山行二人 よもやま話 Uncle Ed and Nancy

まだまだこれからもゆっくりと歩いて、登山を楽しみたいと思っています。

岡山県の山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


カタクリの花が咲くころの毛無山は、穏やかな山容に癒されるが
雪の毛無山にはそろそろ年齢のハンディが気になるところですが頑張って
登ってきました^^/

あいにく山頂はガスで大山の姿など拝めませんでしたが、ガスの中の樹氷に
癒された一日でしたよ!!

イメージ 1




きょうはウイークデイだったので駐車場は我々だけ。天気は穏やかで
樹氷に期待できそうな気温と天気でした。

イメージ 2




西毛無山方面が良く見えました。積雪はさほど多いとは感じませんでした。

イメージ 3




トレースはありましたがおそらく二、三日前の分。きょうは新雪が薄く
そのトレースの上に被さっていました^^  ツボ足で十分歩けました。

イメージ 4




ここは五合目、まだもう少しツボ足で歩けそうでしたね♪

イメージ 5




そして六合目近く、山頂まで600mと標識には書いてありましたが
まだ、まだこれからが大変でした( ;∀;)

イメージ 6

ここから直登に近い登りになるので、アイゼンかスノーシューかと悩み
新雪の下には硬い雪があると考え、アイゼンに履き替えることにしたのです。
結論、これは少々失敗(笑)いいつもりでしたが硬いと思われた雪も
アイゼンがかからず崩れることがただあり、またスノーシューに履き替えると
いう手間がかかってしまったのです。この辺の積雪は5〜60cmはありました。
もちろんこの直登コースは冬道。我々には辛い道のりでした( ;∀;)(笑)




そして、辛い道のりの先には!! 期待通りの樹氷^^/
もう少し、青空がと思うことは贅沢、贅沢。綺麗な樹氷に感激でした♪

イメージ 7




幸いに気温があまり上がらず、手持ちの温度計もマイナス5度を指していました。

イメージ 8




イメージ 9





イメージ 10




周りに薄いガスがかかりはじめてきました。小屋の黒い屋根が見えました。

イメージ 11

途中、我々を追い抜いたソロ男性のトレースがついていました。




    そして小屋に到着しましたが、ガスもかかりはじめたのでとりあえず
    山頂に向かったのです。気温マイナス4〜5度でした。

イメージ 12




山頂手前の看板はまだ上部は見えてましたが、まわりにはガス・ガス。

イメージ 13




西毛無方面も視界悪し。

イメージ 14




大山方面も視界悪し・・・・( ;∀;)

イメージ 15




山頂からの下山は、スノーシューでは下山しにくいので、Nancyはアイゼンに
履き替え、私はとりあえずツボ足で山小屋まで下山しました。

イメージ 16

はじめ扉が開かず鍵がかかっているのか心配しましたが、扉が凍てしまい
開け難くなっていたのです。中に入れてほっとしそこで食事と温かい
飲み物で体を温めました^^ 帰りは私もアイゼンに履き替えて下山しました。




駐車場には我々のほかに車が一台、我々が小屋を出るときに出会った2名の
男性の車だと思います。ただ我々を追い抜いて先行していたソロ男性は
よほど早く下山したものか、すでに車の姿が見えずパワフルな方だなの
感心する我々でした(笑)

イメージ 17

きょうは「あぁ〜!! 疲れた!!」の一日でした^^/























今回は岡山森林公園に行きました。しかし、天気は曇天、時々小雨、
晴れは望めない一日だったので山行は止めて、花だけのブログアップをします。



森林公園の入り口付近に咲く ミズバショウ

イメージ 1




イメージ 2



リュウキンカ 近年この花の株が増えている気がしました^^/

イメージ 3



県境三叉路に向かう登山道に入ります。
ガスが出て小雨も、肌寒さを感じました。

イメージ 4



ハシリドコロ

イメージ 5



ザゼンソウ

イメージ 15



エンレイソウ

イメージ 6



白のキクザキイチゲ

イメージ 7



薄いピンクのキクザキイチゲ

イメージ 14



サンインシロガネソウ

イメージ 8



県境三叉路の近くに咲く、イワウチワ

イメージ 9



小雨に濡れるツボミ。

イメージ 10



イワウチワ 三姉妹^^

イメージ 11



県境三叉路に立つ避難小屋

イメージ 12



本日はここまで。すずのこ平までは行かずにここで下山です。
ああ、寒い:;(∩´﹏`∩);:

イメージ 13



公園センターに下山後に見つけた バイカオウレン^^

イメージ 16




イメージ 17


きょうは寒い一日の山行になりました。
今週末の天気の時はいい花が見られそうですよ^^/














今回、偶然にも今季初の雪山登山をしてきました^^/

寒冷前線が南下していることは知っていました。また大山の冠雪も
知っていました。しかし、きょうの毛無山には多少の雪は予想できましたが
綺麗な樹氷まで見られるとは思いもしませんでした。

感激した一日になりました^^/

きょうのコースは白馬山から毛無山への縦走です。
途中、カタクリ広場でご夫婦連れの二人と出会ったきりで、きょうは
この四名ほどの登山者しかいなかったようです。相手の奥様も樹氷の
綺麗さに感激されていましたが、先方は毛無山へ向かう通常のコースから
登って来られたようで、白馬山の稜線も綺麗だったことをお伝えしました♪

イメージ 1




冬季休業の準備でしょうか、作業員の方が資材を下していました。

イメージ 2




道の両側に多少の雪が積っていましたが、積雪期とは違いますね♪

イメージ 3

でも、とりあえず軽アイゼンは持参しました!




白馬山に近づくにつれ、積雪は15cmほどになってきました。
吹き溜まりでは20cm以上はあったでしょう。

イメージ 4




途中から見えた田浪地区の風景。

イメージ 5




風もなく穏やかな稜線歩きでした。ただ歩くと汗を掻きますが、止まると
体がひんやりとします。きょうはアウターの替わりにレインウエアーの上だけを
着てインナーは二枚程度におさえて歩いているのですが・・・

イメージ 6




白馬山の分岐に到着。

イメージ 7




さすがに高度が上がるにつれ雪の量も増えました。そして、樹氷にびっくり(*_*)

イメージ 8




期待していなかった樹氷がこの稜線上にびっしりと。
画像の左が南、そして右が北。大山は北側に見えるはずですが、
きょうはガスで見えませんでした。

イメージ 9




秋と冬のコラボ。まだ落ちずに枝にしがみついている葉にも、
エビノシッポが・・・:;(∩´﹏`∩);:

イメージ 10




綺麗いに花咲くような樹氷。

イメージ 11




山頂気温が約3度、すこし日が照るとこの樹氷も落ちてしまいます。
もう少し頑張ってくれるよう祈ってました(笑)

イメージ 12




麓ではまだ紅葉(黄葉)が見えていますが、すでにここは冬でした^^

イメージ 13




春には、両側にカタクリが咲く稜線も雪でした。

イメージ 14




大山方向はガス( ;∀;)

イメージ 15




山頂に到着。ここまで約3時間。

イメージ 16




西毛無山もまだ積雪量が少なく、縦走には不向きな状況でした。

イメージ 17




山頂からの下山途中に、田浪地区を俯瞰。

イメージ 18




9合目の避難小屋で昼食を摂りました。ここの気温は5度。
やはり南側なので少し暖かい?

イメージ 19




下山路の夏道は雪も融けはじめ、落ち葉とクロボクの土で滑るので
軽アイゼンを使用しました。ここでは樹氷が全く見られません。

イメージ 20

そして、時間がたつにつれ青空が見るころになると、これはこれで嬉しくなる
景色ですね。




そろそろ、下界に近づいたところでアイゼンを外し、落ち葉を踏んで歩きました。

イメージ 21




下山時は朝の景色とまったく異なり、雪も融け青空が見えるほどに
天気が回復していました。

イメージ 22

今回、たまたま予想外の冬景色を見せてくれた毛無山に感謝しながらも
これからの本格的な厳しい毛無山にも、気負らず挑戦しようと思いました♪








暑くて、暑くて(;^_^A 体もだるく、ブログの立ち上げも
面倒になってしまいましたぁ〜 
でも、回数は少ないですが山には登っていたんです。
ただ、少し前の(7/13)すごく暑い日でしたが・・(笑)


ここは下蒜山登山口。まったくの無風、気温は33度を超えたました。

イメージ 1



無風状態の中、やっと五合目。すでにシャツはびしょぬれ
帽子の庇から汗が滴り落ちてます。

イメージ 2



せめて雲居平まではと思いつつも、登山道は笹で覆われ登山道が見えず
笹こぎをしながら歩く中、もうきょうは雲居平でリタイヤしようと
二人とも思っていました。とにかく暑い日です。

そして、雲居平で大休止、どうせここから下山するのであれば、持ってきた
行動食も食べてしまおうとノンビリしていたのです。

本当は、中蒜山まで歩く予定でした。そう夏の遠征の訓練ということも
ありましたので。

下蒜山のピークも難しいかと半ば諦めの心境では、遠征にも影響します。
二人ともとても複雑な思いで休憩し、行動食を食べていました。

ところがその後、体の動きが軽くなったような気ともう少し頑張って
せめて下蒜山のピークまで行って見るかという気が起こったのです。
どうもシャリバテが起きていたかも知れないと、あとから思いました。


そして、七合目に続く笹・・

イメージ 9



そして、笹こぎをしながらやっと七合目に・・・
ここで水分補給してさらに・・・

イメージ 3



きょうはじめての花。ヤマジノホトトギス

イメージ 10



途中で雲居平方向を撮る。

イメージ 8



そして、岩場を乗り越えて・・

イメージ 4



九合目に・・先に山頂が見えます。 もう少し・・・それにしても暑い(;^_^A

イメージ 5

ところで、きょうは登山口に二台のワンボックスカーがありましたが
そのうちの一台の所有者と偶然に岩場ですれ違いました。
その方は我々とほぼ同じ年齢の女性で、なんと車で寝起きをして北は
北海道、南は九州と100名山と200名山を走破し、今は低山も含め色々な
山に登っている百戦錬磨の女性でした。その方でさえ、きょうは「死ぬかと
思った」というぐらいの暑さのようでした。中蒜山まで行く予定だったが
無理と思い下山したとのこと。当然我々も下蒜山でピストンです。
姫路にお住まいのようで、いろいろな山を経験している方でした。



山頂には我々だけ。濡れた衣類を着替えて改めて昼食。山頂に到達した
だけでも満足なので食欲も進みます(笑)

イメージ 6



ただ、大山方向はガスで霞んで見えない。結局、湿った空気が
視界を悪くしているようです。

イメージ 7

きょうは本当に暑い日、そして無風の日(笑)、そよ風程度の風は
ありましたが、つまり空気が動いていないという感覚でした。
そんな日もあるのでしょうが、なにも我々の登山日に(笑)という
思いでした( ;∀;)

まあ、それでも山頂に立てたことは満足でした。途中リタイヤするのと
しないのとでは気持ちが違いますね。無理は禁物ですが体調に合わせて
登山していきましょう♪
















朝からいい天気、レジャー行楽日和に、ついつい我々も登山日とし、
新庄毛無山へカタクリを見に行きました。今日は登山者も多いだろうと
予測しながら、その予想はずばり的中。駐車場は満杯でした^^

我々の登山口出発は九時前、でもその時点ではかなりの人々が
山頂を目指していたようです。そんなことで今日は人込みを避ける
つもりで、白馬山コースで周回して見ました。

イメージ 1




普段あまり見られないほどの車が止まっていました。やはりお目当ては
カタクリでしょう。今日は期待できそうです。

イメージ 2




白馬山コースの登山口。

イメージ 3




     まずは樹林帯を登ります。しばらくすると急登になりますが
     それまでにグリーンシャワを浴びてゆっくりと登りました(笑)

イメージ 4




     多少の風があって気持ちよく歩けました。

イメージ 5




すでに急登に取付いて登っていますが、約40分ほどで白馬山まで三分の一
ほどの距離を歩いてきました。

イメージ 6




急登を登り終え、尾根に近づいてきました。白馬山の分岐までもう一息です。

イメージ 7




分岐に到着。約1時間15分で到着でした。ここで小休止、水分補給して
毛無山山頂に向かいます。その途中には鳥取県側からの登山道分岐があり
その場所ではカタクリが保護されているのです。

イメージ 8

やはり今日は登山者が多く、毛無へ向かう途中では多くの登山者に会いました。



     ところで、分岐までいく登山道にはカタクリの花がたくさん
     咲いていることに驚きました。こんなにたくさんのカタクリが
     登山道に咲くところ見たのは初めてのような気がしました。
     この道を何回も歩いていたのに、この時期には結局歩いて
     いなかったのかなあ〜と、なんとなく反省(笑)

イメージ 9




     気持ちいい稜線歩きでは、登山道わきのカタクリに
     癒されました^^ 稜線は少し風が強く吹いていましたが
     汗を気持ちよく吹き飛ばしてくれました(笑)
 
イメージ 10




イメージ 12




遠く春の大山の雄姿が見えます。ほんとご無沙汰ばかりしている大山です😢

イメージ 11





イメージ 13




ところがです。保護されているところのカタクリの花の数がむしろ少ないように
思え、すこし期待外れの感が・・ 時期的なことなのかどうかは分かりませんが
むしろ登山道わきに咲くカタクリに感動しただけに残念な気がしました。

イメージ 14

それでも一生懸命咲いているカタクリは可愛いもんですね♪



さらに毛無山頂直下の道にも咲くカタクリがあり、少し白っぽいものもありました。

イメージ 15




白馬山から毛無山への山道には、ほんとたくさんのカタクリが咲いていました^^/

イメージ 16




山頂から大山。

イメージ 17




     途中休憩を含めて、山頂到着まで2時間40分。のんびりした
     山行でした。^^/

イメージ 18




新庄側に降りる登山道にも一輪のカタクリ、すこし寂しそうに見えるのは
人間の思い上がりかな、逞しく咲いていました^^

イメージ 19




今日は小屋前で水分補給して中には入らず、即撤退(笑)。

イメージ 20



冬の樹氷を想像しながらも、新緑ブナ林の魅力を再発見しながら下山・・・

イメージ 21




     六合の大杉を通過し・・・

イメージ 22




キクザキイチゲの白に癒され・・・

イメージ 23




紫のキクザキイチゲの妖艶に惑わされ・・・

イメージ 24




帰路についた駐車場は・・・

イメージ 25




現実の世界が待ち受けていました( ^ω^)・・・
まだまだ車の数が減っていせんでした(笑)下山途中でも登って来られる人が
大勢いましたよ^^/

イメージ 26

今日の皆さんや我々も含め、カタクリを堪能されたことと思います。
天気も崩れずいい山行日和でした。稜線では少し風が強かったですが
皆さんあまり気にならなかったようです(笑)



























全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事