が前提なのが厄介。
これを無下にすると途端にこちらが悪者になる。
一種のリンチですよ、泣きっ面にハチです。

このハチの針で苦しむ方が多いので僕はどんどん発信していって、少しでもハチの針が抜けるように努力します。

2018/2/14(水) 午前 0:11 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> はるさん

コメントありがとうございます。
遺族というのはどんな選択を選んでも後悔をするものです。

余命告知を伝える事で取り乱していたかもしれません。
真面目に治療をしていなかったらもっと苦しんだかもしれません。

厳しい事を言うかもしれませんが「かも」と後悔をするのは無駄です。
亡くなったご主人はあなたの後悔を望んでいません。
大切な人に自分の死で後悔などして欲しくないのです。

亡くなる人間が家族に願うことはしっかり前を向いて生きてほしいことです。

あなたの選んだ選択は間違っていません、正しいのです。
しっかりしましょう、時間が癒してくれます。

そしてご主人との幸せな時間だけを思い出してください。

2018/2/14(水) 午前 0:20 [ 幡野広志 ] 返信する

> 幡野広志さん
社会人になってやっと早死にしてしまった母の辛さがわかるようになりました。私の成長を見守りたかったとわかり、自分の事しか考えていなかった事を恥じました。
母のどんな気持ちでもいいので知りたくて形見を探し、イタコの方に降ろしてもらうことも考えています。
幡野さんのように素晴らしい写真や文章がみれる息子さんは自分を保てると思います。生きていてくれるのが一番ですが…

2018/2/14(水) 午前 9:38 [ shi***** ] 返信する

顔アイコン

ホワイトな目に笑いました。
みーんな、それぞれの生き方があるんだなぁ。

おじいさまは、こんな感じてくれるお孫さんがいて、幸せなのではと思います。

みんないずれはあの世で会えますね😊
それを楽しみに
みんなに会えるのを楽しみに今日も生きます。 削除

2018/2/14(水) 午後 7:57 [ ゆりえ ] 返信する

顔アイコン

患者様の意向を受け止めて、患者様が望んでいる支援ができるように、研鑽していきとうございます。患者様やご家族の心配事をよく聞き心を楽にする事が最も必要な支援だと私も思います。率直なご意見が今後の支援活動に反映できるようにいたします。 どうかお大事にしてください。
追伸、義祖父様のお写真とても生き生きしていて、お世話好きの人柄が伝わってきました。畑仕事が大好きだったのですね。 削除

2018/2/14(水) 午後 7:59 [ 砂金正子 ] 返信する

死に行く事って…産まれてくるのと同じくらい神秘ですよね。

両者の違いは、心と記憶と出会ってきた人の数なんだろうな…と。
優しそうなおじいちゃんです😃
きっとこれまで、たくさんの人に幸せを与えてきた方なんでしょうね🎵


私個人の性格でしょうが、ありのまま、そのままも愛のある優しさの1つだと思います

でも、病院では、患者さんが回復する事を願って看護にあたっているので…幡野さんの発言はやっぱりホワイトな目になってしまうのでしょうね(笑)

2018/2/16(金) 午前 1:01 [ り〜やん ] 返信する

顔アイコン

> shi*****さん

相手の立場に近づいてみないと判らないことがたくさんあると思おいます。
子を小さくして亡くなってしまう親の心情はおそらく誰でも同じだと思います。
それは今の僕が毎日考えることでもあります。
お母様はしっかり生きてほしいと、そう願っていたと思います。

2018/2/16(金) 午前 1:03 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> ゆりえさん

あの世で一緒に畑でも耕そうかと思います。
死んでるから腰痛もないだろうし、時間もたっぷりあるだろうから一から教えてもらいます。

2018/2/16(金) 午前 1:05 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> 砂金正子さん

ありがとうございます。
患者の望むことは患者により違います、それだけに画一的な対応は難しく医療従事者を含む第三者が聞き出すことや、気持ちを汲み取ることは難しいと思います。

家族の考え方を変えることが大切だと僕は思います。

2018/2/16(金) 午前 1:08 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> はるさん

素晴らしい、いつかたくさんお話をしてください。
話のネタが尽きないようにたくさん経験してください。

2018/2/16(金) 午前 1:10 [ 幡野広志 ] 返信する

顔アイコン

> り〜やんさん

そうですね、とても神秘的でありつつも日常の一部だとも思います。

医療従事者へ取材を進めていますが、看護師は助からないだろう患者に対しては無駄な治療で苦しめたくないと思う傾向が医師よりも強いです。

僕がホワイトな目で見られたのはガンということが見た目では判らないので「こいつ何言ってんだ?」って感じだと思います。

そう信じたい笑

2018/2/16(金) 午前 1:15 [ 幡野広志 ] 返信する

> 幡野広志さん
なるほど❕ですね…
実は私も医療従事者です。
たしかに、これまで何度も旅立つ方の門出を見届けてきましたが…

幡野さん目線の物事の見方もありますよね…

私の勤務先は個人病院なので、抗がん剤治療の範囲に限界があり、当院から、大きな病院へ治療を受けに行く患者さんも少なくありません。
抗がん剤治療以外は、当院でフォローするという形なのですが…

その患者さんが、時々顔を出してくれるのが、私の楽しみになっています。

『楽しみだなんて不謹慎だ…』って思う人もいるかもしれませんが💦

自分でもなぜなのかよくわかりません…💦
ただ思う事は、どんな形であれ、死は避けられません。
一生の中のほんの一秒でも、一緒に笑う事ができたらなぁ…という気持ちからですかね…

2018/2/16(金) 午前 7:11 [ り〜やん ] 返信する

顔アイコン

> 幡野広志さん
おはようございます。「家族を変える」まさにこの事が、患者さんにとって今早急に必要とされている希望のようです。
周囲の方が、がんというものの知識がないにもかかわらず、がんの告知を期に、患者さんに対する接し方が、「がん患者だから」というレッテルを貼られてしまう事が問題なのだと感じるのです。
幡野さんの、ブログはその事へのメスだと感じています。
私にとってとても良い学びのツールであり、感謝しています。
ガンと心の関係について、しっかり考察して、自信を持って、患者様とご家族への支援の為精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。 削除

2018/2/16(金) 午前 8:44 [ 砂金正子 ] 返信する

はじめまして。偶然に拝読している53歳バツイチ女です。先月大学を卒業し、就職した一人娘とは離ればなれ。憎まれているようです。10歳の時に私に断りもせず元夫が実家近くの小学校に転校と引っ越しをさせ、同時に私の実家の家業も倒産破産競売と重なり、私は居場所も繋がりも断たれ人生最悪、所持金5万だけの時がありました。私立育ちの自分への教育費も実家の破産の原因と思い、娘を留守番させて働いてばかりいたので、夫が娘を連れて実家へ帰り、当然離婚届けが弁護士事務所から届いてから13年目の4月です。あれから夜の仕事も昼の仕事も掛け持ちでやるしか食べていけず子宮癌も7年前に手術。いまは別の疾患で夜の仕事は休み、ほんとに食べるのに大変で死にたいくらい。そんなとき、娘から産んでもらったことだけは感謝してるとメールがきました。ほんと辛い。色んな人が生きて病になりますね。だけど、奥さんのおじいちゃんの生き甲斐を奪う件は理解します。生きる長さより、満足して生きる深さ。心や脳が命と直結してると思ってます。

2018/4/8(日) 午後 8:20 [ colonna ] 返信する

当然→突然のミスでした。

2018/4/8(日) 午後 8:23 [ colonna ] 返信する

すみません、うまく書けませんでしたので削除してくださいね。おじいちゃんには生き甲斐をあたえてほしいです。

2018/4/8(日) 午後 8:26 [ colonna ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事