新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2015528日 No.1123
 
タイトル:世界を闇支配する寡頭勢力はなぜ、白人ではなく、黒人オバマをわざわざ二期も米大統領に据えているのか:いよいよ今夏、日米同時金融パニックとショックドクトリンが起こされそうな予感あり!
 
1.世界的寡頭勢力が所有する米国中央銀行・FRBは米国財政デフォルトに備えて緊急対策準備中
 
 米国中央銀行・FRBは、米国財政デフォルトに備え、緊急対応策を2014年から密かに準備していることが最近、暴露されています(注1)。米国財政はすでに何回か債務上限に達しており、これまでは上限引き上げで、なんとかデフォルトを回避してきました。
 
さて、現在の米財政の債務上限は18.1兆ドルです。ちなみに、日本は官民合計で8兆ドル規模(945兆円:1ドル120円換算)の対外債権をもっています(注2)。そのほとんどは対米債権とみられますから、日本は世界最大の対米ドル債権国です。したがって、もし日本が米国債の返済を米政府に要求すれば、米財政はたちまちデフォルトします、この事実をわれら日本国民はしっかり知っておくべきです。要するに、膨大な対日借金を抱えるアメリカ様の本音では、日本人が怖くて目障りなのです。だから、当然、彼らのアジェンダ・人口削減の対象の最優先が日本人であると知るべきです、われわれ日本人はみんな・・・。安倍首相はそのことをわかっているのでしょうか、大変疑問です。
 
ところで、その安倍氏はなぜ、先日、米議会で演説させてもらえたのか、それは、米議員から見れば、日本は世界最大の米国債保有国であること知れば、われわれはみんな首肯できます。
 
 さて、上記の報道(注1)によれば、201510月に、米財政は再び債務上限を迎えるようです。一方、FRBは年内に米政策金利の引き上げを行うと示唆しています(注3)。
 
 米連邦政府はFRBの発行する米ドルを借りて米財政を運用していますから、ドルの利上げはたちまち、米財政を直撃します。この状況を鑑みると、2015年に米財政デフォルトの可能性が高まっているのではないかと疑わざるを得ません。FRBのオーナーは決して米連邦政府ではなく、世界的寡頭勢力の所有する国際金融資本ですが、彼ら寡頭勢力は米財政を犠牲にしてでも、FRBの存立基盤を維持するでしょうから、FRBが米財政デフォルト危機に備えているのは当然です。
 
 なお、本ブログでは、FRBの利上げは2015年に行われるとすでに読み、それをトリガーに、2008年のリーマンショックに次いで、またも金融パニックが起こされると推測しています(注4、注5)。
 
2.世界的寡頭勢力が金融危機を起こすとき、必ずショックドクトリンを併用すると心得よ!
 
 本ブログでは、世界的寡頭勢力が2015年に金融パニックを起こすなら、そのとき必ず、ショックドクトリンを併用すると観ています、たとえば、3.11事件のとき、彼らは異常な円高を演出して、都合100兆円もの日本国民資産を奪い、米国に移転しています。本ブログでは、3.11事件の本質は決して大地震津波でも原発事故でもなく、実は日本国民資産100兆円の収奪事件であったと観ています。そのおかげで、米国はとりあえずデフォルトを免れたのです。そして、彼らは、そのことに日本国民が気付かぬよう、ショックドクトリンとして、大地震津波と原発事故を人工的に引き起こしたわけです(注6)。彼らの謀略はズバリ当たり、日本国民はパニックになって、日本から100兆円も対米移転されたことに気付かなかったのです。今でも、日本国民の誰も、3.11事件は実は100兆円収奪事件だったと思っていません。
 
 3.11事件当時の100兆円収奪はFRB配下の国際金融資本の仕業ですが、ショックドクトリンは彼らと連携した米国戦争屋ネオコンの仕業と本ブログでは観ています。彼らは呉越同舟の関係ですが、対日攻略の時は、見事に連携します。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
3.2015年は日米世界同時の金融パニックとショックドクトリンが実行されるのか
 
 2015年のある時期に計画されているFRBの利上げと同時に、日本で金融パニックが起こされ、同時に、ショックドクトリンとして第二の3.11事件が仕組まれていることは、十分、予想され、世界的寡頭勢力の黙示画(注7)通りでしょう(注4、注5)。
 
 しかしながら、今回は、日本のみならず、米国でも金融パニックとショックドクトリンが実行されそうです、すなわち、オバマ政権下での米財政デフォルト宣言と同時に、銀行閉鎖、取り付け騒ぎ、国内暴動、軍隊出動、などのシナリオが描かれているようです。
 
 そう言えば、20157月から9月の間、大規模軍事演習(JadeHelm)が計画されています(注8)。この間、デフォルト宣言がなされて、同時に全米の銀行が閉鎖され、米国民は預金が引き出せなくなってパニックに陥れられる可能性があります。
 
 こうしてみると、なぜ、あえて、黒人のオバマが二期も米大統領になれているのか、それは、彼の任期中に、世界的寡頭勢力は米財政のデフォルト宣言を黒人の彼にさせようとしているからと思われます。米国の恥・デフォルト宣言だけは、絶対に白人の大統領にはさせたくないのです、白人に対する信用が落ちますから。
 
 この黒人オバマにさせるデフォルト宣言のタイミングは、人工ハルマゲドンを計画している米戦争屋ネオコンにとっても、絶好のチャンスであり、彼らは第三次世界大戦の引き金を引くのでしょう。
 
 米国民がパニックに陥っているスキを突いて、狡猾極まりないネオコンは、イランに核ミサイルを撃ち込むと同時に、南シナ海にて中国を挑発、その後、日本の自衛隊を出動させて、日中戦争を引き起こそうと企んでいそうです。
 
 そのように憶測して、再度、世界的寡頭勢力の2015年黙示画(注7)を観ると、今年はどんでもないことが起こる年となりそうです。
 
 ちなみに、このところ地球規模で気象異変と地殻変動が多発していますが、これも、彼らの企むショックドクトリンの一環ではないかと勘繰られます。
 
 最後に言えば、日米の国民がネット情報から、彼らの謀略に土壇場で気付いて、彼らの仕掛けるショックドクトリンが実行できないことを祈るのみです。
 
注1:ロイター“FRB、米デフォルトに備えた緊急対策用意か”2015512
 
注2:財務省 平成26年末現在本邦対外資産負債残高
 
注3:ロイター“米FRB議長、年内利上げ強く示唆 景気先行きに自信”2015523
 
注4:本ブログNo.1050米国オバマ政権と米国中央銀行FRBを牛耳る欧州寡頭勢力の黙示録:2015年の日本は経済パニックを仕掛けられ、戦争に巻き込まれて大苦境に陥るのか』2015127
 
注5:本ブログNo.1079欧州寡頭勢力の使者・メルケル首相の隠された訪日目的とは:2015年春、日本で第二の金融パニックと第二の3.11が起きることを伝えに来たのか』2015310
 
注6:本ブログNo.4023.11東日本大震災の火事場泥棒:ATM窃盗7億円ではなく100兆円規模の大被害か』2011716
 
注7:エコノミスト表紙の高精細画像
 
注8:Jade Helm 15 conspiracytheory
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事