新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017519日 No.1681
 
タイトル:朝日新聞に文科省内部文書をリークしたのは前・同省事務次官の前川氏(あだ名:奇兵隊)だった?:高杉晋作を気取る安倍氏の強引な大学新設に抵抗したのは前川製作所の御曹司だったとは何という皮肉か!
 
1.安倍氏が関与しているのは森友学園不正だけではなかった:辞めるなら今のうち
 
 安倍氏の関与が疑われる加計学園問題は前々から第二の森友事件と言われていましたが、安倍官邸の強い圧力で、日本のマスコミは故意に加計学園問題をスルーしていました。そして、これまで加計学園スキャンダルを追及してきたのは週刊誌のみでした。ところが、最近、朝日新聞がそのタブーに挑戦、大手マスコミとして先頭を切って、加計学園問題に切り込みました。そして、安倍氏は今度、森友学園スキャンダルに加えて、加計学園スキャンダル疑惑にも晒されています(注1)。
 
 その安倍氏一派は、朝日の暴露した文科省の内部文書は捏造だと強弁して逃げ切るつもりのようですが、日本全国で動いている他のいくつかの大学新設プロジェクトにも不正疑惑が存在することも事実ですから、個別の案件で逃げたつもりでも、新たな疑惑が次々と噴出して、安倍氏に与えるダメージは大きくなる一方でしょう。
 
 その意味で、安倍氏の政治生命は終わったも同然なのです。逃げるなら今のうちです。
 
2.森友学園問題は氷山の一角だった
 
 森友学園不正疑惑を第一の森友学園疑惑事件とすれば、今治市の岡山理大・獣医学部を含む全国規模での大学新設プロジェクトがらみの第二、第三の森友事件が目白押しなのです。
 
 そのことは、長周新聞の記事に詳述してあります(注2)。
 
 この記事を読むと、森友学園のキーパーソン・籠池氏の他、今、話題の加計学園の加計氏(注3)(安倍氏の個人的親友)、そして、国際医療福祉大の高木氏(注4)が、第二、第三の森友学園事件のキーパーソンとして登場しています。
 
 安倍氏が強引に学校事業をわれらの血税で推進しているのはなぜでしょう、それは、やはり、日本会議の意向があるからと推測されます。彼らは戦前回帰主義者であり、日本の軍国化を目指していますが、彼らの構想は戦前の軍国日本に倣っています。戦前日本が重視したのは子供の教育(洗脳教育)です。そこで、安倍氏を背後から操る日本会議は、安倍氏に戦後日本の教育システムを戦前回帰させるよう求めています。それはまさに、国家のために命を惜しまない日本人を再び大量生産することです。
 
 さて、本ブログでは、安倍氏は日本会議に操られるとともに、日本を乗っ取る米国戦争屋にも操られていると観ています。安倍氏のやらされている戦前教育システムの復活は、日本会議のみならず、米戦争屋による日本の自衛隊の米軍傭兵化構想ともピッタリ、マッチするのです。
 
 ちなみに、日本会議と米国戦争屋を水面下でつないでいるのは、北朝鮮にも食い込んでいる韓国生まれの統一教会(悪徳ヘキサゴン勢力)なのです。
 
なお、上記、戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
3.2017年春、文科省官僚が天下り問題で大量処分されたのは、やはり、ウラがあったのではないか
 
 ところで、今年になって、唐突に文科省官僚の大学への天下り問題に火がついて大騒ぎになりました(注5)。なぜ、唐突にこれが今、大問題になったのでしょうか、この程度のことは昔から行われていたことですが・・・。
 
今回、森友事件の発覚で、上記、唐突な文科省官僚への嫌がらせは、安倍氏一派による強引な文科省官僚支配のためだったのではないかと疑われます。
 
 今回、朝日のスクープで暴露された文科省内部文書から想像されるのは、安倍氏がらみの大学新設案件の認可に文科省が相当、抵抗していた形跡があります。
 
 その証拠に、朝日に文科省内部文書をリークしたのは安倍官邸に恨みを持っているはずの前・文科省事務次官・前川氏と名指しされています、その名を、悪名高い安倍官邸の幇間(ほうかん)・田崎氏にテレビでわざわざ言わせています(注6)。
 
 さて、その前川氏は、産業用冷凍機メーカー・前川製作所の創業者一族であり、文科省でのあだ名は奇兵隊だったそうです(注7)。このことから想像されるのは、安倍氏一派が文科省に対し強引に、加計氏や高木氏の新設大学への認可を要求したのに、前川氏は猛烈に抵抗したのではないでしょうか。そこで、安倍官邸は、天下り問題で文科省に嫌がらせをして、前川氏を強引に辞任させたのでしょう。
 
4.安倍氏は奇兵隊隊長・高杉晋作の晋を名前に入れているが、ちゃんちゃらおかしい!
 
 上記、奇兵隊のあだ名をもつ前川氏を不当に処分して辞任させた安倍氏は晋三という名ですが、これは、奇兵隊隊長・高杉晋作の晋なのです。なぜなら、安倍氏は山口県を地盤にしていますから・・・。
 
 ちなみに、筆者は山口県出身ですが、祖先には奇兵隊の隊員がいます。
 
 上記、長周新聞も山口県下関市のローカル新聞ですが、この新聞には、幕末の長州の反骨精神を感じますが、高杉晋作の名を取った安倍氏(注8)は、幕末の長州人の反骨精神のカケラもなく、高杉晋作とは程遠い人物です。
 
 さて、筆者は個人的に、上記、前川氏とは面識はありませんが、IHI勤務時代に前川製作所と仕事でコンタクトしていました。この会社は社員を大切にする実にユニークな会社だったと記憶しています。
 
 したがって、上記、前川・前・文科省事務次官は、安倍氏を恐れず、堂々と抵抗したのでしょう、この人こそ、高杉晋作に近いと言えます。
 
注1:本ブログNo.1680『朝日新聞の大スクープにより、加計学園問題で安倍氏の口利き関与の決定的証拠(関係者氏名・日時入り)が暴露される:安倍氏は即刻、自ら辞表を提出するしか選択肢はもうない!』2017518
 
注2:長周新聞“森友どころでない加計学園問題 日本中で進む国家の私物化お友達はみんな優遇され”2017329
 
注3:加計孝太郎
 
注4:高木邦格(くにのり)
 
注5:日経新聞“文科省天下りで37人処分 最終報告、違法事案62件に”2017331
 
注6:アノニマス・ポスト“加計学園文科省文書のリーク元が判明 犯人は元文科省事務次官 田崎史郎氏「その人はちょっと問題があって処分された人で政権に逆恨みがある」→リテラが「出所は天下り問題で退職した前川喜平氏」と実名で掲載”2017518
 
注7:前川喜平
 
注8:こんにちは、安倍晋三です
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事