新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017416日 No.1658
 
タイトル:米国戦争勢力のボスだったデビッド・ロックフェラー亡き後、米国トランプ政権を乗っ取ったCIAネオコンの隠れスポンサーはカジノ王・シェルドン・アデルソンか
 
1.米国トランプ政権は早くも、米国民を裏切って、好戦派のCIAネオコンに乗っ取られた
 
 先日、トランプ政権によるシリア先制攻撃がありましたが、この事実から、米トランプ政権は早くも、米国戦争屋CIAネオコン(好戦派)に乗っ取られたのではないかと本ブログでは観ました(注1)。
 
ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
 さて、そのCIAネオコンは、上記、旧・米戦争屋のCIAネオコンですが、旧・米戦争屋のボスは、2017320日に死去したデビッドRFであったと本ブログでは観ていました。そして、新・米戦争屋ボスはジョンRF四世(ジェイRF)と本ブログでは観ていますので、今回、トランプ政権下で復活したことが判明した旧・米戦争屋CIAネオコンのボスは本来、ジョンRF四世のはずですが、彼はCIAネオコンへの支配力はデビッドRFに比べて弱いと本ブログでは観ています。したがって、最近、トランプ政権を乗っ取った旧・米戦争屋CIAネオコンのボスは、ジョンRF四世以外の誰かではないかと思われます。ちなみに、RF財閥の番頭であるキッシンジャーは、かつて、デビッドRFに仕えていましたが、今はジョンRF四世に仕えていると思われます。
 
2.トランプ政権を乗っ取った旧・米国戦争屋CIAネオコン(好戦派)のボスは何者か
 
 現在の本ブログの課題は、トランプ政権を早くも乗っ取った旧・米戦争屋CIAネオコンのボスが誰かを推測することです。すなわち、それは、米戦争屋を仕切ってきたデビッドRFに代わる好戦派ボスは誰かということです。
 
 ちなみに、筆者は個人的に、米国シンクタンクに16年半、所属していましたが、その経験から、米国組織は集団指導体制ではなく、必ず、全権を握る個人的ボスがいると観ています。したがって、デビッドRFが死んだ今、旧・米戦争屋の中のCIAネオコン(好戦派)を仕切れるボスは、ジョンRF四世ではなく、誰か他の人物と推定しています。
 
 そこで、本ブログの過去の投稿を振り返ると、選挙中のトランプは早い段階で、CIAネオコンのスポンサー・AIPAC(注2)で演説していることがわかりました(注3)。
 
 ちなみに、AIPACは米国議会の与野党を問わず、あらゆる議員の弱みをすべて握っていて、AIPACに睨まれたら最後、瞬く間に議員の座から引き摺り降ろされるそうです。要するに、米国の議員は全員、AIPACには逆らえないのです。
 
 ところで、今のトランプ政権に、娘婿のジャレッド・クシュナー氏が入っていますが、クシュナーの実父はAIPACの幹部だったようです。
 
 今、トランプは娘婿のクシュナーの意見を優先的に取り入れているようですが、クシュナーの背後にAIPACが控えています。したがって、トランプの軍事戦略はクシュナー経由でAIPACの意向が反映されているのは間違いありません。
 
 したがって、トランプは米軍をイスラエルの国益に沿うよう活用しなければなりません。シリアはイスラエルと敵対していますから、シリアは簡単に先制攻撃されます。
 
 それでは、AIPACを仕切っているのは誰かということになります。まず浮かんでくるのが、やはり、シェルドン・アデルソン(ラスベガスの帝王)(注4)です。
 
 ちなみに、9.11偽旗テロ事件の首謀者はCIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)と本ブログでは観ていますが、そのコストはラスベガスやマカオなどのカジノ収益で賄われたと指摘されています(注5)。そしてシェルドン・アデルソンはラスベガスやマカオでカジノを経営しています、つまり彼はCIAネオコンの大スポンサーなのです。そして、彼はトランプのスポンサーでもあるのです(注6)。
 
3.米国トランプ政権は旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡政権に堕した
 
 クシュナー経由でAIPACに牛耳られるトランプ政権は今や、イスラエルの国益を最優先で軍事戦略を立てていると思われます。アメリカファーストを唱えて、大統領になったトランプは早くも、米国民を裏切り始めたのです。
 
 今後、イスラエルのために、トランプは米軍を中東に派遣して、必要なら、シリアやイランと戦争をしそうです。そうなったら、集団的自衛権の名の下に、自衛隊が米軍の傭兵として駆り出されることになります。
 
 一方、北朝鮮に関しては、中東よりも軍事戦略的な優先順位が下がりますので、簡単には米軍を使用しないでしょう。
 
 さて、本ブログでは、北朝鮮は旧・米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)のミサイル・核実験場に利用されていると観ていますので、トランプが本気で、北朝鮮を先制攻撃することもないし、そのために本気で米軍を北朝鮮攻撃に利用する可能性も低いということになります。
 
 一方、北朝鮮は米軍から本気で攻撃されることはないと知っていますので、これまでどおり、敵役傀儡国として、対米挑発は続行して、極東の軍事的緊張を扇動し続けることになります。そして、日韓国民は対米依存症の状態に据え置かれます。その結果、トランプ政権から中東派遣を要請されたら、日本は自衛隊の中東派遣を、そして韓国は韓国軍の中東派遣を拒否できなくなります。
 
注1:本ブログNo.1655『米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない』2017413
 
注2:アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC
 
注3:本ブログNo.1351『米国在住の一般ユダヤ人は米共和党が毛嫌いするトランプ氏を支持:われら日本人もナチス同様にイスラム国(IS)を悪役化する戦争屋系世界的寡頭勢力の第三次世界大戦勃発シナリオの手口に覚醒すべき!』2016328
 
注4:シェルドン・アデルソン
 
注5:オルタナティブニュース“9/11 TRUTH GOES NUCLEAR: Massive Download In Progress2014927
 
注6:本ブログNo.1386『米国の好戦派ネオコンが反戦派のトランプ支持に転向?:ネオコンはヒラリーを見限ったのか』2016515
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事