山行二人 よもやま話 Uncle Ed and Nancy

まだまだこれからもゆっくりと歩いて、登山を楽しみたいと思っています。

島根県の山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

平成最後の山歩き2


4月28日 岡山県立森林公園

今回の山行が平成最後の山歩きの締めになります(笑)
県境三差路よりすずのこ平に向かう時計回りで歩きました。

イメージ 1




駐車場は満杯で約300mほど手前の駐車場に止めることができました。
管理センターに到着。

イメージ 2




管理センターの脇で可憐に咲くバイカオウレン。昨年より少し遠くで
咲いていましたが花の数は増えているようでした。

イメージ 3




ミズバショウが綺麗に咲いています。

イメージ 4




清流に咲くリュウキンカ、昨年より花が大きく育ち、数も増えていました^^/

イメージ 5





船通山で見たものより少し小ぶりですが、可憐なサンインシロガネソウ

イメージ 6





県境三差路に向かう道です。

イメージ 7




キンキエンゴサク

イメージ 8




     県境三差路までの急登

イメージ 9




その途中で見られたイワウチワ。残念ながら時期を失していたようです😢
それでも可憐に咲いているものもありましたよ^^/

イメージ 10




県境三差路を越え稜線を歩くと大山が見えてきました。
山頂付近にはまだ雪が残っていました。

イメージ 11




すずのこ平手前にもイワウチワの群生があります。

イメージ 12




すずのこ平を経由して下山すると、登りのときには開花していなかった
キクザキイチゲが咲いていましたよ^^/

イメージ 13




ザゼンソウ、少し数が少なかったようです。

イメージ 14




管理センターに到着。

イメージ 15

駐車場に戻ったときは車も少なくなっていました。いまの時期ここに
訪れる方も多く人気の場所ですね。

そんなわけで平成最後のそれも4月だけの山行記録を載せてみました。
じつはボッカ訓練をしていたのも4月26〜28まで九州を遠征する
つもりでいたのですが、阿蘇の噴火、くじゅう硫黄山の火山性地震、
そして、27日は山の天気と暮らすでは荒れ模様、気温がー2度や 
ー6度、強風も10m以上の予報をしていたので、その中での
坊がつるテン泊もつまらないと思って中止したのでした。
だから近隣の山々で我慢していました(笑)

坊がつるでも冬装備が必要かもと思っていましたが ただ、時期はずれの
天候で中央(北ア、南ア)の山々で何もなければと思っていたのですが、
残念ながら死亡事故が起きてしまいましたね。

こんなことが起こると軟弱登山も正解なんだなあと思うのでした♪




















平成最後の山歩き 1

平成最後の山歩きをまとめてみました。しばらくブログの更新もご無沙汰に
なっていましたが、ほそぼそと山歩きは続けていました^^

ただ、yahooblogが終了すれば今後どこのブログに移行するか今も迷って
いる最中なので、ブログ更新も少々億劫になっていました。

しかし、今日で平成も終了、とりあえず4月に登っていた山のブログを
平成最後のブログとして更新してみました^^/



4月9日 玉峰山

近場の山ばかりですが、運動のため歩いています。とにかく今年は雪が少なく
雪山山行の記憶がないくらいに雪山を登っていません。とうぜんここも
雪の多い山ですが、もう春の装いでした。

イメージ 1




いつものように玉峰温泉に車をおき、ここの登山口から登りました。

イメージ 2




途中の見晴らしのいい場所から眺める町は春でした。

イメージ 3




遠く大山が見えてますが、山頂の雪も少ないです。

イメージ 4




      山頂に到着。きょうは誰もいませんでした。

イメージ 5




我々の定番の山食です(笑)このあとおにぎりも食べ、食後のコーヒー
タイムが最高ですよ^^

イメージ 6




遠く霞んで見えているのが、広島県民の森の山々です。

イメージ 7



     きょうは小窓岩を逆から潜ります。

イメージ 8




和紙の原材料 ミツマタの花が綺麗に咲いていました。

イメージ 9




いつも登りに使うこの道をきょうは下りに使います。

イメージ 10




はい、玉峰温泉に到着、春らしい散策に満足でした^^

イメージ 11

きょうは登りの途中で、コシアブラを期待していたのですがどうもまだ早いようで
ここの山菜売り場にもまだ出ていませんでした。残念( ;∀;)




4月16日の三瓶山西の原の山行です。

イメージ 12




この日は晴天でしたが空気が少し冷たく山登りにはちょうど良い気温でした。

イメージ 13




西の原からの登りの時、いつも休憩しエネルギー補給の場所からの眺めです。
我々のパターンはここで必ず行動食を摂ります。水分は途中々で補給しますが
エネルギー補給は山頂手前のガレ場に備えてここで摂ることにしてます。

イメージ 14



     
      1000mの標識。

イメージ 15




 ガレ場を左に登りますが、山頂まではもう少し掛かります。

イメージ 16




きょうは山頂に学生さんたちがいるようです。

イメージ 17




我々が山頂についたあと小屋で昼食、学生さんたちはすでに下山していました。

イメージ 18

きょうはここで折り返しでしたが、今回の山行ではボッカを兼ねての
訓練をしてみました。テン泊装備をして約12kg ゆっくり歩いての
山行でしたので時間は度外視、それでもCTより少し遅れたぐらいのタイムなので
まあまあ満足でした^^/



次は船通山4月21日

    八岐大蛇伝説のある山です。ここは毎年カタクリの花を
    見に行くのですが・・・4月21日の記録です

イメージ 19




我々の到着は遅かったようで、すでにたくさんの車が駐車していました。

イメージ 20




きょうは亀石コースから鳥上コースへと回ります。

イメージ 21




登山道の脇にキクザキイチゲが咲いていました。

イメージ 22




サンインシロガネソウ

イメージ 23




春山にピッタリの山道を歩きます。

イメージ 24




さて、カタクリの花ですが・・・確かに咲いてはいましたがどうも我々の
心では、えぇ・・どうした??と思うほどに少々期待はずれのカタクリでした
( ;∀;) じつは昨年のカタクリがあまりにも見事な咲き方だったので、それを
期待していたのでどしても見劣りをしてしまったのです。

イメージ 25

もちろん花には責任などありません。ことしも精一杯咲いていましたよ。
人間の傲慢さがそう思わせてしまうのですね。反省です😢




きょうは大勢の人が登っていました。我々は小屋で昼食。

イメージ 26




     鳥上滝を見ながら下山しました。斐伊川の源流となる滝です。

イメージ 27




鳥上コースの登山口に到着、我々の駐車場までさらに30分ほど歩きます。

イメージ 28

カタクリの花を見ることに感謝しなければいけませんね^^
また、来年もきます。いや近いうちにまた来るでしょう(笑)

そうそうまたきょうもボッカをしました。荷重は前回と同じぐらい
ちょっと遠征を考えていたのです・・・




4月27日 広島県民の森、展望園地経由池ノ段

イメージ 29



六ノ原センターから登りはじめました。きょうは気温が低く風も強い日でした。

イメージ 30




4月の初めの山は春らしく、心ウキウキでしたがこの日は最悪、晴れなか
曇りなのかなど不安定な感じの山でした。かなり冷たい風が吹いていました。

イメージ 31




      時々日が差すとこんな感じです。

イメージ 32




立烏帽子山のふもとにある避難小屋で昼食。中は綺麗に掃除がしてありました。
もちろん我々もゴミ一つも残さず持って帰りましたよ^^/

イメージ 33




そして驚くではありませんか。立烏帽子山の山頂に近づくにつれ風に舞い落ちる
白いもを気にしながら上を見上げるとなんと木の枝に霧氷が・・
この時期にここで霧氷が見られるとは思いもよらず感動でした。

イメージ 34

どうりで寒いはずです。




真冬の霧氷に比べれば少し見劣りはするかもしれませんが、
この時期の霧氷は驚きでした。

イメージ 35




気温は1500〜1700mで-2〜-6と天気予報で言ってましたので標高1000m前後では
気温も少し高いのかな。しかし風も強風ということもあって体感温度は寒く感じ
ましたね。

イメージ 36




立烏帽子山山頂

イメージ 37




池ノ段から御陵を見てみると霧氷があるようで今朝の早い時期にはどの
山頂も白く見えていたと思われます。

イメージ 38




きょうは池ノ段から越原峠に下山、そこから公園センターに向かって下山しました。

イメージ 39




4時間半の山行で下山しましたが、雲も取れて晴れ間がのぞくと
やはり春を感じる山行になりました。

イメージ 40


あと一つの山行がありますが容量が足らずあらためてアップの予定です。







































































また、また紅葉(黄葉)巡り(笑)・・・とはいうものの紅葉も
だんだん下に降りてきて、むしろこれからは里山が見ごろになる時期ですね。
だからきょうは運動を兼ねての山行になりました^^/

イメージ 1

地図では右の亀石コースから登り、下山は鳥上滝コースでまた駐車場へと
戻りました。休憩を含め約4時間半の山行でした。



静かな樹林帯をのんびりと歩きます。いい天気でしたよ!!

イメージ 2




亀石の駐車場を過ぎると石橋を渡っていきます。

イメージ 3




標高の低いところではこのような紅葉も、まだ見ることができました。

イメージ 4




川に沿ったゴロ場の登山道を登りきれば、やっと水平道になります。
もうこの辺の紅葉は終わっていました( ;∀;)

イメージ 5




乾いた落ち葉の道は最高に気持ちいい。ざくざくと聞こえる音が心地いいです。
ときどき葉に隠れた枝でつまづきながらですがね(笑)

イメージ 6




やっと山頂に続く木道に着きました。
ここに咲いたカタクリが見事だったことを思い出します。

イメージ 7




日曜日ということもあって、きょうはいつもより人が大勢いました。

イメージ 8

いつもなら小屋に入るのですがきょうは天気もよく、この場所で昼食を
とることにしました。




昼食後は鳥上滝コースへと下山します。

イメージ 9




鳥上滝手前の階段を降りると・・・

イメージ 10




鳥上滝の水は斐伊川に注がれて出雲平野へと流れていきます。
水量は少な目かな?

イメージ 11

古事記ではこの土地のことを「鳥髪」といい、この船通山に八岐大蛇が現れ、
クシナダヒメを餌食にするのをスサノヲノミコトが助け、そしてそれを退治した。
尻尾からアメノムラクモの剣(草薙の剣)がでてそれをスサノヲノミコトが
アマテラスオオミカミに献上したという神話があります。

もともとこの船通山は鉄山と呼ばれるほどに鉄が豊富で、地元の横田では
日本刀の材料となる玉鋼を作ることが盛んに行われていました。

スサノヲが八岐大蛇を退治したときに、その血で斐伊川の水が赤く染まったと
言われてますが、この場所で鉄をつくるときにでる赤い水を斐伊川に流したことを
表現しているのではないかと言われているようです。

まあ、船通山を登るときにこの八岐大蛇神話を思い出しながら登るのも
楽しいですね♪




標高が下がるにつれ、またこのような紅葉が見られるようになりました。

イメージ 12




鳥上コースの駐車場に到着、きょうはここからさらに歩きます。

イメージ 13




むしろ下界に近づいたほうが綺麗でした(笑)

イメージ 14




イメージ 15





イメージ 16


ここからもう少しで駐車場に到着です。山頂付近では紅葉(黄葉)も
見られませんでしたが、標高が低くなるにつれまだ色づく木も多くありました。
標高4~500mの里山も、もう少しすればいい色合いになると思います。

紅葉ハンターではありませんが、見て!見て!とアピールする山々があれば
また、出かけなくてはと思う我々でした^^/





















きょうは、まず東の原からリフトを使わず女三瓶山に登頂、その後は
室内池へ下山して、さらに孫三瓶に登って楽しんできました。

イメージ 1




東の原の登山道の途中に咲いていたリンドウ。きょうの天気は抜群でした^^/

イメージ 2




女三瓶山の展望所から大平山を望む。

イメージ 3




女三瓶山から男三瓶山の登山道は現在通行禁止。今年4月の大田市の震度5強の
地震によって登山道が崩落しているからです。なので女三瓶山を下山して
室内池に向かいました。

イメージ 4




室内池に到着。惜しいかな紅葉は終盤を迎えているようでした。

イメージ 5




前方に子三瓶が見えてます。手前の孫三瓶と子三瓶の鞍部にこれから向かって、
そこから孫三瓶に登ります。

イメージ 6




孫三瓶山頂に到着。ここで昼食を摂りました。

イメージ 7




孫三瓶の山頂から男三瓶山のショット。きょうも登山者が大勢いましたよ!!

イメージ 8




昼食後、大平山と向かいました。女三瓶山の紅葉が良く見えました^^

イメージ 9




イメージ 10




イメージ 11

天気のいい山行に満足しながら大平山から歩いて駐車場まで下山しました。
駐車場にはまだたくさんの車がありました!












この間までは朝夕寒く長そでを着たり、時には暖房を入れることもありました。
しかし、きょうは夏日?? 気温は28〜29℃、蒸し暑くはないのですが
直射日光の日差しを強く感じた日でした。

イメージ 1

きょうは西の原から男三瓶山へ登ります。ウイークデイの割に駐車場は
思った以上の車が止まっていました。


そして、登山の準備をしていたとき、少し離れたところで巡回していた
パトカーが、ひとりの登山者と会話をしているところが見えました。
私にはその会話が何なのか分かりませんでしたが、ひょっとしてと思いました。
のちにNancyがいうには熊という言葉が聞こえたといいますが、私にはまったく
聞こえていません。

ただ、パトカーの巡回が登山者に話しかけているということは熊の情報かと思い、
すぐに三瓶自然館サヒメルに電話をしたのですが、本日は休館日とのメッセージ、
そこで今度は大田市警察署に電話、担当者というかたが出て「お察しのとおり
午前8時頃に三瓶山の北側道路を横切る熊が目撃されました」と言われたのです。

道路を麓に降りて横切ったのか、山頂に向けて横切ったのかは分かりませんでした
とにかく姿が目撃されたということ。その後の情報は皆無でしたが我々が登る
方向とは離れているということもあって、そのまま登ることにしたのです。

でも、樹林帯では熊鈴を鳴らし笛を吹いて歩いていましたが、途中からは登る
苦しさや、時間がたって度胸がついたのか熊ことは忘れて登っていました(笑)



男三瓶山に登る分岐に到着。

イメージ 2



見晴らしのいいところに到着。

イメージ 3



標高1000メートルのガレ場。

イメージ 4



山頂が近いガレ場。

イメージ 5



やっと山頂に到着。ここまで2時間我々のコースタイム(笑)

イメージ 6



山頂には思った以上に登山者がいましたが・・・画像なし(笑)

イメージ 7



避難小屋で昼食です♪

イメージ 8





イメージ 9

我々だけが使用していました。!! 
注意書きをきちんと履行してきましたよ^^/



借景^^/       

イメージ 10



ハルリンドウ

イメージ 11



アカモノ

イメージ 12



タニウツギ

イメージ 13



放牧場

イメージ 14



熊と遭遇せずに無事下山できました^^/

イメージ 15

とにかく今年は熊の目撃情報が多いことに驚いています。
私の住む町でこの春には二件の目撃情報。この熊は同じ熊と思われますが
行動範囲が広く、まだ捕獲されていません。なにも悪いことをしていなければ
射殺もされないと思いますが、事故が起こらないことを祈るばかりですね♪





全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事