幡野広志のブログ

写真家、猟師。 ブログ内の写真の無断転用はお断りします。http://hatanohiroshi.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

女の子からの手紙。

イメージ 1
イメージ 2

日中は病室ではなくロビーで過ごすことが多い。
点滴をした高齢者だらけのロビーでMacBookを開いているので、看護師からはとんだ意識高い系患者が入院したと思われている。
病室には子どもは入ってはいけないというルールがある。
抵抗力が弱いからか、騒いでしまうからなのかルールの理由は分からない。
親が見舞いに行く間、ロビーでヒマそうに待つ子どもは点滴の老人よりも、意識高い系患者に興味をもちチラチラと見てくる。
そこで素早く手品を披露してあげるんだけど、昨日はスプーンちぎりを披露したら前歯2本抜けた笑顔で喜んでくれた。
ちぎれたスプーンをプレゼントしたらサインを求められたので書いたら「おじさんって字が下手だね。」と言われた。
ほっとけ!
スプーンの曲面に文字なんて書いたことないわ!

ってことをFacebookに投稿した次の日に前歯が2本抜けた女の子から手紙をいただいた。

イメージ 3

『おじさんへ いつもあそんでくれてありがとう これからあえなくなるけど わたしのことわすれないでね』

なにこれ、泣けるんすけど。

字が下手だねって僕をディスった言葉と、忘れないでねって言葉をそっくりそのままお返したい。

僕のこと忘れないでね。

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

イメージ 1

幡野トーク#1 開催のおしらせ

日時
18年1月27日
15:00 会場
15:30 開演|18:30 終演
途中休憩あり

場所
amana square session hall
東京都品川区東品川2-2-43

参加の方はイベント運営のためにこちらのアンケートにご回答ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガンで死ぬかもしれないけど人生の〆切日が決まっただけで、
〆切に向かって「死を生きる」という作品の制作すればいいだけだと気づきました。
幸いなことに僕の心は健康で前向きに死に向かって生きています。

なるべく多くの方と会って伝えたいです。
時間が有限ということに気づかされたいま、全員の方と会うことが難しいですが、
127日に退院する日、トークイベントという形でみなさまにお会いしたいと思います。

入場料は無料です。その代りに募金をお願いしてもよろしいでしょうか?
募金はキャンサーペアレンツと呼ばれる子育て世代のガン患者や子どもを支援する活動に当てていきます。
社会に生かしてもらっているいま、少しでも社会の役に立ちたいと考えています。
そして一部は僕の経験を文字、音声、写真、映像で保存し将来、
息子を始めとする多くの方に活用できる様資料化する制作費用にも活用させて頂きます。
イベント内で具体的に用途をお伝えいたしますので、その上でご判断いただければと思います。
会場に封筒を用意しますので金額は自由、無記名です。もちろん0円でも一向に構いません。

50名程度を予定していますが、場合によっては人数を増やすことも可能です。
子どもが休めるスペースや授乳スペースも用意しますので、お子さんがいらっしゃる方もぜひ。
うちも小さな子どもがいて、現役保育士の妻もいるので安心してください。

それでは、皆さまにお会いできる事を楽しみにしています!


*参加の方はイベント運営のためにこちらのアンケートにご回答ください。





この記事に

開く コメント(0)

ホームレスの小谷さん

イメージ 1

ホームレスの小谷さんがお見舞いに来てくれた。
会いたいと口に出した23時間後には目の前にいる、フットワークの軽さに驚いた。
小谷さんは面白い人だ、面識はなかったので共通の友人を介したのだけど、その共通の友人も面白い人だ。
面白い人というのは不思議と面白い人たちで集まる。
お金がお金のあるところに集まってお金持ちがどんどんお金持ちになるように、面白いひと達はどんどん面白くなる。
お金が経済的な裕福の象徴なのだとしたら、面白さは心の裕福さの象徴だ。
どっちがいいとかじゃなくて、どう考えてもどっちもあるといいよね。
僕の知ってるお金持ちってみんな性格よくて優しい。
金持ちだから性格が悪いなんてドラマの世界だ。
ここまで書いて思ったけど、そもそも金持ちって面白い人多いな…。
小谷さんとはじめてあったけど、小学校の友人のように話せる。
人の人生や価値観を聞くのが僕は好きだ。
自分の人生で得られる価値観というのは狭いけど、人の価値観はそれを広げてくれる。
本を読んだり映画を見るような感覚に近い。
2人で記念写真撮りたかったけど、撮影は自分がしたいというワガママボディーなので僕の遺影を持ってもらって撮影をした。
「会いにいったら、ばりおもろかった!」と小谷さんのSNSで書いていてくれて嬉しかった。
優しい人だなぁ。

この記事に

開く コメント(2)

モンスター患者。

イメージ 1

救急隊員が自販機で飲み物を買い、水分補給したことがクレームに繋がったと話題になった。
検査と治療の日々をボケッと口からヨダレを垂らしてすごしているんだけど、先日イライラした患者に怒鳴られている若い男性看護師さんを見かけた。
患者の健康のために働くのに、患者からの理不尽なハラスメントに耐える姿があまりに可哀想だった。
心が折れていないか心配だったので別の看護師さんに大丈夫だったか尋ねると、患者が10人いれば1人ぐらい怒鳴る人がいるそうで、怒鳴られるのは日常茶飯事だそうだ。
医師もお昼を食べる時間を惜しんで治療をしている。
待ち時間が長くイライラした患者が食事を摂る医師を見つけたらクレームを出すのだろう。
想像力の欠如した、あまりにも利己的でホームラン級のバカだ。
さまざまなハラスメントに耐える医療従事者の方々に頭が上がらなく、感謝しかない。
そしてどんな環境でもシャッターを押せば写真を撮れるカメラを売ってくれるカメラメーカーに感謝しかない。
いろいろなことに感謝する日々だ、JPOP系ラッパーの気持ちがわかってきた。

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

イメージ 1
末期ガンに絶望していたけど奇跡の水の存在を奇跡的に知った。
大学病院のすぐ近くの駐車場の看板なので奇跡の水との出会いは奇跡ではなく必然だったのかもしれない。
中学生のころ聴いていた「奇跡の地球」はこのために繋がっていたのかも。
すぐにでも今の治療を中止して奇跡の水を飲み生き延びようと思う。
炊飯も料理もお風呂も、金魚の水も奇跡の水にしよう。
息子よ、妻よ、金魚よ、お父さん頑張るぞい!!
そんなわけない。
奇跡の水でガンが治ったら苦労しない。
毎日のように民間療法やスピリチュアル療法や食事療法や、この薬このサプリが効くだの、マッサージで治せるだの、パワースポットや宗教の勧誘のメッセージや電話がわりと沢山くる。
どんな内容か判断できないので、誰からであろうと僕はもう電話には一切出ていない。
知らない番号から何度も何度も着信があったのでキレ気味に出たらヤマト運輸のドライバーだった、本当に申し訳ないことをした。
この壺を買えばガンが治るというメッセージには腹がシックスパックになるぐらい笑わせてもらったので、結果としてはよかった。
ガン患者っぽくもっとスリムになって余命ジョークにキレをつけたいし、シックスパックで看護師にキャーキャー言われたいのでどんどん笑わせてくれ。
ガンと診断された人の多くは突然の不幸を信じることができず現実逃避をしたり、家族や医療従事者に怒鳴り散らしては自己嫌悪に陥り、自分の遠い過去を責めたりする。
うつ病や適応障害を併発する人は一般人の2倍、
自殺率は一般人の20倍。
病院内の自殺者の半数がガン患者です。
ガンというのは体だけでなく、心も蝕む病気だ。
前立腺ガンの5年後の生存率は97.5%
すい臓ガンの5年後の生存率は7.9%
一言でガンといってもピンからキリまで、同じ治療法が有効とは限らない。
日本人の2人に1人はガンを患います。
日本人の3人に1人はガンで亡くなります。
生きていればガンの人に出会うことは当たり前のようにあります。
ガン患者は高齢者が多く、藁にもすがりたいときに友人が押しかけてきて、奇跡の水を勧められたら多分飲んじゃうよ。
オレオレ詐欺に引っかかって銀行員が止めても振り込んじゃう人がいるんだから。
だからインスタントラーメンにお湯を注ぐような気軽なアドバイスは止めましょう。
このアドバイスって善意なんだよね。
それがやっかいで知り合いや友人が善意で言ってくるから無視はしにくい。
医療従事者は医療訴訟のリスクを背負ってるけど、あなたはそのアドバイスに責任とれますか?
どれくらいガンの勉強をされたのですか?
そのアドバイスはご自身がガンになったときに試して下さい。
僕の投稿を多くの人が読んでくれている今だからこそ、知ってほしいことです。
僕は話のネタにできるからアドバイスは大歓迎です。どんどん下さい。
た だ し、 絶 対 に レ タ ー ポ ッ ト で!!


善意のアドバイスをハレノヒ被害に遭われた人を救済するリベンジ成人式のために贈ります。
アドバイスや勧誘ができてハレノヒ被害者の方々を救済までできるんですよ、めっちゃええやん。
アドバイスでなくても応援メッセージなどもレターポットがうれしいです。
温かい善意をこれからを生きる若者に贈りたいです。
よろしくお願い申し上げます。

この記事に

開く コメント(0)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事