新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2010527日 No.132
 
タイトル: 風雲急を告げる朝鮮半島:米国戦争屋の極東シナリオを読み解く
 
1.朝鮮半島の緊張高まる
 
2010520日、韓国政府の調査団が、韓国哨戒艦艇「天安」撃沈を北朝鮮魚雷攻撃だと断定、北朝鮮政府は強く反発、朝鮮半島の緊張が一挙に高まってきました。その結果、我が日本のネット社会では、天安攻撃犯が北かどうかというより、第二次朝鮮戦争が勃発するのかどうかに関心が移っています。
 
 天安事件の真相が何であれ、50名近い韓国兵が犠牲になっており、その犯人を北であると、韓国政府調査団が断定した以上、今、韓朝間は、いつ戦争が開始されてもおかしくない状況です。昔なら、韓国民が激昂して、ほんとうに戦争になっていたでしょう。しかしながら日本以上に、ネットの発達している韓国では、多くの国民が、政府調査団発表の天安事件の北犯人説を疑っていますので、韓国民が、北に激昂しているというような状況ではありません。戦争抑止効果としての韓国ネットの威力は絶大です。
 
2.米国戦争屋にコントロールされ続ける北朝鮮
 
 筆者は長年、米朝関係は八百長ではないかと疑ってきました。そのことは拙著(注1)にてすでに公表しています。
 
米国戦争屋の権化・ロナルド・ラムズフェルド元国防長官の過去のあやしい動き(注2)からそれは明らかです。
 
 北朝鮮の保有する核技術は、欧州経由にて、北に供給されたものです。ちなみに、米国の真の同盟国・英国は2000年、北朝鮮と国交樹立していますから、核技術に限らず、米英の軍事技術は、容易に、北に供給されます。もちろん、北は中国やロシアからも軍事技術、核技術を導入することは可能です。
 
米朝は八百長関係であると言っても、それは米国戦争屋ボス・デビッドRFとキムジョンイル総書記の仲が良いという意味ではなく、北は戦争屋にとって“コントロラブルな敵”であるという意味です、すなわち、北は、戦争屋からのオンデマンドな要求にて、いつでも米国の敵役を演じる(あるいは演じさせられる)ことができるということです。
 
 そのために、ピョンヤンに最短距離の北との国境線近傍の黄海海域に常に、米原潜を配置し、いつでもキムジョンイルを攻撃できるよう戦争屋はスタンバイしていると考えられます。またキムジョンイル総書記もその現実を熟知しているからこそ、有無を言わせず、戦争屋の言いなりにならざるを得ないのでしょう。
 
3.米国戦争屋の対日戦略を知ろう
 
 米国戦争屋は、動物にたとえれば、獲物を虎視眈眈と狙うプレデター(ライオンなどの猛獣)です。彼らは常におのれの敵(獲物)をまず、設定します。すなわち“悪の枢軸”です。北は紛れもなく、戦争屋にとって仮想敵のひとつ(悪の枢軸)ですが、中東テロリストと並び、世界に公言された敵(カモ)です。
 
ちなみに、かつて“ほんものの敵”であった日本は、戦争屋にとって“隠された仮想敵”です。だからこそ、日本が寝返らないよう日米同盟があると考えるべきです。日本の場合、戦争屋にとって同盟を結んだ仮想敵(=味方を装う仮想敵)です。戦争屋にとって本音では、北より、日本の方が、はるかに警戒度が高いのです。なぜなら、日本は高度の技術力をもっており、日本がその気になれば、いつでも軍事大国(戦争屋の脅威)になり得るからです。
 
 在日米軍がなぜ常駐しているか、それは、日本の軍事大国化を阻止するのが、隠された主目的と考えるべきです。北は、その隠された主目的をカムフラージュするためのカモと位置付けられます。
 
 上記の米国戦争屋の対日戦略を知れば、戦争屋の権化・ラムズフェルドが、日本国民に内緒で、北の対日軍事脅威を演出するのは当然の戦争屋戦略です。日本の防衛関係者の幹部は、この戦争屋の対日戦略を十分、承知しているはずです。さもなければ、防衛幹部として失格です。
 
4.米国戦争屋は、世界中で戦争を仕掛けるのが仕事
 
 現在、米国はアンチ戦争屋のオバマ政権下にあり、戦争屋系政権・共和党は下野していますから、ブッシュ政権時代に比べて、戦争を起こしにくいのは確かです。しかしながら、そのために、彼らは、逆に凶暴化する危険が高まっています。上記、天安事件は、その延長線上で起きた(あるいは起こされた)と考えるべきです。
 
 米国戦争屋の行動原理(Behavior)を研究すればするほど、彼らの関与する戦争は、絶対に偶然の産物ではなく、事前にシナリオをつくって、実に用意周到に実行されることがわかります。それは当然です、戦争は絶対に勝たねばならないからです。負けたら、戦争屋幹部は戦犯となって処刑されますから。
 
5.極東戦争は米国戦争屋のセカンド・チョイス(シナリオ代替案)
 
 米国戦争屋の特徴は、攻撃すると決めた敵に必ず、優先順位をつける点です。筆者の持論では、彼らのファースト・チョイス、それは中東の敵です。言うまでもなく、イラン・イラク・アフガン(タリバン)の反米テロリスト国家です。一方、北朝鮮は常に、セカンド・チョイス(代替案)です。
 
 このように、彼らは戦争シナリオを描くとき、かならず、セカンド・チョイスを用意します。なぜなら、戦争屋は、戦争準備段階で兵器生産の前倒しを行いますので、シナリオが狂って、本命の戦争(ファースト・チョイス)が実現しないとき、セカンド・チョイスの戦争を誘発させて、予め準備した兵器を何が何でも、在庫処理しようとします。これは彼らの本能です。
 
 われわれ日本国民は、極東が、米国戦争屋アリーナ(戦場)のセカンド・チョイスと位置付けられていることを、十分認識しておく必要があります。
 
6.戦争屋に恫喝され続けるアンチ戦争屋のオバマ政権
 
 20103月中旬に予定されていたオバマのグアム訪問(極東米軍リストラのため)が戦争屋の妨害でドタキャンされ、その直後の326日、上記、天安事件(戦争屋の謀略の疑い濃厚)が勃発しています。仰天したオバマは328日、シブシブ、アフガンを電撃訪問(戦争屋の恫喝による電撃訪問か)しています。要するに、アフガン戦争やらないと、極東で暴れるぞという脅しです。
 
 オバマは大統領就任後、戦争屋の恫喝に屈してアフガン増派を発表、政権支持率を落としていますが、その後、戦争屋の期待に反して、アフガンは大規模戦争に至っていなく(ブッシュ時代と大違い)、戦争屋はオバマに対し、非常に不満を抱いていたと思われます。
 
 そしてたたみかけるように、420日、メキシコ湾で海底油田掘削装置(韓国現代重工製)が爆発、事業主英国BP(ロスチャイルド系)が大損害を受け、オバマ政権への大打撃となっています。また、この事故(あるいは事件?)は韓国のイ・ミョンバク大統領(現代財閥出身)にも大打撃です。
 
 戦争屋によるオバマへのアフガン戦争の督促に逆らい、オバマは512日、アフガンのカルザイ大統領をホワイトハウスに呼び、米軍早期撤退を前提にアフガン情勢安定化を求めています。このように、オバマは、戦争にはやる戦争屋の神経を逆撫でしています。戦争屋にとって、ファースト・チョイスのアフガン戦争のらちが開かなくなったのです。
 
 そこで戦争屋は、上記、セカンド・チョイスの極東戦争、すなわち第二次朝鮮戦争をアンチ戦争屋のオバマに突きつけていると分析できます。
 
 現代財閥出身のイ・ミョンバク韓国大統領も、現代重工のつくった原油掘削装置の爆発の補償問題で、戦争屋に弱みを握られてしまいました。その結果、戦争屋のペースで、天安事件をテコに、北への宣戦布告的行動を取らざるを得ないわけです。
 
韓国と北朝鮮は元々同胞同士です。韓国には親戚が北に住んでいる人も多い、できれば戦争したくないはずです。そのような状況でも、無理やり戦争に持ち込むようにもっていくのが、戦争屋なのです。
 
 韓国のみなさん、ネットを通じて、戦争屋の狙いを読み取り、絶対に、戦争に引き摺り込まれないようにして下さい。
 
 526日現在、オバマ政権のヒラリー・クリントン国務長官は中国を訪問中です。彼女は200人もの米財界人を同行しているそうです。この事実から、オバマ政権は、戦争屋の扇動にて、第二次朝鮮戦争を起こしたくないという意図が明確に読み取れます。
 
 オバマ政権は、中国市場を目指す米財界人をバックにつけて凶暴化する戦争屋への牽制を行っていると読むことができます。
 
7.戦争屋に協力する悪徳ペンタゴン日本人に怒り心頭
 
 上記のような切羽詰まった極東情勢を読み解くならば、戦争屋エージェントを唯々諾々と務め、アンチ戦争屋であった小沢・鳩山コンビを追い詰めた親・戦争屋の悪徳ペンタゴン買弁日本人(自民党清和会、大手マスコミ人、親米官僚、親米タレント・評論家)がいかに許せない存在か、よくわかります。心底、腹が立ち、情けない思いです。
 
 この原稿書いている最中、筆者の家の真上を自衛隊航空機が爆音立てて低空飛行を繰り返し、習志野落下傘部隊の演習に余念がありません、いい加減にしろ。千葉習志野も第二の普天間に等しい。
 
注1:拙著[2008]『情報と技術を管理され続ける日本』ビジネス社
 
注2:Rummy's North Korea Connection What did Donald Rumsfeld know about ABB's deal to build nuclear reactors there? And why won't he talk about it?
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm


テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
 

この記事に

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事