新ベンチャー革命

アフィリエイトを始めました

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017212日 No.1608
 
タイトル:トランプはなぜ、安倍氏に対し見え透いた作り笑いと暗黙の恫喝を繰り返すのか:日米の金融資産関係の真実をわれら日本国民は知る権利がある
 
1.なぜ、トランプは安倍氏を異様に歓待したのか
 
 今、マスコミは日米首脳会談の報道一色ですが、あのトランプが安倍氏に最大級の歓待をしたことが異様に目立ちます。
 
 筆者は個人的に、米国シンクタンク・SRIインターナショナルに16年半、勤務した経験がありますが、その経験から言えば、アメリカの白人が本音では嫌っている日本人に対し、異様にニコニコしているときは、彼らの下心を十分把握して警戒する必要があります。
 
 さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、それは、戦後日本が米戦争屋に乗っ取られていると観ているからです。
 
 このような日米関係の真実をトランプはよくわかっているはずです。トランプにとって、日本は決して、米国と対等の国家ではないのです、米国と英国とは対等の関係ですが・・・。
 
 にもかかわらず、トランプが、日本の代表としての安倍氏を大歓待したのは、それなりの下心と打算があるからです。
 
 本ブログですでに取り上げているように(注1)、安倍氏はわれら日本国民を犠牲にして、アメリカ様にわれら国民の国富1750兆円のうち、50兆円規模を対米献上するという大きな手土産をトランプのために持参したと思われますが、それをトランプは小躍りして喜んでいるわけです、単なる作り笑いのジェスチャーですが・・・。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.トランプを小躍りさせたのは、われら日本国民の国富50兆円の対米献上だけではない
 
 ところで、今の米国政府の財政は大赤字であり、債務残高が2000兆円を超えています(注2)。なぜなら、タックスヘイブンの普及で、米企業や富裕層が大幅な節税をしているからです。
 
 一方、日本全体の対外資産残高は950兆円規模です(注3)。
 
 なぜ、950兆円もの日本の国富が対外移転されているのでしょうか、言うまでもなく、日本は膨大な米国債を保有しているからです。
 
 財務省の公表している外貨準備高150兆円が、オモテムキの日本の米国債保有額のように言われていますが、日本全体でほんとうはどれくらいの米国債を保有しているのかは、公表されていません。
 
 筆者個人の見方では、上記、950兆円の対外資産残高のほとんどが米国債ではないかと観ています。
 
 したがって、米国政府の債務残高2000兆円の半分近くは日本全体(日銀や都銀・生保など含む)が債権者となっているのではないでしょうか。
 
 トランプは日本だけではなく、中国にも一目置いていますが、それは、中国も130兆円規模の米国債を保有しているからでしょう(注4)。
 
 簡単に言うと、米国政府の財政は、日本と中国のおかげで成り立っていると言って過言ではないのです。
 
 この現状をトランプは知っているでしょうから、日本のみならず、中国にも愛想を振りまいているのです。
 
3.日本政府は、日本全体でほんとうはいくら米国債を持っているのか、真実を隠している
 
 米戦争屋に乗っ取られている日本政府は、国民に対し、ほんとうはどれくらいの米国債を持っているのか秘密にしていると本ブログでは観ています。
 
 財務省統計(注3)では直近で950兆円の対外資産残高となっていますが、一方、対外負債残高は600兆円規模です。これは、日本の日銀や都銀・生保などが米外資に円を売って米ドルを買っているため、米外資などの非・日本金融機関のもつ円資産総額と思われます。したがって、日銀を含む日本の金融機関は少なくとも600兆円規模の米ドル資産を持っているとみなせます。そして、これが米国債になっているとすれば、もし、日本が保有する米国債をいっせいに売れば、米国政府の財政はたちまち破産するのです。
 
 ところで、日本政府は1200兆円規模の債務残高があります(注5)。しかしながら。この債務のほとんどは、日本国民の国富からの借入金です。一方、米国政府の債務残高(注2)2000兆円の過半は、日本や中国が債権国となっているのです。
 
 したがって、トランプは米国政府債務の債権国・日本と中国には、一目を置かざるを得ないのです。そして、日本に対しては褒め殺しと脅しを掛け、中国に対しては、作り笑いでご機嫌を取っているのです。
 
 日本のマスコミは、米戦争屋に厳しく監視されているため、日本国民に向けて、日米の金融資産関係の真実を全く報道できないのです。日本国民のみんなが日米の金融資産関係の真実を知れば、トランプの見え透いた対日作り笑いの真相が見えてきます。

注記:2017212日午前、北朝鮮が日本国民を威嚇するための弾道ミサイルを発射したようですが、彼らの背後に潜むCIAネオコンの仕業でしょう。日本国民が在日米軍への依存症になるように洗脳して、日米同盟を強化したい安倍氏への応援花火と思われます。

注1:本ブログNo.16072017210日の日米首脳会談後、上機嫌のトランプをよそに“参ったな”と言う表情をみせた安倍氏:50兆円もの日本国民の年金積立金を対米献上する約束をしたのがばれるのは時間の問題か』2017211
 
注2:経済のネタ帳“政府総債務残高の推移(米国)”
 
注3:財務省“平成27年末現在本邦対外資産負債残高”
 
注4:日経新聞“中国の米国債保有、日本に抜かれ2位に 為替介入で大幅減少”20161216
 
注5:経済のネタ帳“政府総債務残高の推移(日本)”
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事