新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2016920日 No.1490
 
タイトル:日本を乗っ取っている勢力は英語の下手な安倍氏を小池氏に取り替えたいはず:われら国民は小池氏の正体を知るべき
 
1.小池新都知事はブラジルから帰国後、豊洲新市場問題に決着をつけられるのか
 
 本ブログは今、豊洲市場問題を追及している小池東京都知事について取り上げています(注1)
 
小池新都知事は今、豊洲市場問題などで大活躍していますので、ネットでは小池氏を応援する声が多いようです。今のところ、小池氏は都のプロジェクトに群がる利権屋と対立して、都民に成り代わって、悪い奴を懲らしめる勧善懲悪の正義の味方のように見えます。
 
 だから、今回の都知事選にて小池氏を支持した都民は大満足でしょう。小池氏は、築地市場の豊洲市場への移転に待ったを掛けていますが、豊洲市場の闇は深いので、すんなり問題が解決して、晴れて築地市場の豊洲移転がスムーズに行くかどうかは全く不透明です。
 
 本ブログの見方では、最悪、豊洲市場は開業しないまま廃業される可能性を秘めていると観ています(注1)。なぜなら、豊洲市場の実態を都民が知ってしまった以上、都民が納得するような豊洲市場の安全性を立証することはほぼ不可能と思えるからです。
 
2.自民党の反対を押し切って都知事選に立候補した小池氏はなぜか、除名処分されていない
 
 今回の都知事選の前、自民党は、自民党の方針に逆らって立候補した小池氏を応援する自民党員に除名処分をちらつかせて恫喝していました。
 
 そして、最近、自民党都議連は小池氏を応援した自民党員の区議7人に離党勧告し、従わない場合は除名処分すると発表しています(注2)
 
 ところが、肝心の小池氏本人の除名処分は見送られています(注3)
 
 自民党はもっともらしく屁理屈をつけていますが、結局、小池氏は自民党所属のままです。
 
 本ブログでは、安倍氏の上司も小池氏の上司も、事実上、日本を乗っ取っている米国戦争屋ジャパンハンドラーと観ていますから、小池氏の処遇を決めるのは、安倍自民ではなく、事実上、米戦争屋ジャパンハンドラーの意思で決まると観ています。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 さらに本ブログの見方を言えば、米戦争屋ジャパンハンドラーはポスト安倍の次期総理を小池氏にしようとしているのではないかと観ています(注1)。そのためには、かつての小泉劇場(小泉ヒーロー化演出)と同様に、今度は小池劇場の演出が必要となります。そして今回の豊洲市場問題の追及は上記、小池劇場の第一弾ではないかと本ブログでは観ています。
 
 そして、今回、安倍自民は小池氏への離党勧告も除名処分もまったくやる気がないということです。この事実は極めて重要です。小池氏は良い悪いは別にして、自民党の党則に反した行為をしているのに、自民党がそれに対し、不問に付すことは、悪い前例をつくってしまいますから、党の規律が損なわれます。
 
自民党に限らずいかなる組織においても、その人事に関して、このような露骨な特例あるいは特別扱いを行うと組織の規律が乱れて、その組織は成り立たなくなります。このようなことをもっとも忌避しそうな自民党があろうことか、小池氏をあえて不問に付すのはなぜでしょうか。
 
3.あの自民党が、反党行為を行った小池氏を処分できないのは何かウラがあるからと観るべき
 
 小池氏の明らかな党則違反行為に自民党が手を出せないのは、何かウラがあるからと思われます。本ブログの見方では、日本を乗っ取っている米戦争屋ジャパンハンドラーから、安倍自民に何らかのプレッシャーが掛かっているのではないでしょうか。
 
 この事実と、本ブログのもうひとつの見方、すなわち、米戦争屋ジャパンハンドラーはポスト安倍の次期総理に小池氏を想定しているのではないかという見方は関連していそうな気がします。なぜなら、日本で総理になるためには、日本の政権与党の総裁になるのが大前提ですから、小池氏が日本の総理になるためには、政権与党の自民に所属する必要があるのです。こうして、小池氏は米戦争屋ジャパンハンドラーの圧力で近未来、総理になるミチを温存してもらったのではないでしょうか、実際に、総理になれるかどうかは別として・・・。
 
 ところで、今の自民党の総裁選には、ジャパンハンドラーは100%、介入していると思われます。今では、自民党の実力者でも、ジャパンハンドラーが認めない人物は絶対に、自民総裁にはなれないのです。逆に、自民党内での人望が今一であっても、ジャパンハンドラーが推薦する人物なら、自民総裁になれるのです。そしてこのような現在の自民党内におけるウラ事情を小池氏は熟知しているはずです。
 
4.マスコミ総動員の舛添知事おろし劇も小池劇場(小池ヒーロー化)の一環だったのか
 
 上記のような小池都知事誕生の流れを見ると、その前の舛添都知事おろしは小池デビューのための前段劇だった可能性もあります。
 
 もしそうなら、小池氏は何者かのシナリオに沿って演技しているのかもしれません。
 
 ところで、小池氏の都知事出馬に当初から猛反対していたのは確か自民党都議連だったと記憶しています。だから、自民党本部も、都議連に同調して、小池出馬に反対したはずです。そのとき、小池氏は東京10区の衆院議員だったのですが、都知事出馬の条件として、議員は辞職していますが、自民党本部は公認しないだけで、小池氏に離党勧告も除名もしていないのです、実に不可解です。
 
 またネットで多くの人が指摘しているように、猪瀬氏が出馬した都知事選以降は、ムサシによる集計不正が行われている疑惑があります、だから小池氏がほんとうに圧勝したのかどうかは不明です。
 
 いずれにしても、小池氏の正体を知らない都民はだまされて支持するかもしれませんが、自民党や都議連の仲間内からの人望は決して良くないようです、否、それどころか、むしろ毛嫌いされていたのではないでしょうか。
 
 ところで、本ブログでは、2007年に小池氏が第一次安倍政権にて防衛大臣に抜擢されたとき、同氏に総理大臣の芽があるかどうか分析しています(注4)。この分析を読み直してみると、小池氏が自民党の同僚や自民党都議連の議員から毛嫌いされるだろうと想像できます、ズバリ、彼女は仲間内からの人望はない!ということです。
 
 しかしながら、米戦争屋ジャパンハンドラーからの受けは良いでしょう、なぜなら、米国人の多くはハッタリとパフォーマンスでのし上がるのが普通ですから、彼女に違和感はないのです、しかも彼女は日本人政治家にめずらしく英語がうまいのです。
 
 さて今、2007年時点を振り返ると、この頃の自民党にはまだ、まともな政治家が残っていて、ポスト安倍に小池氏を選ばず、まっとうな福田康夫氏を総理に選んでいます。あれから9年、今の自民党にはまともな政治家が皆無となり、米戦争屋ジャパンハンドラーに完全に乗っ取られていますからもう救いようがありません。小池氏が得意になるわけです。
 
 米戦争屋ジャパンハンドラーの本心では、英語が下手な安倍氏にはもう飽き飽きしており、小池氏にチェンジしたいのではないでしょうか。しかしながら、われら国民は、小池氏の正体を見破って、決してだまされないようにすべきです。
 
注1:本ブログNo.1489日本初の女性総理の座に目がくらんでパンドラの箱を開けてしまった小池東京都知事:豊洲新市場(4000億円)は、運転せずに廃炉にされた米国ショアハム原発(8000億円)の二の舞か!2016919
 
注2:産経ニュース“都知事選で小池百合子氏応援した区議に離党勧告 自民都連が豊島・練馬区議7人に 従わない場合は除名処分も”2016917
 
注3:産経ニュース“自民、小池百合子氏の除名見送りへ 都知事選「圧勝」で世論の反発警戒”2016年8月2日
 
注4:ベンチャー革命No.238小池総理実現の芽はあるか』2007814
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事