新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2016830日 No.1473
 
タイトル:日本国民は何故、貧乏化しているのか:安倍自民党も日本政府・日銀も外務省も、われら国民が汗水たらして稼いだ国富を湯水のごとく、米国や発展途上国に移転しているからと知れ!
 
1.今の安倍自民と外務省は米国戦争屋の要求を最優先して、日本国民が納めた血税を世界中にばら撒いている
 
 本ブログでは今、安倍自民と外務省によるわれらの血税ばら撒き問題を取り上げています(注1)
 
 本ブログでは、彼らによるわれらの血税のばら撒き行動は、彼らを乗っ取っている米国戦争屋の指示によると観ています。
 
 日本を乗っ取っている米戦争屋は今、米政権から下野しているにもかかわらず、日本を日米太平洋戦争の戦利品として70年以上も私物化しています。しかしながら、狡猾な米戦争屋は日本国民に対してステルス化している上、日本のマスコミを牛耳って、彼ら米戦争屋の対日ステルス支配の実態を日本国民に知らしめないようにしています。
 
 そのため、日本のマスコミからしか情報を取らず、ネットアクセスする習慣のない多くの日本国民は、戦後日本は独立国と思わされて今日に至っています。
 
 そして、ネットアクセスする習慣のない日本国民を中心に、安倍内閣は漫然と支持されています(注2)
 
 このざまでは、日本の劣化と貧乏化は悪化する一方です。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.外務省が日本を国連常任理事国にすることを最優先して大盤振る舞いしているスキに、日本は中国に追い抜かれた
 
 さて、今、日本の安倍氏を操っているのは米戦争屋ですが、米戦争屋とともに日米安保マフィアとなっている外務省官僚も安倍氏をおだてて操っています。
 
 その安倍氏は自分を映画の主役と錯覚しており、米戦争屋ジャパンハンドラーや外務省安保マフィアの振り付けで、得意顔をしているだけです。
 
 ところで、外務省官僚の悲願は、日本を国連常任理事国に格上げすることです。なぜなら、国際外交の場で自分たちがいばれるからです。
 
 そのために、外務省は見栄を張って、世界の開発途上国の中の国連加盟国にわれらの血税をばら撒いているのです。
 
 この行動は今始まったことではなく、1960年代から続けられています。にもかかわらず、いくらわれらの血税をばら撒いても、日本はいまだに、国連常任理事国になれていません、なぜなら、国連常任理事国(第二次世界大戦時の戦勝国)である中国が絶対に、日本の常任理事国入りを認めないからです。ちなみに、日本が国連常任理事国になるためには、今の国連常任理事国・米英仏露中の5か国の代表が全員、賛成する必要があります。ところが、中国が一貫して反対しているため、外務省がいくら国連に協力しても、彼らの悲願は実現されないのです。こうして、外務省が虚栄を張っているスキに、日本はいつの間にか、中国に追い抜かれたのです。こんなトンマな外務省官僚は全員、総辞職してもよいくらいです。
 
3.外務省は国連常任理事国という人参をぶらさげられて、ODA(注3)にわれらの血税を大盤振る舞いしてきたが、米国戦争屋ボス・デビッドRFにだまされた
 
 外務省の官僚は日本を一等国にするためには国連常任理事国になるしかないとデビッドRFから思い込まされてきました。その国連は、日本を乗っ取っている米戦争屋ボス・デビッドRFがつくった機関(国際機関に見せ掛けた事実上のRF財閥の私有機関)ですが、デビッドRFは、外務省官僚をおだてて、ODAに協力すれば日本も国連常任理事国になれると言っていたわけです。それを真に受けて、外務省はわれらの血税を湯水のように、ODAにつぎ込んだのです。そして2000年には日本のODA拠出額が135億ドルに達し、世界一となっています(注3)
 
 しかしながら、それでも日本は国連常任理事国になれないという無残な結果に終わりました。そしてさすがの外務省も、デビッドRFにまんまとだまされたことに気付いて、最近の日本におけるODA拠出額は4位か5位と低迷しています(注4)
 
 一方、中国やロシアは国連常任理事国にもかかわらず、ODA拠出額はランキング外です(注5)
 
 そして、外務省にとっては大失敗の政策でしょうが、少ないながらも最近まで、日本は中国にもODA援助を行っていたのです(注6)。そして対中ODAによる円借款累積は3兆円を超えています。
 
 にもかかわらず、中国は日本の国連常任理事国入りを一貫して拒否しているのです、なぜでしょうか。
 
 中国サイドに立てば、外務省による対中ODAは事実上の、日中戦争の戦争賠償金なのです。もらって当然、というのが中国の発想です。
 
4.日本のGDPがこの20年間、低迷しているのはなぜ?
 
 日本がODA拠出額世界一であった2000年、日本のGDP(名目)は米国に次いで世界第二位でした(注7)。ところが、2000年代半ば、中国の経済成長が著しくなって、2009年に日本は中国に追い付かれました。そして2016年には日本のGDPは中国の3分の一まで落ちてしまいました。
 
 なぜ日本は中国にあっさりと追い抜かれたのでしょうか、そのワケは、日本のGDPはこの20年間、足踏み状態でまったく成長していないからです。なぜ、日本のGDPは増えないのでしょうか、日本国民は昔も今も、一生懸命働いているのに・・・。本ブログの見方では、日本政府・日銀が巨額の米国債を購入して、日本の国富が対米移転され続けているからです。
 
 本ブログの見方では、この10年で、500兆円もの日本の国富が米国に移転されていると観ています(注8)。このざまでは、日本のGDPは成長するはずがないのです。
 
 その結果、日本のGDPは中国に大きく劣るようになったのです。このことを、米戦争屋に牛耳られる日本のマスコミはまったく指摘しません。
 
 上記のような悲惨な日本の実態を知りながら、安倍自民も外務省も、いまだに、アフリカに3兆円投資するとかほざいています。今の日本にはそんな余裕はありません。
 
 にもかかわらず、安倍自民も日本政府・日銀も外務省も、われら日本国民が汗水たらして稼いだ国富を湯水のように米国や開発途上国に移転しているのです。
 
それでもなお、漫然と安倍自民を支持している国民は上記の実態を知っても、なお、安倍自民を支持するつもりなのでしょうか。
 
注1:本ブログNo.1472日本国民の貧乏化が急速に進んでいるのにアフリカに3兆円もばら撒くと大見得を切っている安倍内閣の国民支持率が上昇?マスコミ調査はまったく信じられない!』2016829
 
注2:日経新聞“内閣支持率62%に上昇 本社世論調査”2016828
 
注3:政府開発援助(ODA
 
注4:外務省“ODA実績”平成28615
 
注5:経済ネタ帳“世界のODA拠出額ランキング”2014
 
注6:外務省“我が国の対中国援助形態別実績(年度別)
 
注7:経済ネタ帳“名目GDP(USドル)の推移(19802016)(アメリカ, 中国, 日本, ドイツ, フランス, ブラジル)2016
 
注8:本ブログNo.1233この10年で500兆円もの国富の対外移転が行われている事実もTPPの恐ろしい正体もマスコミは全く報道しない:みんなマスコミに頼らず、ネットから情報を取って日本の悲惨な現実に気付け!』20151013
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事