山行二人 よもやま話 Uncle Ed and Nancy

まだまだこれからもゆっくりと歩いて、登山を楽しみたいと思っています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


遠征二日目、きょうは石鎚山に登りましたが、いつもと違うのは
四回目の石鎚登山ではじめて天狗岳に足を踏み入れました(笑)
ただし、足を踏み入れたのは私だけですが(笑)

イメージ 1




7時半すぎに国民宿舎を出発。国民宿舎から直接登山道に接する道を利用です。

イメージ 2




天気は良好、申し分ない山行日和でした^^

イメージ 3




長い階段が続きます。でもマイペースで登りますよ^^

イメージ 4




数は少ないですが、ここでもアケボノツツジが咲いていました。

イメージ 5




最後の少し辛いこの道を登り切れば、夜明峠から続く稜線にぶつかります。
もう、ひと踏ん張り(-_-;)

イメージ 6




今は綺麗になっている二の鎖小屋がこの鳥居の先にあって、清潔なトイレと、
避難小屋があります。

イメージ 7




そして、我々には辛い辛い鉄の階段、しか〜し、そこはスルーしていきなり
山頂社務所の脇にでました、失礼(;^_^A

イメージ 8




我々のコースタイムで到着(2時間半)(笑)すこし早いせいかこの時は
登山者の姿も少なかったですね。まあ今日は月曜日ですから。

イメージ 9




そして、小休止してわたしは天狗岳へ・・・槍、奥穂も経験しているNancyは
なぜかここで待機だとて♪ 天狗岳の山頂に小さな祠があります。

イメージ 10




さあ、いざ出発。初めてなので気合をいれないと(笑)
弥山から降りると、岩の稜線歩きになっていました。

イメージ 11




途中、先行していたご夫婦が下山してきました。ここは下山のとき
足場が見えにくくご主人が足場の確保をリードしていましたね。

イメージ 12




望遠で弥山を写しました。左側に弥山に登り返す人の姿が見えます。

イメージ 13




これは標準で写しましたが、弥山から降りるとこの斜めになった岩を
トラーバースしていま立っているところまで来ます。天狗岳の山頂は私の
後方になります。下の白い矢印は下山の目印になってますが登りにも使ったような。

イメージ 14




振り向くと天狗岳の山頂が・・できるだけ右側に沿って歩き直下では
(小さい白い↖)あたりから上に登っていきました。山頂にたてば左側が
すっぱりと切れているのが目に入りますので少し緊張でした。

イメージ 15




山頂の祠。岩場が斜めになっていますのでここから切れ落ちたところは
見えませんが、祠の脇に立てば一気に視界が開けます。

イメージ 16




ここで標柱をショット、なぜかピントが定まらず何回撮っても緑枠に
ならずに赤枠ばかり、もちろんオートで写していたんですがね。
仕方なくちょっとピンボケになってしまいました。

イメージ 17

となりが南尖峰、祠の左脇を歩いて下に降りると南尖峰にも登山道が
付いているのがよく分かりました。




さあ、また注意してゆっくりと弥山に帰ることにしました。

イメージ 18




そうそう、この厳しそうな稜線に石鎚桜が咲いているのに目がとまり
ワンショット。これから咲くとぞばかりにツボミをたくさんつけていたのに
驚きでしたね。

イメージ 19

弥山に戻ってからは登山者の姿も増え賑わっていました。
我々も昼食を軽く済ませて下山することに。


ところで登って来る時には分からず通り過ぎてしまった場所に、ひょっとして
ワチガイソウ?とNancyがいうので、帰宅後調べたらどうも間違いないようで、
我々がこの花をじかに見たのは、初めてのことでした。

イメージ 20




下山は、ほぼ予定どおり14時すぎには国民宿舎に到着でき、15時すぎに
土小屋を出発し、しまなみ海道を利用して帰宅することができました。

イメージ 21

今回、計画の中で、当初の目的場所を変更したりしてバタバタしたことも
ありましたが、それはそれで実行してしまうと楽しい思い出にもなることが
分かりました。計画がどうあれ、別な計画に変更しても安全性を確認した上で
実行することが、新たな思いで作りになると思いました。

体力が続く限り、頑張りましょう(笑)




















全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事