新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命20121211日 No.690
 
タイトル:民主がダメだから自民へという安易な投票行動は日本を戦前の大政翼賛会国家に引き戻すことになると心得よ!
 
1.12.16総選挙後の日本:戦前の大政翼賛会国家に逆戻りか
 
 小沢氏が20121211日、街頭演説にて『このままだと大政翼賛会に』と発言したことが報じられています(注1)。
 
 本ブログでも、同様の危機感をもっています(注2)。
 
 連日の大手マスコミの報道によれば、自民支持が25%前後で政党支持率はトップのようです。
 
 衆院総選挙は小選挙区制ですから、多くの選挙区では比較優位でトップの候補者のみが当選する構造です。したがって、マスコミ報道を信じれば、政党支持率トップの自民公認候補が各小選挙区にて非常に有利となります。
 
 大手マスコミ各社の世論調査の政党支持率を信用すれば、自民の圧勝となる可能性が高いわけです。くやしながら、その現実はある程度、認めざるを得ません。
 
2.2012年の12.16総選挙:2005年の9.11郵政民営化選挙の二の舞となるのか
 
 小泉政権時代の2005911日、いわゆる郵政民営化選挙が行われ、小泉自民党が圧勝しました。
 
 このとき、480人の衆院議席に対し、与党の自民が296人、公明が31人の合計327人(68%と3分の2を超える)でした(注3)。
 
 一方、得票数でみると、郵政民営化賛成票(自公票)が3389万票であり、民営化反対票(自公以外の得票)が3419万票でした(注4)。このように郵政民営化に関して、国民の賛否は真っ二つに割れていたのですが、小選挙区制のマジックにて、郵政民営化賛成の自公議席数が3分の2を超えたわけです。
 
 これと同様の現象が今回の12.16総選挙でも起こる可能性があります。
 
3.2005年と2012年の違い:ネットの普及度
 
 2005年の9.11選挙時、国民は選挙情報に関して、大手マスコミの情報に依存していました、だから、まんまとだまされて自公を圧勝させてしまったのです。その後、だまされたと気付いた国民は、2009年の総選挙にて自民を下野させたのです。このように、大手マスコミにだまされて乗せられると国民は墓穴を掘ることになります。
 
 さて今回の2012年の12.16総選挙時、2005年当時と比べて、国民のネット利用率は格段に上がっています。だから、国民は2005年当時ほど、大手マスコミにだまされることはないでしょう。
 
 日本の政治を闇から牛耳る米国戦争屋ジャパンハンドラーやマスコミを含む悪徳ペンタゴン勢力もそれはわかっています、だから、維新の会やみんなの党など、ニセモノの第三極をデッチあげて国民をだまし、選挙後、民自公プラス維新あるいはみんなの党との大政翼賛会体制の実現を企んでいるわけです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.687の注記をご覧ください。
 
4.だましのオンパレードに国民がどこまで気付くかが国運を左右する
 
 確かに今はネットが普及していますが、国民の過半数が悪徳ペンタゴン・マスコミにだまされず、国民寄りの未来の党やその他の少数野党を圧勝させるほど覚醒しているかというと、それは疑問です、残念ながら・・・。
 
 それどころか下手をすると、自公単独で過半数をとる可能性もあるほどです。仮に自公が過半数を割っても、民主(小沢抜きの民主)、維新、みんなの党との連立を組めば、結局、悪徳ペンタゴン傀儡体制(大政翼賛会)となってしまいます。
 
 万全の態勢で臨む悪徳ペンタゴンは笑いが止まらないでしょう。
 
5.民主がダメだから自民に投票するという安易な発想は墓穴を掘る
 
 2009年時点では自民がダメだから、民主(小沢民主)へ投票という選択肢は国民の幸福にとって正解でした。
 
 しかしながら、12.16総選挙において、民主(小沢抜き)がダメだから、自民に投票という発想は絶対にダメです。
 
 このような安易な投票行動をとる国民は、日本を戦前の悪夢の大政翼賛会国家に引き摺り戻すことになります。
 
 1940年から45年の終戦まで続いた大政翼賛会体制(注5)の戦前日本において、日本国民は太平洋戦争に動員させられ300万人以上の国民が犠牲となっています。このような悪夢を二度と繰り返してはなりません。
 
 このときも、国民は当時のマスコミにだまされたのです、その構造は今も全く変わりません。
 
 日本が再び戦争したら、犠牲となるのは決まって一般国民です、一方、日本の大政翼賛会国家化を企む悪徳ペンタゴンは戦争で利権をむさぼる側に回ります、これは世の常です。
 
 今の日本は一応、民主主義国家ですから、国民がマスコミや政治家にだまされなければ、民主主義国家体制は守れるのです。
 
注1:スポニチ“小沢一郎氏「このままだと大政翼賛会に」初の首都演説”20121211
 
注2:本ブログNo.683日本未来の党誕生:未来の日本を民自公プラス維新の大政翼賛会国家に絶対させないための国民の究極の選択肢と知れ!』20121129
 
注3:第44回衆議院議員総選挙
 
注4:本ブログNo.177怖くなった小泉首相2005917
 
注5:大政翼賛会
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事