新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命20141222日 No.1028
 
タイトル:来年の日本国民は戦争世紀に叩き込まれるのか:米軍の北朝鮮空爆を手始めに、韓国軍同様に日本の自衛隊が北朝鮮に派遣される事態が予想される
 
1.ソニーの北朝鮮キムジョンウン暗殺映画の公開中止にオバマがコメントする異例事態
 
 このところ、ソニー映画の北朝鮮キムジョンウン第一書記暗殺映画の公開中止問題が日米マスコミで取り上げられています、なぜなら、オバマがソニーを批判、北朝鮮の恫喝に屈してソニーが映画の公開を中止するのは表現の自由に反するし、国家恫喝に屈するのはよくないと公式コメントしたからです(注1)。
 
 それに対して、ソニーも我々には公開中止の権限はなく、各映画館の決める問題だと反論しています。
 
 さらにオバマは北朝鮮をテロ支援国家に再指定する可能性を示唆しています(注2)。
 
 さて、日本を属国支配する米国戦争屋は彼らの傀儡・北朝鮮(日米韓の敵役国家)を日米韓の脅威国家に仕立てて、極東米軍の日韓駐留の大義名分に利用してきたと本ブログではみています。ところが、上記の騒動にて、米国の対・北朝鮮戦略に変化が起こる可能性が浮上しました。上記のソニーvsオバマの掛け合い漫才は、近未来、米国が北朝鮮をどのように料理するのかを占うのに絶好のネタを提供しています。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.米国寡頭勢力の対・北朝鮮戦略に変化が起きているのか
 
 北朝鮮を日韓および米国の脅威に仕立てて、米国防総省が極東米軍の日韓駐留予算を確保していると本ブログではみてきました。北朝鮮の核脅威をウラから創出してきたのは米戦争屋CIAネオコン系のラムズフェルドなどです、しかも北の核開発コストを負担させられてきたのは日韓政府です、その原資はわれらの血税です!(注3)。日韓国民はわれらの血税で北朝鮮の核脅威をつくらされてきたのです、日韓政府も日韓国民もどこまで愚かなのでしょうか。悪賢いラムズフェルドの高笑いが聞こえそうです。
 
 ところが、アンチ米戦争屋でアンチ・ラムズフェルドのオバマは、米国防予算のリストラを米国民に公約していますから、極東米軍コストを削減したいわけです、そのためには、日米韓の敵役をやらされている北朝鮮のキムジョンウン体制を崩壊させるのが早道なのです。そこで、本ブログでは、オバマ政権による北朝鮮空爆を期待してきました(注4)。オバマ政権二期目では、米戦争屋エージェント・ヒラリーを政権から排除したので、ひょっとしたら、オバマは北爆を断行するのではないかと予想していました。
 
 そして、最近、オバマはヘーゲル国防長官を、対・北朝鮮強硬派のアシュトン・カーターに交替させています(注5)。このサプライズに合わせるかのように、キムジョンウン暗殺映画がつくられていたわけです(注6)。しかもそれを日本のソニーにつくらせています、何と狡猾でしょうか。なぜ、ソニーはこんな映画をつくらされたのか実に不可解です。
 
 本ブログでは、上記のような動きは、親中の韓国朴大統領への恫喝や安倍総理に集団自衛権導入を急がせている動きとすべて水面下で連動していると読んでいます(注7)。
 
3.2015年は悪夢の戦争世紀が再来する予感あり
 
 本ブログでは、このところの米国の動きをウォッチして、来年、米国戦争屋は再び、日韓を含む世界を戦争世紀に叩き込もうとしているとみています(注8)。
 
 彼らの最優先戦争ターゲットはシリアとウクライナですが、こちらは背後にロシア・プーチンが控えているので、そう簡単ではありません。そこで、米戦争屋を含む米国寡頭勢力は、故意に原油安を誘導して、ルーブル危機を創出し、プーチンを苦境に陥れています。そのスキを突いて、米戦争屋CIAネオコンはあの手この手で戦争を引き起こそうと躍起になっています。
 
 一方、オバマは自分の政権下で、中東戦争も米露戦争もやりたくないでしょう、彼は反戦主義者ですから・・・。
 
 そこで、米戦争屋の関心を北朝鮮に向けさせ、米軍による北爆ならすぐに容認する姿勢を示して妥協しているように見えます、米戦争屋にとって北朝鮮は代替ターゲットに過ぎませんが・・・。
 
 この読みが当たっているなら、来年、先に、北爆が実行される可能性が高まります。来年、日本では米FRBとその株主・欧米銀行屋の謀略にて超円安と株暴落でパニックが起こされるはずと本ブログでは予想しています(注9)。このとき、日本国民が、財政難の日本は800兆円規模の米ドル債権保有国であることに気付いて、米国債を売れという国民運動が起きることを米寡頭勢力は危惧しているはずです。そこで、オバマの指示で米軍が北爆を断行し、自衛隊が北朝鮮に派遣され、日米韓vs北朝鮮戦争を引き起こして、日本国民の関心を戦争に向けさせる軍事プロパガンダが行われるかもしれません。そのとき、同時に日本で金融パニックが起こされるでしょう。この手口こそ、ショック・ドクトリン、すなわち、惨事便乗型資本主義が日本国民に適用されることになります。2011年の3.11事件のときの猛烈な円高ショックを思い出してください(注10)。
 
注1:ITメディアニュース“SPEの北朝鮮風刺映画上映中止はミス」とオバマ大統領”20141221
 
注2:日経新聞“米、北朝鮮「テロ支援国家」再指定検討 サイバー攻撃”20141221
 
注3:本ブログNo.689貧困小国・北朝鮮の核技術もミサイル技術も日韓国民の血税で賄われている疑惑あり:北朝鮮脅威を煽る似非右翼候補に絶対投票するな』2012129
 
注4:本ブログNo.738ヘーゲル米国防長官が北爆を断行すれば“在日米軍撤退”の端緒が切り開かれる可能性が浮上:日米安保マフィア真っ青!』201344
 
注5:本ブログNo.1022対・北朝鮮強硬派のアシュトン・カーター氏が次期米国防長官に就任したら、すでに空爆中のイスラム国同様に米軍による北朝鮮空爆が実行されるかもしれない』2014129
 
注6:本ブログNo.1027北朝鮮キムジョンウン暗殺を描いたソニー映画“ザ・インタビュー”公開中止?対朝戦争を煽る米国某勢力の暗躍が透けて見える』20141219
 
注7:本ブログNo.1020韓国・朴大統領スキャンダル暴露、安倍自民党の自衛隊の米軍傭兵化推進、北朝鮮キムジョンウン暗殺のソニー映画、在米日本自動車メーカー人質化、米民間団体の対日監視強化はすべてつながる』2014126
 
注8:本ブログNo.10252014年暮れの唐突な総選挙強行の裏に隠された謀略を占う:来年以降、世界を再び戦争世紀に突入させたい米国某勢力が平和憲法を廃棄させて自衛隊を傭兵として利用したいためだったのではないか』20141215
 
注9:本ブログNo.1011年内の唐突な衆議院解散・総選挙サプライズは来年に起こる円株同時大暴落とハイパーインフレによる日本国民の大パニックへの防御体制つくりか』20141116
 
注10:本ブログNo.4023.11東日本大震災の火事場泥棒:ATM窃盗7億円ではなく100兆円規模の大被害か』2011716
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事