ここから本文です
自動車に惚れて・・・
蝉時雨、南風の吹く盆・・・

書庫全体表示

耕運機オーバーホール

うちの大叔父の耕運機がエンジン不調で修理をしました
この耕運機、大叔父が「修理出来たらお前にやる」と言ったので
「ようし!それならやってやる」と意気込んで修理に取り掛かりました
 
その耕運機は「ホンダF400」でエンジンはG150型、強制空冷単気筒SV
144ccです
イメージ 1
小型農機具ではSVエンジンはまだまだ使われていますが今や農機具でも
OHV或いはOHCが主流でSVエンジンは過去の物です
 
症状は「エンジンが始動しません」原因として思い浮かぶのは沢山ありますが焼け付き出は無いようです、リコイルスターターは軽く引くことが出来ます、この軽く引けるリコイルが引っ掛かりました
圧縮が小さいんですね、エンジン内部に問題を抱えているようです
 
エンジンをオーバーホールすることにしました
イメージ 2
シリンダーヘッドを外してみるとオイル上がりの跡が見られました
オイルの燃えカスが付着していたのです、しかしピストンリングのスティックも無く、シリンダーの傷もうっすらとしか無く、原因はバルブではないかと思いました、バルブシートにやたらオイル汚れがあったからです
私は、吸排気バルブを外してバルブすり合わせを行いましたが
それでもまだ圧縮漏れがあるようでした、クランクとカムシャフトを仮組み
して、手でクランクを回してバルブの動きを見ましたがどうもバルブの閉じ
が悪いのです
イメージ 3
微妙にバルブの傘がバルブシートから浮いているのが確認できるようです
ほんの100ミクロンぐらいでしょうか、これだけの微妙な隙間でも
圧縮漏れを起こしてエンジン不調になるんですね
 
 
もしかしたら原因はカムシャフトかもと思いました、
カムシャフトの山の無い方、これが僅かに盛り上がっていて圧縮作用の時点でバルブが開いているように思います
イメージ 4
カムシャフトの山の無い方は圧縮作用の時点にバルブを閉じる作用をしています、これが少しでも出っ張っているとバルブを押してしまい圧縮漏れを起こします
 
私はカムシャフトの山の無い方をグラインダーで薄く削り、オイルストーンで仕上げました
 
再度組みなおしてバルブの動きを確認、今度はバルブの閉じも良いようです
イメージ 7
オイルは10W-30を入れますが今回オーバーホールしたので
STPのオイル添加剤も入れました、これは粘度がとても高く、厚い油膜を貼るのでオイル上がり防止に効果があると期待して入れてみました
イメージ 5
エンジンを組み立てて試運転中です、修理前と違って一発でエンジンが
始動しました、やはり原因はカムシャフトに在ったようです
長年の使用でカムシャフトに変形が出たのでしょうか
でも、カムシャフトが太くなって加工するなんて聞いたことも無かったし
私も今までやったことがありません
イメージ 6
一応、修理が完了し、大叔父から耕運機を貰うことが出来ました
来週畑を耕すことで最終テストをします
旧い機械ですが使えるまで使おうと思います。

この記事に

  • 顔アイコン

    お見事なご修理なり!!
    いろいろ仮説を立てながらの修理、ほんとに素晴らしい。これぞ修理人魂の鏡かと思いますよ。
    エンジン始動成功時の喜びも大きかったこととお喜び申し上げます。

    トラックやっさん

    2011/7/4(月) 午前 0:22

    返信する
  • この修理、正解はバルブステムを削り
    バルブクリアランスを作るでしたね〜
    サイドバルブのバルブクリアランスはバルブを削って調整するんですよ〜(^O^)
    僕も最初は悩みましたぁ、だって調整機構が無いんですもんね〜

    [ なおとまん ]

    2011/7/4(月) 午前 0:36

    返信する
  • お見事
    モノを大切にする心意気
    素敵です

    strawberry mico

    2011/7/4(月) 午前 7:26

    返信する
  • トラックやっさん様、有り難うございます!
    久しぶりに多くの事を考えさせる修理でした、何とか修理が出来ましたがまだ畑を耕していませんのでこれから畑を耕しつつ様子を見ていきます。

    [ きあろひ だんほ ]

    2011/7/4(月) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    なおとまん様、なるほどステムを削るんですね、実はそうしようと
    思ったのですがバルブリフト量が減るので回らないエンジンになるのではと思ったんですよ、
    でもSVのクリアランス調整やったことが無かったので勉強になりました、今度からそうします。

    [ きあろひ だんほ ]

    2011/7/4(月) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    strawberry mico様、有り難うございます
    大叔父が30年近く前に買ったこの耕運機、十分元はとったかと思うんですけど大叔父は既に新しいものに買い替え「これは廃棄処分するつもりだったんです」大叔父は私に修理できるか試していたんですね。

    [ きあろひ だんほ ]

    2011/7/4(月) 午後 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは
    そこを削ったらリフト量が増えてパワーアップするかも

    [ ちょび ]

    2011/7/6(水) 午後 8:20

    返信する
  • 顔アイコン

    耕運機は「ホンダF400」・・・408cc4気筒OHC37馬力エンジン。すごい耕運機かと思いました。
    もしかして6段切替ですかー(^◇^;)

    minomatu

    2011/7/7(木) 午後 10:24

    返信する
  • ちょび様、ポップ吉村(ヨシムラ創業者)も同じことをやってたみたいですね

    でもパワーが上がるほど削ってはいません、ほんの0.2ミリぐらいですよ。

    [ きあろひ だんほ ]

    2011/7/7(木) 午後 10:37

    返信する
  • みのまつ様、紛らわしいですよね名前が(笑)

    変速は2段ですよ(笑)実際耕運機にCB400FOURのエンジン積んだら
    どうなるのでしょう・・・・考えただけでも恐ろしい(゜д ゜;)

    [ きあろひ だんほ ]

    2011/7/7(木) 午後 10:41

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。私、「耕運機(管理機)のおすすめランキング!」
    というサイトの管理人の流石と申します。

    貴サイトを、私のサイト内で紹介させていただきまして、
    その報告のためコメントいたしました。

    私のサイトでは、人気が高く使いやすい耕運機を、使う目的や特徴で分けて見やすく紹介しています。
    たくさん種類があって迷う耕運機選びが、少しでも楽になれば良いなと思い、作り上げました。

    下記のページで貴サイトを紹介させていただきました。
    ttp://kouunki.com/link-kouunki-shuuri


    貴サイトに耕運機の修理に関する記事が見られましたので、
    修理の参考になるサイト様として紹介させていただきました。

    事後報告となり申し訳ございません。
    掲載して欲しくなかったり、使って欲しくない表現がありましたら
    お手数ですがご連絡ください。すぐに修正いたします。

    よろしくお願いいたします。 削除

    [ 流石 ]

    2017/9/28(木) 午後 11:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事