新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017321日 No.1636
 
タイトル:戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争勢力のボスであったデビッド・ロックフェラーが死去:今後、日米関係に大きな変化が起こる可能性が大
 
1.戦後日本をステルス支配して乗っ取ってきた米国戦争屋のボス・デビッドRF101歳でついに死去した
 
 本ブログのメインテーマは米国戦争屋のウォッチですが、米戦争屋は戦後日本を今日までステルス支配してきたと観ています。
 
 米国のいかなる組織も烏合の衆ということはなく、必ず、ボスがいて組織を統率しています。上記、米戦争屋の場合、戦後から今日まで、デビッドRFが牛耳ってきたと本ブログでは観ています。
 
 ところが、そのデビッドRFがついに、101歳で死去したと報道されています(注1)。
 
 さて、本ブログではトランプ政権誕生後、米戦争屋の動きに微妙な変化があるのを察知して、デビッドRFがすでに無力化しているのではないかと推測していました。
 
 今回、ついにデビッドRFが死去したことから、本ブログの見立てどおり、過去、数か月から半年くらいの以前から、デビッドRFは事実上、無力化していたと思われます。
 
 昨年、米大統領選でヒラリーがトランプに負けましたが、ヒラリーを支援してきたのはデビッドRFでした。しかしながら、ヒラリーはトランプに負けました。本ブログの見方では、昨年、デビッドRFの無力化をいち早く察知したはずのジェイRF(ジョンRF四世)が暗躍して、ヒラリーは負けたと本ブログでは観ています。
 
なぜ、ジェイRFはヒラリーの大統領当選を嫌うのでしょうか、本ブログの見方では、ヒラリーの夫・ビル・クリントンを1992年の米大統領選でデビッドRFが出馬させて、ジェイRFの出馬が妨害されたと疑われるからです(注2)。ジェイRFには、デビッドRFのみならず、デビッドRFの傀儡・クリントン夫妻にも深い恨みがあると本ブログでは観ています。
 
2.米国戦争屋ボスであったデビッドRFが死去したあと、誰が米戦争屋の後継ボスに就くのか
 
RF財閥の正統な後継者は元々、ジョンRF四世(ジェイRF)ですが、彼の父・ジョンRF三世が1978年に交通事故死(暗殺の疑惑あり)して、叔父のデビッRF(ジョンRF二世の五男でジョンRF三世の末弟)が勝手にRF財閥の後継者になったことで、正統なるRF財閥の後継者であるジェイRFにとって、RF財閥を勝手に乗っ取った叔父・デビッドRFは許されざる宿敵です。
 
 デビッドRFからRF財閥覇権を奪還したいジェイRFは、昨年来のデビッドRFの事実上の無力化後、RF財閥の覇権奪還に向けて慎重に準備してきたと想像されます。
 
 一方、デビッドRFは数年前、まだ健在のころ、自分の長男・デビッドRFジュニアに跡目を継がせて、ジェイRFRF財閥の覇権を絶対に奪われないよう防衛してきたと思われます。ところが、肝心のデビッドRFジュニアは米戦争屋ボスになる器量に欠けていました。
 
 そこで、ジェイRFはデビッドRFジュニアと水面下で協議した上で、今、RF財閥の当主、すなわち、米戦争屋ボスの座を実質的に取り返したのではないかと本ブログでは観ています(注3)。
 
 以上の推測に基づき、本ブログでは、デビッドRFがボスを務めていた時代の米戦争屋を旧・米戦争屋と呼び、ジェイRFに大政奉還された米戦争屋を新・米戦争屋と呼んでいます。要するに、本ブログでは、新・米戦争屋ボスはジェイRFではないかと観ていますが、ジェイRFは、今のところ、まったくオモテに出ていないので、あくまでも、これは本ブログの推測です。
 
 ただ、2017320日、デビッドRFの逝去が公にされたことから、近々、RF財閥の当主、すなわち、米戦争屋の正式なボスが誰か、公表されるかもしれませんが、本ブログでは、現時点、それはジェイRFをおいて他にはいないと観ています。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
3.デビッドRFの死去で、日本にどのような影響があるのか
 
 さて、親日家と言われた故・デビッドRFは、日米欧三極委員会(注4)をつくって、毎年のように、訪日していましたが、それは彼が、戦後日本を日米太平洋戦争の戦利品としてみなしており、本人は、日本を自分の私有国家とみなしていたからです。
 
 そして、デビッドRFは、ジョセフ・ナイなどの米戦争屋ジャパンハンドラーを介して、戦後日本を事実上、支配してきたのです。
 
 そして、日本の外務省を筆頭に、日本の官僚は、米戦争屋ジャパンハンドラーの指示に従って、日本を統治してきたのです。そして外務官僚は、米戦争屋ジャパンハンドラーから認められないと、出世できない構造がつくられています。
 
 さらに、安倍自民の政治家も、外務官僚の指示に従って、日米外交をやらされてきました。
 
 しかしながら、日本を乗っ取る米戦争屋のボスがデビッドRFからジェイRFに交代したとすれば、これまで、日本でデカイ面をしてきた米戦争屋ジャパンハンドラーはすべて、デビッドRF系なので、全員、無力化される運命でしょう。
 
 今後、ジェイRFがどのような対日支配をするのか、まだ不透明ですが、R・アーミテージやM・グリーンはいなくなるでしょう。
 
 ジェイRFは若い頃、日本の国際基督教大学に留学しており、日本のことはよく知っています。これまでは、日本の政治家では小沢氏とコネを持っていました。
 
 また、ジェイRFは、欧州寡頭勢力とコネを持ち、ゴールドマンサックスともつながっています。そして、2008年の大統領選では、デビッドRFからの支援を受けたヒラリーを絶対に、当選させないよう、ヒラリーの対抗馬としてのオバマを支援していました。いずれにしても、無名であったオバマを米大統領にしたのはジェイRFですから、ジェイはオバマと思想的に近いでしょう。つまり、好戦的ではないということです。ちなみに、オバマはゴールドマンサックスからの献金で大統領選の選挙資金を賄っていますが、これも、ジェイRFの支援です。
 
 以上に述べたような本ブログの見方、すなわち、新・米戦争屋ボスにジェイRFが就いたとすれば、ゴールドマンサックスの日本介入が強化される可能性があります。本ブログ前号で述べたように、築地市場の豊洲移転問題で現実に、ゴールドマンサックスが暗躍している可能性は大です(注5)

 また、トランプ政権にもゴールドマンサックスがすでに深く介入しています(注5)
 
注1:日経新聞“デビッド・ロックフェラー氏死去 101歳、親日家の銀行家”2017321
 
注2:本ブログNo.1542201611月、次期米大統領選の最有力候補であったヒラリーはなぜ落選したのか:米国民の多くが米マスコミの世論調査でウソをついてだまして選挙不正させなかったから?それとも、ヒラリーを大統領にしたくない大物の暗躍があったから?』20161125
 
注3:本ブログNo.1560『戦後日本を属国支配してきた米国戦争屋勢力のボスがジョン・ロックフェラー四世に代わったとすれば、来年以降の日米関係は大きく変わる』20161217
 
注4:日米欧三極委員会
 
注5:本ブログNo.1635『隠れ核武装派としてネオコンから危険人物視されていた石原氏はなぜ、築地市場の豊洲移転を強引に決めたのか:ネオコンの大スポンサーであるカジノ帝王・アデルソンにゴマを摺るためか』2017320
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事