社長の家庭教師 / 再生請負人

あなたと家族の悩みを解決します。建設会社、運送会社、中小企業を再生・再建します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先日の重い案件の初回のバンクミーティングで…

銀行の支店長代理が、
経営改善計画書の説明が終わったら、
質問があると発言をしてきた。

『資金繰り表が3カ月後にマイナスなんですけど・・・』

『CFが来期決算でマイナスになっているんですけど・・・』

やれやれ、またいつもの銀行員の質問か?
そう思いながら・・・

「資金繰り表は収入である受注部分は契約済みしか入れていません、
支出は外注費と材料費以外はほぼ確実に入れています。」

「だから、マイナスになっている資金繰り表となります。」

「会社では危機感と緊張感をもってもらうために、
このような資金繰り表を作成しています。」

「プラスがよければ、予定工事の欄を足して、
プラスの資金繰り表を再提出しましょうか???」

はい、これで、資金繰りに話は終了!

CFについては、

「CF計算書は、試算表や決算書の数字からできています。」

「つまり、建設業の工事完成基準に合致しません。」

もろもろ細かく説明したら、
深く納得していただいたので終了!

バンクミーティングも疲れます。
他業種と同じ感覚で同じ会計処理の基準で質問されるので・・・

そもそも、わかっていない・・・
建設業を!

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事