山行二人 よもやま話 Uncle Ed and Nancy

まだまだこれからもゆっくりと歩いて、登山を楽しみたいと思っています。

全体表示

[ リスト ]

今回も雪山遊び^^/ 
大山登山口近くの寂静山でスノーシューハイクを楽しんできました。
きょうは平日、スキー客は多いと思いましたが登山客も何人かとすれ違い
大山に登っていたようです。軟弱登山の我々はスノーシューハイクで
満足しましたぁ〜。

イメージ 19




ただ、ここ2〜3年前にくらべ大ツララがない穏やかな冬だなと思える天気でした。

イメージ 1




まずは寂静山に向かうため大神山神社の参道を歩きます。

イメージ 2




途中にある寂静山への分岐。ここでスノーシューに履き替えました。
誰も入山していないようです。

イメージ 3




スノーシューで歩くにはちょうど良さそうな雪でした^^/

イメージ 4




トレースが全くない、自由に歩ける場所にでました。

イメージ 5


     
     
     しばらく平らな雪道を歩いた後、寂静山の山頂に向かいます。

イメージ 6




山頂に到着後、大山北壁のショット。弥山そして剣ヶ峰の稜線は残念ながら
雲に隠れていました。

イメージ 7




Nancyは山頂にあるお地蔵様の頭の雪を払っているようでした。

イメージ 8




山頂の積雪は、50cmぐらいはありそうでした。

イメージ 9




寂静山から下山したあとは、大神山神社に初もうでをしました^^/

イメージ 10





イメージ 11

そして、大神山神社の脇を抜けて元谷のコースに入りました。
しばらく夏道の積雪を踏んで歩くことができましたが、元谷が
近づくにつれトレースもなくなり、途中にある木の階段付近では
到底スノーシューでは降りられないほどに凍っていて一瞬どうしたものかと
考えたのですが、左側の雪斜面の上には確か治山道があり、それを利用して
元谷に向かうことにしました。



結果、無事治山道に出ることができ元谷の入り口に到着することができました。
前方右側にある看板の脇に、夏道があるのですが覗いてみると誰も利用した
あとがなく、治山道にでたことが良かったのですがクラスト状の急斜面だった
のでヒールリフター付きのスノーシューで良かったと思いましたね。

イメージ 12




元谷から望遠で6合目の避難小屋が良く見えました^^

イメージ 13




稜線上のガスがまだ取れていませんでした。ここで二人の男性と出会ったのですが
7合目で撤退してきたと言われました。なかなかガスが取れなかったようです。

イメージ 14

きょうの我々はここまでと決めていたので、ここから下山開始。




帰りは治山道を利用して、下宝珠山の登山道分岐まで戻りそこから大神山神社へ
下山することにしました。 治山道幅が雪で狭くなっている可能性を考えて
2人ともアイゼンに履き替えました。

イメージ 15




下宝珠山分岐に到着、ここを左に下山して大神山神社へと向かいました。

イメージ 16




大神山神社から元谷に続く夏道の分岐に到着しました。右に行くと
大神山神社に繋がります。

イメージ 17




大神山神社から約30分で下山。大山ナショナルパークセンターで暫し休憩して
から帰宅しました。相変わらずスキー客は多くみられましたが登山客は少なく
平日ということもあって静かな山歩きができました。こんなスノーシューハイクも
結構たのしむことができますね^^/

イメージ 18






























.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事