新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命201366日 No.760
 
タイトル:イスラエルの宿敵イランの核施設先制攻撃法:3.11事件以降、伝統的な空爆戦法から、サイバー兵器や人工地震によるステルス攻撃法に転換されている?
 
1.イランの原発が地震に襲われ被害
 
 日本のマスコミはサッカーの話題一色ですが、その陰で重大なニュースが目立たぬように流れています、それは、イランのブシェール原発が地震被害に遭ったというものです(注1)
 
 われら国民はサッカー・ワールドカップのアジア予選で勝った、勝ったと浮かれていないで、日本の対戦相手であるイラクやイランの原発や核施設にも関心をもつべきです。
 
 さて、筆者は不覚にも上記イランの原発が20134月に2回、地震に遭ったことをそのときは知りませんでしたが、49日および16日、2回の地震が原発周辺で起きたようです。1回目はM6.3で、2回目はM7.8と結構大きな地震です。特に2回目はイランとパキスタン国境地帯が震源のようです。
 
 ところで、イスラエルは80年代、イラクが建設中の原発を一方的に空爆した過去があります(注2)。この事実から、イスラエルの仮想敵国であるイラン、イラクの原発はイスラエルにとって重大な脅威であり、イスラエルはイラン、イラクの原発や核燃料施設を非常に警戒していることがわかります。
 
 ちなみに、イスラエル自身は密かに大量の核兵器を保有していると言われていますが、原発は一切、保有していません。彼らは原発が絶好の攻撃ターゲット(大型核地雷)になることを百も承知なのです(注3)
 
2.3.11事件前、米国内にてイラン核施設先制攻撃論があった
 
 上記、イラン原発地震遭遇事件から思い出されるのが、2010年、米国内にてイラン原発先制攻撃計画が存在した事実です。米国戦争屋内の過激派であるネオコンは、イランのブシェール原発を先制攻撃すべきという提言を行っていました(注4)
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.687の注記をご覧ください。
 
 上記、ネオコンによるイラン原発先制攻撃論を当時のオバマ米政権は採用しませんでした。もし、この2010年当時がブッシュ戦争屋政権であれば、間違いなくイラン原発への先制攻撃が実行され、米国とイランの間で戦争が起きていたことでしょう。
 
 2010年当時、米戦争屋ネオコンはイラク戦争後に本命のイラン戦争を起こそうと企んでいましたが、米国民の戦争反対運動および、米国防省内の伝統保守派軍人による国防省内のネオコン排斥運動によって、米国政権内のネオコン勢力が後退していました。だから、米国内の親イスラエル派ネオコンはイラン原発先制攻撃が実行できなかったわけです。だからと言って、彼らはイラン原発やイラン核燃料施設の攻撃をあきらめてはいなかったと思います。
 
3.3.11事件後、イラン核施設で謎の爆発事件発生
 
 オバマ米政権一期目の2010年当時、米国内のネオコンおよびイスラエルのネオコンは米政権の中枢から外されたとは言え、依然として、虎視眈々とイランの原発や核施設への先制攻撃を企んでいたと思われます。そのような欲求不満が募ったネオコンの逆境下、2011年になって日本にて悪夢の3.11事件が起きました。そして、東電福島原発が大事故を起こしました。ちなみに、事故当時の東電福島原発にはなぜか、イスラエルの国防企業マグナBSPの安全監視システムが導入されていました。そのことが、イスラエルの新聞ハアレツによって2011318日に報じられています(注5)
 
日本では3.11事件後の原発大事故で大混乱の続く201111月、イランのイスファハンの核燃料施設(ウラン濃縮工場)で原因不明の爆発事故が発生しています(注6)
 
 確たる証拠はありませんが、イスラエル・ネオコンもしくはモサドによるテロ攻撃の疑惑が非常に濃厚です。
 
 ちなみに、ネオコン・モサドが開発したと言われるサイバー兵器・スタックスネット(注7)がイランの核施設のサイバー攻撃に使用されていると言われています(注8)
 
4.20128月ロンドン・オリンピック開催中にイランで大地震発生
 
 2012年ロンドン・オリンピックではテロが起きると事前にうわさされ、ロンドンでは大規模なテロ対策がとられました。しかしながら、3.11事件の被災ガレキでつくったバッジをつけた日本人選手団が開会式で、全員、追い出された事件はありましたが、大規模テロは起きませんでした。その代り、2012811日、イランで大地震(M6.4)が起きました。
 
 本ブログでは、これは人工地震だったとみなしています(注9)。したがって、イランは人工地震攻撃のターゲットにされているのは明らかです。対イランの人工地震仕掛け人の狙い、それは、イラン核施設への人工地震攻撃とみなせます。
 
5.20134月イラン核施設周辺で起きた地震は人工地震攻撃なのではないか
 
 上記のように、イラン核施設事件に関して時系列で分析すると、イラク戦争を仕掛け、次にイラン戦争を企んでいる米国戦争屋ネオコン(親イスラエル勢力)が、イラン核施設先制攻撃を虎視眈々と狙っていることがわかります。
 
 そして、2011311日に起きた3.11事件の前まで、彼らは空爆による先制攻撃を画策していましたが、3.11事件以降、サイバー攻撃および人工地震攻撃というステルス攻撃法に転換していることが判明します。
 
 要するに2003年のイラク戦争時代から2011年の3.11事件前までの米戦争屋の対イラン核施設先制攻撃戦法は従来型の空爆による攻撃手法だったのですが、3.11事件以降、サイバー攻撃や人工地震攻撃(津波攻撃含む)などステルス攻撃法に転換されています。
 
 このように、3.11事件以降、彼らネオコンのイラン核施設先制攻撃のステルス化戦法を知ると、今回のイラン核施設の地震被害事件(注1)は、偶然の地震ではないのではないかと疑われます。
 
 もしそうならば、イランの核施設は今後もステルス攻撃に晒されることになります。
 
 ちなみに、最近、中東中心に広がる新種コロナウィルス(注10)も不気味であり、上記のステルス攻撃法のひとつと疑われます。
 
注1:産経ニュース“イラン原発に「ひび」地震の影響、外交筋2人が証言”201365
 
注2:イラク原子炉爆撃事件
 
注3:本ブログNo.757安倍首相に原発セールスさせている黒幕は戦争のプロであり、原発を大型核地雷とみなしている可能性あり』2013530
 
注4:本ブログNo.178民主党菅政権の日本:四面楚歌に陥った米国戦争屋(D系)に抱きつかれ心中の運命か』2010822
 
注5:HAARETZIsraeli firm which secured Japan nuclear plant says workers there 'putting their lives on the line'”2011318
 
注6:本ブログNo.488イラン核施設が謎の爆発:イスラエル要人曰く、事故ではないと・・・』2011121
 
注7:スタックスネット
 
注8:本ブログNo.531東電福島原発がほんとうにサイバー攻撃されていたのかどうか東電は国民に明らかにすべきだ!』2012216
 
注9:本ブログNo.620日本の3.11大地震に続く今回の 8.11イラン地震からわれら日本人は何を学ぶべきか』2012814
 
注10:FNN“中東などで感染確認の新種コロナウィルス、ヒトから感染の可能性”2013513
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事