新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命201754日 No.1668
 
タイトル:米国と北朝鮮のミサイル実験はシンクロしている:米露戦争が始まったら、北朝鮮国民が在日米軍と日韓国民の弾除けにされる
 
1.米国トランプ政権下、米国戦争屋が大っぴらにICBMの実験を繰り返しているが、北朝鮮の弾道ミサイル実験と巧妙にシンクロさせている
 
 このところ、米国戦争屋は唐突にICBMの実験を繰り返していますが(注1)、北朝鮮脅威の醸成とシンクロさせているようです。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、北朝鮮は彼らにとって敵役傀儡国家と観ています。
 
 本ブログの見方に従えば、北朝鮮のミサイル・核実験は背後から米戦争屋CIAネオコンがコントロールしており、北朝鮮のミサイル・核実験は実質的に、米戦争屋CIAネオコンが実行しているに等しいと本ブログでは観ています。
 
 そして今、彼らは米トランプ政権を乗っ取っており、北朝鮮脅威(CIAネオコンによってでっち上げられたニセモノの脅威)を利用して、遂に、堂々と、自分たちもミサイル実験を始めたのです。
 
なお、上記、戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
2.ICBMの実験を堂々とやりだした旧・米国戦争屋にとって、真の仮想敵国は北朝鮮なんかではない、それはやはりロシアだろう
 
 旧・米戦争屋CIAネオコンが堂々とICBMの実験を開始しましたが、それは、彼らが乗っ取ったトランプ政権にて、米国防予算の10%近い増額を勝ち取ったこと(注2)が関係しているでしょう。米軍事産業の兵器開発予算が確保されたので、米ICBM生産メーカーが勢いづいているということです。
 
 旧・米戦争屋にとっての真の脅威国は、北朝鮮なんかではなく、やはり、ロシアなのです。そのロシアは昨年、アンチ・米戦争屋のシリア・アサド政権への軍事支援に踏み切り、旧・米戦争屋を激怒させていました。その結果、米露の緊張が高まり、第三次世界大戦危機が急浮上しました。そして、ロシアは早速、ICBMの実験を強行しています(注3)。ICBMに関して、ロシアは自国内のシベリアで実験可能ですが、旧・米戦争屋にとって、米国内でのICBM実験は無理です。そこで、彼らは敵役傀儡国・北朝鮮を利用して、ICBMの実験を計画してきました。そして彼らはすでに北にICBMKN-08)を持たせています(注4)。
 
 ちなみに、北朝鮮のプアな工業インフラでは、単独でICBMを開発できると考えるのはあまりに能天気です。北が今、開発しているとされるICBMKN-08)は、北を敵役傀儡化している旧・米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)から秘密裏に供与されていると本ブログでは観ています。
 
 その隠された狙いは、やはりロシア攻撃用にあるでしょう。このような旧・米戦争屋の隠された魂胆を、露プーチンはとっくに見破っており、モスクワ中心にすでに核シェルターが整備されています(注5)。
 
3.近未来、旧・米戦争屋CIAネオコンがロシアと戦争を始めたら、極東では北朝鮮に配置したミサイルを使用する
 
 もし、近未来、第三次世界大戦が勃発するとすれば、それは、旧・米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコンおよび欧州NATOを含む)とロシアによるミサイル撃ち合い合戦になると予想されます。
 
 そして、旧・米戦争屋CIAネオコンは、北朝鮮のミサイル基地を対露攻撃用として利用する他、欧州・ルーマニアやポーランドなどの米軍基地に配備したミサイルも対露攻撃用として使用するでしょう(注6)。
 
 旧・米戦争屋CIAネオコンにとって、欧州には、極東の北朝鮮に相当する敵役傀儡国家がないので、やむを得ず、ルーマニアやポーランドの米軍基地に対露攻撃用ミサイルを配備せざるを得ないのですが、米露戦争になったら、東欧の国民が巻き添えになります。
 
 一方、極東では幸い、彼らは北朝鮮という便利な敵役傀儡国家を密かに育成しているので、米露戦争になったら、北のミサイル基地がロシアから攻撃されて、北朝鮮国民が米国民や日韓国民の代わりに犠牲にされるわけです。
 
 ちなみに、東欧駐留の米軍基地と違って、在日米軍基地内にあえて攻撃用ミサイルが配備されていないのは、おそらく、ロシアからの在日米軍基地へのミサイル攻撃を受けにくくするためです。その代り、北朝鮮のミサイル基地(実質的に旧・米戦争屋のミサイル基地)がロシアからのミサイル攻撃の標的にされるわけです。その結果、真っ先に犠牲にされるのは北朝鮮国民となります。
 
 以上の見方からわかることは、北朝鮮国民こそ、日韓国民にとっては、有難い弾除けそのものなのです。われわれ日本国民は北朝鮮国民に感謝しなければなりません(笑)。いずれにしても、極東を乗っ取る旧・米戦争屋の存在こそが、極東平和の実現を妨げる最大の元凶であることをわれら日本国民は正しく認識すべきです。そして、このような戦争狂勢力に、日本を含む極東は乗っ取られて翻弄されているのです、残念ながら・・・。
 
 しかしながら、安倍自民党は、旧・米戦争屋と対峙するどころか、彼らの手先となって、彼らの手のひらで踊らされています、ほんとうに情けない限りです。
 
注1:AFP米軍、またICBM実験=6400キロ超飛行”201753
 
注2:ニューズウィーク“トランプ政権の予算方針は国防費増額 海外援助や環境は大幅減”2017316
 
注3:本ブログNo.1482『北朝鮮の核ミサイル実験と同時タイミングにて、ロシアもICBMの実験を実施:ロシアにシリア攻略作戦を妨害された戦争勢力は必ず意趣返しするからか』2016911
 
注4:KN-08
 
注5:In Deepロシア非常事態省が「モスクワのすべての市民を地下シェルターに避難させる用意ができた」と発表したこと。そして、大地震の前の上空の電子数の変化が地震予知に使われるかもしれないこと”2016930
 
注6:CNN米軍、欧州MD計画で初のミサイル稼働 ロシア反発”2016519
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事