新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2016923日 No.1493
 
タイトル: 豊洲新市場をラスベガス化すれば、東京が北朝鮮ミサイルのターゲットになることもなく、直下型地震が起こされる心配もなくなる
 
1.何者かのシナリオどおりか、案の定、日本のテレビ報道番組は完成している豊洲新市場施設の転用案の話題に移り始めた
 
 2016923日朝のテレビ報道番組にて、豊洲新市場問題を取り上げていましたが、何者かのシナリオどおり、案の定、豊洲市場の転用案が出てきました。それは、大型物流倉庫案と大型カジノ案です。どちらにしても、この施設を転用したい勢力にとっては、豊洲新市場施設はおいしすぎる物件です。どのような転用案になるにせよ、その施設の建設はすで、都民の血税4000億円でまかなわれています。言い方を変えれば、新施設は事業者の投資ではなく、不特定多数の都民からの寄付によって出来上がったに等しいわけです。
 
 さて本ブログの見方では、近未来、豊洲新市場施設は巨大カジノを含むアミューズメントセンターに転用されるかもしれないと観ています(注1)。
 
 上記、テレビ番組によれば、小池都知事が以前に、カジノ転用案を話していたようです、ちなみに、彼女は安倍自民が進める統合リゾート推進法案(IR法案)(注2)に賛成しているようです。
 
 安倍自民は業界とつるんでIR法案成立を目指していますが、さすがに、カジノ施設を国民の血税でつくることは困難です。そこで、完成した豊洲新市場にケチをつけて、ここをカジノに転用しようと最初から企んでいた勢力がいてもおかしくありません。
 
 本ブログの見方では、その勢力は日本を乗っ取っている米国戦争屋ジャパンハンドラーではないかと観ています(注1)。ちなみに、小池都知事は彼らの傀儡と思われます。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.東京都民の安全のためにも、ラスベガスの帝王に豊洲市場施設を買い取ってもらうのは良いアイデア
 
 本ブログですでに指摘しているように、ラスベガスの帝王・シェルドン・アデルソンは東京にカジノをつくりたがっています(注1)
 
 このアデルソンはカジノの上がりを米国戦争屋ネオコンに献金しています(注3)。したがって、米戦争屋ネオコンは、アデルソンに不利益を与えることは決してやらないし、できないでしょう。
 
 もし、豊洲新市場をアデルソンに売って、彼がここに、ラスベガス型カジノをつくれば、米戦争屋ネオコンが東京湾にテロを仕掛けることはなくなります。
 
3.もし日本がネオコンを怒らせることをしたら、いつでも、東京湾で地震が起こせるようスタンバイされているかもしれない
 
 日本を乗っ取っている米戦争屋の配下のゼネコン・ベクテルは、東京湾アクアラインの海ほたるPAのボーリング工事を請け負っていました。そして、この海ほたる直下で地震が頻発しているのです(注4)
 
 本ブログの見方では、ベクテルはスクラップ&ビルドの得意なゼネコンですから、モノをつくると同時にモノを壊す技術も得意なのです。要するに、米戦争屋配下の米軍が敵地を攻撃して壊し、戦争が終わって、占領地の復興計画をつくって復興プロジェクトでもうけるのがベクテルの真骨頂なのです。
 
 ちなみに、ベクテルは、筆者がかつて勤務していた米国シンクタンク・SRIインターナショナルを設立した企業のひとつですが、その目的は、戦争後の占領地の復興計画をSRIに下請けするためでした。
 
 ベクテルは80年代から大成建設経由で日本市場に参入しており、海ほたるの工事を請け負ったと思われます。彼らのポリシーとして、彼らがつくったモノは必ず、壊せるようにしておくクセがあります。
 
 そこでネットにはベクテル陰謀論が存在し、海ほたるPA地下に何らかの仕掛けが行われていると疑われています、なぜなら東京湾の海ほたるPA直下で地震が頻発しているからです(注4)
 
4.シェルドン・アデルソンのカジノが豊洲新市場にできれば、東京湾がネオコンに狙われることはなくなる
 
 今の日本の人為的リスクは、米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)と水面下でつながる北朝鮮から、ミサイルを撃ち込まれることです。米戦争屋ネオコンが日本政府に原発をつくることを容認しているのは、日本がネオコンに逆らったら、ただちに、彼らの敵役傀儡・北朝鮮から日本の原発にミサイルを撃ち込ませるようスタンバイされているからと本ブログでは観ています(注5)
 
 もうひとつの日本の人為的リスクはネオコンに人工地震を起こされることです。自然地震はやむを得ませんが、ネオコンはいつでも、日本をステルス攻撃するための人工地震津波を起こせるのです。
 
 上記のような米戦争屋の属国・日本に存在する人為的リスクを回避する最良の方法は、ネオコンの大スポンサー・シェルドン・アデルソンの施設を日本につくることです、そうすれば、少なくとも、その施設近傍ではネオコンからステルス攻撃を受けることは絶対にないのです。
 
 そこで、東京湾にシェルドン・アデルソンのカジノをつくらせれば、少なくとも東京がネオコンからステルス攻撃されることはなくなります。
 
 本ブログでは上記のような観点から、良い悪いは別にして、ネオコンの大スポンサー・シェルドン・アデルソンに豊洲市場を格安で売却するのは、東京の安全にとって非常に良いことだと考えます。
 
5.シェルドン・アデルソンの東京湾カジノの顧客ターゲットは日本人よりも中国人や華僑の富裕層
 
 シェルドン・アデルソンはすでにシンガポールにカジノをつくって大成功していますが、そのカモは中国人や華僑の富裕層です。そして、彼の狙いはズバリ当たりました。
 
 しかしながら、彼のカジノを香港や上海につくったら、中国政府が規制してくるリスクが高いのです。香港のカジノ王は、中国の規制で彼の経営するマカオのカジノの収益が落ちているそうです(注6)
 
 マカオはカジノしかありませんが、東京湾にカジノをつくったら、中国からの大型客船の客が狙えるし、東京湾にはディズニーリゾートもあります。中国観光客にとって、東京はシンガポールに匹敵する魅力があります。
 
 さらに、中国観光客は都心で買い物して、銀座のブランドショップなどの売り上げ増も期待できます。そして築地を逐次、リニューアルすれば、銀座に近い築地はさらに大賑わいとなるでしょう。
 
注1:本ブログNo.1491豊洲新市場は最初から、カジノに転用できるように設計されていた可能性も否定できないかもしれない2016921
 
注2:統合型リゾート
 
注3:本ブログNo.521イラン戦争を企む戦争中毒ネオコンの闇スポンサーはラスベガスの帝王だった2012128
 
注4:天下泰平“北緯35度と東経139度の地震とベクテル社”2015912
 
注5:本ブログNo.1458中央構造線上にある危険な伊方原発や川内原発は何故、再稼働を強制されるのか:日本が密かに核武装したら、ただちに、北朝鮮から日本の原発にミサイルを撃ち込ませるため?2016813
 
注6:フォーブス“香港のカジノ王を襲う業績低迷 中国の規制強化が原因2015831
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事