新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2015216日 No.1063
 
タイトル:勇気ある元官僚・古賀茂明氏が“I amNOT Abe”と言ったがため安倍官邸を激怒させ、テレビ界を追われるかも:危機感をもったNHKに潜む希少の良心的マスコミ人が、戦前の徳田球一時代を国民に知らしめようとしている
 
1.戦前回帰の安倍政権下、言論の自由を封殺してきた恐怖の戦前日本が早くもゾンビのごとく蘇っている
 
 元・経産省官僚の古賀茂明氏は、テレ朝の報道ステーションのコメンテーターをやっていましたが、I am NOT Abe”と言ったがために安倍官邸を激怒させて、テレ朝は3月末で、古賀氏を降ろすことを決めたそうです(注1)。
 
 報道ステーションは日本政府の原発政策を意欲的に批判していて、すでに、その責任者・岩路ディレクターの不審死事件が起きています(注2、注3)。日本における原発政策批判に関しては、覆面官僚作家・若杉冽氏の著作「原発ホワイトアウト」と「東京ブラックアウト」がありますが、古賀氏は若杉氏と水面下で交流があるようです。同じく、新潟県知事・泉田裕彦氏も経産官僚出身で、原発批判者であり、古賀・若杉・泉田三氏は、官僚の模範と言えます。
 
 ところで、上記のテレ朝・報道ステーションは前々から、国家権力に睨まれています。現在の古館キャスターの前任の久米氏も政権批判をしていたため、降板させられ、オモテのテレビ界から追放されて、今、JCOMテレビの番組に細々と出演しています。
 
 そう言えば、NHKの堀潤アナも原発批判で退職を余儀なくされています(注4)。さらに、NHKの理系出身キャスター森本健成氏も原発批判者だったためか、痴漢冤罪事件で嵌められて左遷されています(注5)。
 
 これらはすべて、国家権力によるマスコミ人への見せしめであり、多くのマスコミ人はすでに委縮しています、われら日本人は反民主主義国・北朝鮮をもう笑えません。
 
2.安倍官邸に監視され続けるマスコミにも、まだ、かろうじて、まともなマスコミ人は幾分いるようだが、これこそ現代日本のわずかな救いだ
 
 安倍官邸は、NHKに籾井という安倍氏系財界人を会長ポストで送り込んで、NHKを事実上、ほぼ乗っ取っています。しかしながら、NHKには国家権力による言論規制に反発するマスコミ人がまだいます。この事実はわれら国民にとってかすかな希望です。
 
 上記、原発批判した森本キャスターへの陥穽工作は、安倍官邸と官憲による露骨なマスコミ人への恫喝だったわけですが、NHKの紅白歌合戦ディレクターは、2012年暮れの紅白に反原発歌手を登場させて、ギターに”Nuke is over”と書かせて、それなりの抵抗をしています(注5)。
 
 さらに、昨年暮れの紅白では、サザンの桑田佳祐にヒトラーひげをつけさせ、平和の歌を歌わせています。これもNHKを乗っ取った安倍官邸に対する、NHKの気骨ディレクターによる暗黙の抵抗でした。ところが、これが安倍命のネトウヨを炎上させて、大騒ぎとなりました(注6)。
 
 桑田氏を紅白に出演させたのは、NHK紅白の現場責任者であり、安倍氏のNHK乗っ取りに対する批判的パフォーマンスだと思われます。
 
 ところで、NHK2015215日、2000年放送のNHKスペシャル「徳田球一とその時代」を再放送しています(注7)。
 
 筆者はこれを観て、戦前回帰の安倍政権下の日本では近未来、戦前の言論弾圧時代が再び到来するのではないかと危惧しました。
 
3.戦前回帰の安倍政権によるネットの言論規制はどうなるのか
 
 上記のように、マスコミにおける言論規制は確実に強化されており、その規制は民主主義に反するので、水面下で行われています。そして、彼らはそれを国民に気付かせないようにするため、米ブッシュ米国戦争屋政権のやり方を真似て、特定秘密保護法を成立させています。そのため、彼らの言論規制はもう完全犯罪が可能になっています。
 
 ところで、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、現在の安倍政権・日本政府は米戦争屋に完全に乗っ取られたとみています。その証拠に、安倍政権・日本政府のやっていることは、まさに2000年代のブッシュ米戦争屋政権時代と同じです。日本の未来がどうなるかは、2000年代初頭に誕生したブッシュ米戦争屋政権時代の米国を観ればよいわけです。当時の米国は言論規制と戦争プロパガンダのオンパレードで、戦争世紀に突っ込みました。
 
 同様に、安倍政権下の日本も言論規制と戦争プロパガンダのオンパレードとなりつつあります。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
4.本ブログもいつ、マークされるか知れない
 
 今のところ、マスコミにて安倍批判を展開すると、米戦争屋に操られる安倍官邸は陰湿な言論弾圧を仕掛けたり、冤罪による陥穽工作を仕掛けたり、最悪、不審死させたりします。とくに、米戦争屋の正体を国民に知らしめると何されるか知れません。たとえば、反原発の泉田・新潟県知事は公の場で“自分が遺書を残して自殺しても、それは自殺ではない”と公言しています(注8)。このクラスになると、かつての佐藤・福島県知事(冤罪で嵌められた反原発知事)と同様に、ものすごい圧力が掛けられているのです。
 
 しかしながら、安倍官邸も米戦争屋配下の諜報部隊も、まだ、ちっぽけな個人ブログの規制にまでは至っていません、世論に与えるインパクトが小さいからです。だからと言って、油断禁物です、ちっぽけな本ブログもいつ、マークされるか知れません。
 
 とは言うものの、日本も米国もオモテムキ、民主主義国家ですから、安倍官邸も、その背後に控える米戦争屋ジャパンハンドラーも言論の自由はある程度、認めざるを得ないはずです。
 
 ところで、本ブログよりはるかにネット世論への影響力の大きいリチャード・コシミズ・ブログ(注9)も米戦争屋の背後に控える米国寡頭勢力(ユダヤ系寡頭勢力)に対する批判を行っていますが、ここまで来ると、彼らユダヤ系寡頭勢力の監視団体・SWCADLなどから警告メールが来るようです。
 
 いずれにしても、国家権力や日本を属国支配する米戦争屋配下のネット監視機関による言論規制がネットの個人ブログまで及ばないことを祈るばかりです。
 
一方、マスコミは米戦争屋と安倍官邸に厳しく監視されていますから、米戦争屋や国家権力に不都合な情報は流せません、したがって国民はマスコミのみに情報依存するのは危険です、みんな、ネット情報(まだ規制が緩い)をとって、おのれの判断力を磨く習慣を身に付けましょう。
 
 ネットのなかった戦前の日本国民は国家権力にだまされて戦争に引き摺り込まれ、数百万人が犠牲になりました。そのような戦前日本の再来を夢想している人物を日本国民は首相にしているのです、ほんとうに情けない!
 
注1:リテラ“官邸の圧力!?「報道ステーション」で安倍批判をした古賀茂明が番組を降ろされた!”2015216
 
注2:本ブログNo.965ネットで大騒ぎ!テレビ朝日の報道ステーションのディレクターが不審死した?それならなぜ、マスコミは報じないのか:米空母レーガン水兵の大量被曝問題と関係あるのか』201494
 
注3:本ブログNo.967テレビ朝日・岩路ディレクター不審死事件の謎:日本マフィアのシマ・原発事故除染作業の手抜きを暴いたくらいでは殺されないのではないか』201497
 
注4:本ブログNo.733日本の救国に貴重な反骨の若手日本人・堀潤アナを退職に追い込んだNHKはなぜ、これほど堕落したのか』2013321
 
注5:本ブログNo.705東電福島第一原発に大地震が再来したら4号機の空中プールの底が抜けて首都圏は一巻の終わり:朝日新聞やNHKにもまともな人間が残存しているのか』201314
 
注6:リテラ“紅白の安倍批判で「反日」と炎上の桑田佳祐 じゃあ「永遠の0」 主題歌提供はなぜ!?”201518
 
注7:NHKネットクラブ“Eテレセレクション・お願い!編集長「ETV2000 徳田球一とその時代」”2015215
 
注8:晴耕雨読“「泉田知事、インタビューのあと、「ここまで言ったら危ないかも」と呟いた。:岩上安身」”2013913
 
注9:リチャード・コシミズ・ブログ
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事