社長の家庭教師 / 再生請負人

あなたと家族の悩みを解決します。建設会社、運送会社、中小企業を再生・再建します。
〜 コンサル・BK VS 経理部長・顧問税理士 〜

金融機関の融資シェアがメイン90%の企業さんがずーっと赤字。

どうにかならないか? 
というようなことで、公的な経営相談で1年、
そして補助金を利用しての経営改善計画書の作成とコンサルによる並走の経営改善指導。
...
社長が経理にノータッチなので、
長年にわたって経費?
固定費が使い放題。

販管費の比率が40%にもなるような状況、
つまり、最低でも粗利益率が40%以上も必要な建設会社に…

厳しく指導するコンサルの固定費の削減に、
いじめられているみたいに顧問税理士に泣きつく経理部長。

そしたら、
経営改善計画書の作成の場面に重鎮の税理士先生が登場。

ダメなものはダメ、
できていないことはできていない、
そう言っているコンサルに、

「高圧的だ!」
「そんな指導の方向性や結論は企業が出すべきものだ!」

はい、その通りですな。。。

こんな顧問税理士には、
ちょくちょく出会うので、

『ならば、固定費削減や経費削減の代案を出してください!』

『先生のところも認定支援機関なので、
コンサルの手法が気にいらないのであれば、
先生の立派な事務所で代わりに計画書を作成していただければいいんですよ?』

 『顧問税理士は企業のお医者さんだというのであれば、
何年も前からこの状態は把握できていたんでしょうから、
なにかしらの素晴らしいアドバイスをしたんでしょうね?』

『企業によくなってほしいと思う気持ちは、先生も私も同じです。』
 
『ともに一緒に企業に指導していきましょうね。』

ということで、
丸く話をおさめて、
計画書の作成業務です。

経理部長も、
この再生コンサルに大先生も太刀打ちできないのだということで、
計画書の目標値を真剣に考え取り組む姿勢ができてきました。

上から偉そうに言えば、
コンサルごときは怯むかと思ったかもしれませんが、
そもそも再生現場の修羅場の数が違いますがな!

先生の顔をつぶしてしまわないことができるようになった、
ちょっと大人になったオッサンでした。

開く コメント(0)

企業再建だとか事業再生なんていうコンサルしてると、
コンサルがいる会社にセカンドオピニオンとして、
コンサルに入ることがある(´-ω-`)

むこうも嫌だろうが、
こっちもセカンドオピニオンで入っていろいろ言うのは疲れる。
 

人材教育のコーチングのコンサルや、
販促のコンサルや、
特に結果が出ていないコンサルにはほんまに腹がたつ‼️



儲かっている会社で、
たくさんの余裕のお金がある会社ならばご自由にお好きにどうぞと言えるが、
赤字と債務超過の会社を食い物にするコンサルは許せんわ‼️

まだ、セミナーや合宿に参加させて金を会社に出させようとしている、
魂胆が見え見えのコンサルタントに、
再生実務家である再生請負人のイケメンコンサルは許すことができません

正しさとか信念とかポリシーとか持たないコンサルに未来はあるのだろうか?

開く コメント(5)

僕ちゃん先生?、
坊ちゃん先生?、
親子2代で入っている宗教なのか知りませんが…

経営改善や事業再生の現場で、
後継者が自分にもしものことがあったら生命保険で借金が払えるようにと入った保険が、
5千万もらうのに70歳になったら25万とか払わんと継続できんようなビッグイコール生命のしょうもない保険に入らすなや!

 今の掛け金が5万だと後継者は言うが、
私の指摘を受けて保険の内容をみてビックリ!

 「そんな25万なんて払えません!」

そりゃ〜、悲しむわな(^_^;)

しっかり倍返しをしましょう!

まだ、契約して3か月なので解約です。

こんな保険を紹介して何かをもらう顧問の先生の契約も?

 当然、経営者の方は、
「信じていたのに騙された」などと言っているのでどうなることやら???

必死に存続しようとしている会社には、こんなことはしたあかんよね

開く コメント(2)

エリート銀行員の支店長から…

「赤字(粗利益の低い)の現場でも受注するのですか?」
というような質問をされ?

『試算表や決算書が赤字というのは、
人間の身体で言うと、
血が綺麗か汚いか?、
という終わった検査結果の数字ですよ!』

『血が綺麗か汚いかも大切な議論ですが、
血(カネ)がめぐっているかどうかが再生局面では大切なことなので、
赤字(粗利益が低くても)でも受注はします。』

納得がいなない様子で話が通じない。

選択と集中、
粗利益率の低い工事は受注するな!、
そんな電卓コンサルや銀行の指導でどれだけの会社が傾いたか?

製造業でいう稼働率、
製造原価の中の監督の給料は固定費、
そこがわかれば理解できるのだが?

止まった数字を分析するプロには、
どうやって再生局面の数字を未来に向けて変えていく。

なかなか理解できんのでしょうね。


選択と集中、粗利益の低い工事の受注をしない
⇒そして、完工高が落ちる。
⇒販管費や固定的な人件費の割合が増える。
⇒つまり、必要完工高と必要粗利益率が上がる。



そして、経営改善計画書は、
絵に描いた餅になる。



止まった数字や過去の数字しか分析できない。



未来の数字を予測できないアドバイスは、
結果として不幸を招きます。

開く コメント(5)

《庭に飼われた鎖でつながれたポチが吠える!》

 
古株だから、
親戚だから、役員だから、
そんな理由で社内で吠える人が再生会社には存在する。

そこへ、現場バリバリ(経営の現場の実務しか知らないが…)の経営コンサルが,,
伴走型の実効支援に会社へ関与する。

いつものことだが、
初対面から上から目線のファイティングポーズ(>_<)

初回のやり取りなのでおとなしめの対応はしたが、
喧嘩をしない方が得策だと思ったのか…...

2回目の会議に本領発揮でバリバリ大声でやりあうかと思ったら
「網師本先生、席はこちらです。」

???、
なんや闘わんのかい!
、なら最初から吠えるなや!

再生対象の会社、
しばらくは仲よくはできないことが多いです。

決算書で結果が出て社員さんに報酬で見返りがあるまでは、
伴走型実効支援の経営コンサルは褒めてはもらえませんな(>_<)

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事