ここから本文です
AFVを中心に作っています。

1号戦車A型 完成

1号戦車A型完成しました。

イメージ 1

上部やOVMの汚しは控えめの完成としました。

オイル汚れもいれてみました。

イメージ 2


車体上部の装甲の合わせ目に歪みがでて、若干隙間ができてしまいました。

イメージ 3

今後ドラの1号を組むときはここをもっと気を付けようと思います。

足周りも頑張りました。

イメージ 4

履帯が細かくC組みしたのを何回もポキンとしてしまいました。このような繊細な履帯の扱いは丁寧にしないといけないですね。

今回は基本色の上にクリアブルーでフィルターをかけましたが自分のなかではうまくいったかなと思います。ただ、車体上部のウェザリングはもっとやって良かったかなと今更ながら思ったりしています。


次回作はもう作り始めています。
前回ブログでかいたタコムのM46パットンです!!

イメージ 5

初タコムですが、組みやすくいい感じです。足周りも大きな破綻やトラップはなく、自分程度のレベルの人間でも形にできました。
詳細はこのブログか、若しくは引っ越し先のブログで書かせてもらおうと思います。
まだ、引っ越し先は未定ですがそちらもそろそろ検討していかないといけませんね!!

開くトラックバック(0)

1号戦車A型(4)

1号戦車A型、ピグメントを使用したウェザリングまで終わりました。

イメージ 1

イメージ 2

足周りです。

イメージ 3

イメージ 4

ピグメントが塗りムラ見たいになってしまい、土が自然に下へ流れるような表現は最も上手くならねばと思っています。

あと、OVMは

イメージ 5

今まで通り、Mr.ウェザリングカラーと油彩で仕上げています。次は違う塗装方法を試してみたいなぁと思います。

後は、マフラーや履帯の取り付けなどが残っています。
製作開始から1ヶ月半たちますが、自分のなかでは速いペースでここまで作れたかなという感じです。

開くトラックバック(0)

1号戦車A型(3)

1号戦車、基本塗装が終わりウェザリングに入りました。

今回の基本塗装もカラーモジュレーション塗装ですが、今回はジャーマングレーの車体に青みを入れたいと思い基本塗装の上からクリアーブルーを吹きました。(先月末発売されたアーマーモデリングのフィルタリングの記事を参考にしました。)

イメージ 5

車体にクリアーブルーを吹き付けてますが、砲塔は吹き付ける前です。青みがいい具合についたかなと思います。

そして、全体にクリアーブルーを吹き付けました

イメージ 2

気持ち明度が落ちた感じなので、思い描いた色味より明るめに塗装したらなおよしだったかもしれません。

そして、スミ入れをして凹部を強調し、

イメージ 3


油彩で雨垂れや流れた錆をいれました

イメージ 4


そして、完成間近の38(t)と比較を

イメージ 1

青みがかかったジャーマングレーはそうでないのと、また違った表情が出ていいですね。
ウェザリングを進めていくなかでどうなっていくか楽しみでもあります。

開くトラックバック(0)

1号戦車A型(2)

1号戦車ですが、ひとまず組み立ては終わりました。

イメージ 1

まだ接着していない部分もあるのですが、無事かたちにはなりました。

そして、前回コメントでご指摘いただいた内部のインテリアも

イメージ 2

イメージ 3

一応組んではいます。
しかし、今回はハッチは閉じて内部は見えないようにしようかなと考えています。
因みに

イメージ 4

イメージ 5

砲塔のハッチが閉じているのと開いているのではまた表情が違って見えてきますね。

ドラの1号戦車A型は組みやすい部類ではないかなと思います。ただ、車体上部の装甲は面ごとに本体に張り付ける組み方ですが、自分はきっちり張り合わせる事ができず隙間が何ヵ所かできてしまいました。
他の製作中のキットもちょっとずつですが手を加えていってるのでまたの機会に報告できたらと思います。

開くトラックバック(0)

1号戦車A型(1)

38(t)の塗装や汚しに取り組んでいましたが、唐突に組み立てをしたいと思いこちらを組始めました

イメージ 1

1号戦車A型です。
1号戦車はB型の爆薬設置車を作りましたが、そちらのタイプは転輪を増やし車体を延長したものなので、A型とは微妙に違います。
なのでA型はB型よりもよりコンパクト感のある印象です。

組み立ては結構進んでいます

イメージ 2

説明書に誤記などみられましたが、現物を組み合わせて確認していけば自分でもここまでは組み立てられました。

イメージ 3

機銃は0.4mmのドリルで彫りを深くしました。
視察口はクリアパーツですが、ここはプラパーツでもいいのではと思いました。

イメージ 4

足回りも組みましたが華奢な作りですね。足回りは組み方があまく、転輪がちょっとガタガタになってしまいました。なので、転輪を巻くときにうまくまけるか心配です、、、
因みに今回、転輪のパーティングライン消しに

イメージ 5

ハセガワトライツールのサーフェスナイフを使用しましたが、楽にパーティングラインの処理ができました。

今年は新年からお手つきキットが多いですが、今年のお手つきキットは今年中には完成させようと考えてはいます。
そして、タコムからこんなものが

イメージ 6

発売されるのですが、自分としては気になります。
タミヤのシャーマンイージーエイト朝鮮戦争仕様をトラ顔で仕上げたいと考え、キットは買わずに

イメージ 7

物だけは(一丁前に)揃えてる自分としては、M46のトラ顔も凄く惹かれます。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事