新ベンチャー革命

アフィリエイトを始めました

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017121日 No.1588
 
タイトル:トランプがシリアかウクライナ・クリミア半島に米軍派兵を認めなければ、米国の戦争勢力はトランプをマイク・ペンスにチェンジするための失脚工作を展開するだろう
 
1.トランプは、日本を乗っ取る米国戦争屋の中の反露派と対立している
 
 2017120日、トランプの米大統領就任式が無事に終わりました。米国大統領ポストは米国寡頭勢力にとって、極めて重要ですから、彼らの事情次第で、米大統領は簡単に暗殺されたり、スキャンダル暴露で中途辞任させられたり、事故死や病死を装って消されたりするのが常です、戦争国家・米国の場合は・・・。そのため、今回のトランプの就任式はすでに、暗殺の危険に満ちていたのです。
 
 さて、本ブログは、日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は欧米銀行屋とともに、上記、米国寡頭勢力を構成していると観ています。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
 トランプの場合、旧・米戦争屋ボス・デビッドRFおよび、その番頭・キッシンジャーとは親しいのですが、米戦争屋も一枚岩ではなく、トランプは米戦争屋CIAネオコンとは必ずしも、親しくないのです。その証拠に、旧・米戦争屋CIAネオコンのエージェント・マケイン上院議員は典型的なアンチ・トランプ派です。そして、マケインは反露派の代表ですから、トランプは米戦争屋CIAネオコンの中の反露派からすでに失脚工作のターゲットにされているとみなせます。なお、米戦争屋CIAネオコンの反露派は米軍事産業をスポンサーとしていると推測されます。
 
2.トランプが失脚すれば、副大統領・マイク・ペンスが自動的に大統領に昇格する
 
 暗殺のプロである米戦争屋CIAネオコンは、その気になればいつでもトランプを消すことが可能です。実際、選挙中、トランプの乗った最新型SUVがハッキングされて、彼は事故死するところでした(注1)。
 
 トランプに関しては、ケネディのときのような派手な暗殺劇は不要であり、米戦争屋CIAネオコンは偽装事故死をトランプに仕掛ければよいのです。
 
 いずれにしても、トランプが今後、4年間、無事に任期を全うするシナリオは非常に考えにくいのです。
 
 トランプは、偽装事故死、偽装病死もしくは下ネタ・スキャンダルなどで任期中途で辞任させられるなど、危険に満ちています。なぜなら、トランプが失脚すれば、副大統領・マイク・ペンスが自動的に大統領に昇格できるようすでに準備されているからです(注2)。マイク・ペンスの人選はトランプではなく、米共和党の推薦でしょう。そのペンスは、アンチ・トランプの代表・マケインの子分なのです。
 
 本ブログでは、ペンスが副大統領に指名された時点で、米戦争屋CIAネオコンは、トランプが大統領になったら、必要に応じて、傀儡・ペンスに取り替えればよいと判断していたと推測されます(注1)。
 
 ペンスはかつてのブッシュ・ジュニアと同じく、米戦争屋CIAネオコンにとっては楽勝の米戦争屋CIAネオコンの傀儡政治家です。
 
3.トランプが米露戦争に反対すれば、大統領就任後、半年以内に失脚工作が実行される
 
 トランプは完全なアンチ米戦争屋ではないので、米戦争屋CIAネオコンの米露戦争計画を黙認すれば、失脚工作は実行されない可能性が大となります。
 
 トランプ自身、自分が失脚しないためには、米戦争屋CIAネオコンの行動を追認すればよいだけと自覚しているでしょう。一方、露プーチンは米露戦争をなんとしても回避したいので、トランプを説得するでしょうが、戦争中毒の米戦争屋CIAネオコンはありとあらゆる手を使って、米国民を米露戦争に引き摺り込もうとするでしょう。
 
 その際の米露戦争は、シリアかウクライナが戦場になると思われますが、シリアに関しては、露軍がシリアから撤退すれば、米露戦争は回避されるでしょう。しかしながら、ウクライナ(紛争中のクリミア含む)が戦場になった場合、露プーチンは徹底抗戦するはずですから、ウクライナでの米露戦争は、下手すると、第三次世界大戦の様相を呈するでしょう。
 
 いずれにしても、現時点では、米戦争屋CIAネオコンがどう動くのか、トランプは米戦争屋CIAネオコンに屈するのか、そして、露プーチンがどう動くのか、その予想は非常に困難です。上記、米戦争屋CIAネオコンを支える米軍事産業が地球上に存在する限り、近未来、またも戦争が起こされるリスクはなくなりません、しかも、米戦争屋の傀儡となっている安倍氏率いる日本は、米戦争屋の仕掛ける戦争に巻き込まれるのは必至です。
 
注1:本ブログNo.1527『ヒラリーは今、米国捜査当局から強制捜査されているらしい:日本のマスコミのヒラリー報道は日本を乗っ取る米国戦争勢力に厳しく検閲されて偏向しているのではないか』2016115
 
注2:NAVERまとめ“暗殺の場合は昇格も!米国「副大統領」マイク・ペンスとは”2017121
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事