C.C.INA★PINA

タフな素人集団「INA★PINA」の軌跡を公開します!

全体表示

[ リスト ]

匹見峡二ノ谷の遡行

日時:2017年10月1日(日)
メンバー:鹿野、ジョコ、あの山さん
 
つい先日までめちゃ暑かったくせに、今年は秋が深まるのが異常に早い。おかげで、沢登りにはちょっと寒すぎるような気がしたけど、きちんと「これで終了!」というような遡行をしておきたかったので、匹見峡二ノ谷の遡行を強行した。急なお誘いにも関わらず、今回はあの山さんも付き合ってくれた。
イメージ 1今回のログ〜12.7km、7時間〜
 
6時40分、道の駅匹見の気温は5℃。道中のため池は霧が立ち込めており、寒さは必至である。しかし、匹見川の水量は非常に少ない様相で、前回(https://blogs.yahoo.co.jp/hirschwies/65121026.html)登れなかったF1が突破できるのではと期待は膨らむ。
イメージ 2気温5℃、沢に入らずともすでに寒い
 
7時に三ノ谷(奥匹見峡)に車を置き、歩いて二ノ谷に向かう。堰堤二つを越え、7時50分、橋の所から入渓した。前回は藪漕ぎに苦労したが、地元の人が散歩するほど綺麗に整備されていた。
イメージ 3二ノ谷へ向かう橋には巨大な蜂の巣が…
イメージ 4
入渓〜散歩中の地元民に説明するジョコさん〜
 
しばらくゴーロを進み、8時10分にF1到着。水量は少ないとは言え結構厳しそう。しかし、登った記録がある以上、挑まずにはいられない。意を決し登攀開始。
イメージ 5F1、深い釜を持つので泳いで取り付く
 
泳いで取り付くも滝下は息ができないのでくぐって奥へ進み、クラックにカム♯2と♯1をセット。予想通り、左側のスタンスが全くないが、何とかステミングで耐える。右足はカムに掛けたスリングに足を掛けて立ち込めば、何とか上部のC/Sに手が届いた。残置スリングとカラビナがあったがボロボロなので回収した。
C/Sに届いてもなお、スタンスが乏しいので立ち込みが厳しい。おまけに寒さで指先が思うように動かない。保持できてるか微妙な左手のカチに耐えて何とか両足を上げると安定し、そこから2mほどトユ状を上がる。
イメージ 6下部にカム♯2、上部に♯1を設置中
イメージ 7左足のスタンスが無いのでかなりキツい
イメージ 8C/Sを掴み左足は安定したスタンスへ、寒くてカチが持てない
イメージ 9ここまで来ると一安心

全身震えながら後続を迎える。カムを回収するとスタンスがなくなるので、セカンドも難しい。上部からスリングを繋げてあぶみを垂らしてあげるが、それでも厳しそうだった。ここの突破に30分を要した。
イメージ 10後続を迎える
イメージ 11一度撤退するジョコさん
イメージ 12上から見た図
 
F4からはゴルジュが続く。滝は直登できるし沢の景観が素晴らしい。核心のF7、前回は左岸側の岩稜を突破したが、今回は直登を試みるつもりだった。…が、直登ラインに巨木があるため、これを使って簡単に登ることができてしまう。一応、ザイルを使用したけど、少しがっかりした。
イメージ 13F4は少し怖い
イメージ 14F7
イメージ 15C/S上段は倒木があるのでガッカリ
イメージ 16倒木にまたがるあの山さん
イメージ 17スラブの右側に残置されたハーケン
 
その後も(よく覚えてないけど)面白いFが続き、10時40分に最後のF14に到着した。ここは前回同様滝芯の左岸側から入り、上部で右岸側にトラバースして抜けた。ラバーとの相性が悪く、スタンスが滑ってかなり怖かった。
イメージ 18素晴らしいゴルジュが続く
イメージ 19どのFも水量が無いので簡単
イメージ 21F14下部はツルツルで難しい
イメージ 20中間から右岸側へトラバースしそこから直登
イメージ 22このFはビレイがしにくいが、右岸側の立木を利用した
 
あとは痩せていく沢を淡々と進み、笹漕ぎで稜線の縦走路に12時半に到着した。予想よりも大した藪漕ぎはなかった。下山路は話をしながらゆっくりと歩く。あの山さんは植性にも詳しく、自生した栗の実は生で食べられることを教えてくれた。ジョコさんと二人で生栗をバリバリ齧った。確かに美味しい。
イメージ 23水量は減り藪化してくる
イメージ 24そして笹薮を進む
イメージ 25藪を抜け全身で喜びを表現するジョコさん
イメージ 26下山路は快適だが長いのでウンザリ
 
14時15分、駐車場着。締めくくりとして申し分ない、充実した遡行だった。これでようやくクライミングに専念できる。
あの山さん、お疲れ様でした。また来シーズンもタフな沢登りやりましょう!         
イメージ 27下山後も栗を食べ続ける二人

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事