新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2012128日 No.521
 
タイトル:イラン戦争を企む戦争中毒ネオコンの闇スポンサーはラスベガスの帝王だった
 
1.米国大統領選における共和党候補ギングリッチ浮上の不気味
 
 今、米国では次期大統領選に向けて共和党の大統領候補の予備選が行われています。本ブログでは、その候補者の中で、ニュート・ギングリッチが大統領に選ばれるのを非常に危惧しています(注1、注2)。なぜなら、彼は米国戦争屋内の好戦派ネオコンの支援を受けていることが明らかであり、もし、彼が次期大統領に選ばれたらかつてのブッシュ・ジュニア戦争屋ネオコン政権の再来となるのは間違いないからです。
 
なお、上記、米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン日本人勢力の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。
 
 先日もノースカロライナ州での予備選にてギングリッチが勝利しています。非常に不気味です。米国民は彼の危険性を知った上で支持しているのではないでしょうか。米国民は米国の雇用環境を活性化するにはやはり戦争特需にまさるものはないと肌で知っています。背に腹は代えられないとはまさにこのことです。
 
2.米国はやはり危険極まりない戦争中毒国家だった
 
 我が家では英字新聞のジャパンタイムズをとっていますが、2012128日付けの同紙に、イスラエル国旗の隣に陣取るシェルドン・アデルソン(注3)の写真がデカデカと掲載されています。
 
 どこかで観たことのある人物だと思ったら、最近、シンガポールにできたカジノ・マリーナベイ・サンズのオーナーでした。彼はラスベガスの帝王で大富豪です。
 
 なななんと、この人物があの危険極まりないギングリッチの闇スポンサーだったのです。ジャパンタイムズにはそのことが堂々と書かれています。
 
 この大富豪はイスラエル・ロビーの象徴であり、ネオコン支援者の象徴です。米国にはこのような人物が大勢いて、大統領選を動かし、米国戦争屋をも動かすことがわかります。
 
 米戦争屋をサポートすることが、ラスベガスの帝王でいられる条件なのでしょう。さもないと、彼はとっくの昔に米戦争屋謀略部隊に始末されていたでしょう。
 
 米国民もこのような米国寡頭勢力の闇の構造を知りながら、危険人物ギングリッチを支持しているのですから、もう何とも言い様がありません。
 
 ところで筆者は過去、ラスベガスに数回行ったことがありますが、この街は全米一安全ですから、夜も一人歩きできるわけです。なぜなら、ラスベガスを訪問する客(カモ)に対して犯罪をおかす人間はカジノを経営するラスベガス・マフィアによって確実に処刑されるからです。
 
3.次期大統領選にて共和党が勝てば、イラン戦争の危険が高まる
 
 本ブログ前号(注4)にてイラン戦争の勃発可能性を取り上げましたが、201211月、もし、ギングリッチが大統領になったら、2013年はイラン戦争勃発の年となる可能性が極めて高いと思われます。また仮に、別の大統領が選ばれても、民主党ではなく、共和党大統領だとイラン戦争に突っ走る危険性は高いでしょう。しかも共和党支持の米国民はそれを望んでいるということです。ほんとうにとんでもない国です、アメリカは・・・。
 
 もしそうなったら、米戦争屋ジャパンハンドラーからの日本政府に対するイラン戦争資金拠出要求が一層強まります。その上、ホルムズ海峡は戦場となり、日本への原油タンカーは航行できなくなります。われらの国富が奪われ、オイルショック(まさに“油断”と言えます)で日本経済は大混乱となります。
 
 米戦争屋は窮地に追い込まれた日本政府に対し、中東の石油が欲しかったら、戦争に協力しろと迫ってくるでしょう。90年代初頭の湾岸戦争時代、そして2003年のイラク戦争時代の再来です、ヤレヤレ。
 
 このような未来が待っている日本にとって最悪シナリオを防ぐには、引き続き、オバマに大統領を続けてもらうしかありませんが、われら日本国民にはどうしようもありません。
 
4.われらの国富が米国の戦争資金に渡るのをいかに阻止するか
 
 今、悪徳ペンタゴン・マスコミは消費税増税問題を年金財源問題と結びつけて国民の関心を引こうとしていますが、財務省はわれら一般国民の年金財源を確保するために消費税増税を企んでいるのではありません。われらのもらう年金の財源の大半は我らの子供世代が払う年金積立金から賄われています。財務省は野田政権に消費増税をやらせて、自分たちのポケット財源を欲しがっているのです。その理由は、上記のように近未来、米国に日本の国富が奪われる可能性が高いため、財務官僚は自分たちのポケットマネー(特別会計)が減るのを穴埋めする必要に迫られているとみなすべきです。財務官僚は国民のことを税金を取り立てる搾取の対象としかみていません、彼らがわれら一般国民の年金財源を本気で心配することは金輪際ありません。
 
 ところで今の日本の年金制度の歴史を振り返ると戦前、国民年金積立金は戦争資金に流用されていたわけです(注5)。われら国民は当時から日本政府にだまされてきています。この日本政府の国民だまし体質は今日まで変わっていません。
 
 われら国民が日本の主人なわけですから、米国の言いなりになって、われらの国富を米国に差し出す日本の悪徳ペンタゴン政治家や悪徳ペンタゴン官僚の動きをしっかり監視し、われらの国富が絶対に米国に奪われないようしっかり見張るしかありません。とにかく、今の日本の政治家も官僚も絶対に信用してはならないということです。
 
注1:本ブログNo.498故・カダフィーの二の舞・北の将軍様の急処分:イラン戦争の代替シナリオとしての極東戦争リスクが高まる20111219
 
注2:本ブログNo.499北朝鮮情勢:国際ジャーナリスト・田中宇氏のテレビコメントを真に受けることなく、同氏のブログを読むべし20111222
 
注3:シェルドン・アデルソン、ウィキペディア参照
 
注4:本ブログNo.5202012年のイラン情勢を概観する:イラン戦争は起きるか2012127
 
注5:年金、ウィキペディア参照
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事