新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017716日 No.1733
 
タイトル:われら日本国民はみんな、日本の政治を考えるとき、日本は決して真の独立国ではなく、米国戦争勢力の属国であるという認識を常に持っておくべき
 
1.201772日の都議選における安倍自民の惨敗で、マスコミ各社は、安倍内閣支持率のかさ上げ操作ができなくなった
 
 安倍自民は今、国民からの信頼を失って、大幅に支持率を落としています。それは、201772日の都議選の結果から明らかです。これまで、マスコミは世論調査を作為的に行い、誘導尋問や被験者サンプリング操作などのテクニックを駆使して、安倍内閣支持率を実態より相当、かさ上げしてきたと推測されますが、上記、都議選以降、そのような支持率操作が通用しなくなり、マスコミ各社は、安倍内閣支持率を30%前後に落とし始めています。
 
 本ブログの読みでは、実態はもっと低いと観ています。
 
 自民が支持率を回復するには、安倍内閣総辞職しかありません。安倍氏が冷静に自己分析できているなら、とっくに内閣総辞職に踏み切っているでしょう・
 
 安倍氏にとって内閣総辞職のタイミングは都議選の惨敗直後にあったのですが、G20への出席を控えて、内閣総辞職のタイミングを逸してしまいました。
 
2.安倍自民批判票がまったく、民進党に行かないのはなぜか
 
 自民に次ぐ大政党はいうまでもなく民進党ですが、都議選の結果を見る限り、民進党はまったく支持を伸ばせていません。
 
 その代り、小池新党・都民ファーストの会が大躍進したわけですが、都民のこの新党への期待は決して高くありません。要するに、都民は、都民ファーストを積極的に支持しているのではなく、自民や民進といった既成政党に票を入れたくないので、やむなく都民ファーストに入れたに過ぎません。
 
 この結果は、日本国民に、自民および民進という既成二大政党への深い失望感があることを示しています。
 
 今の民進党は野田氏が仕切っていますが、民主党時代の野田氏の動きから、国民は、野田氏は自民を助けるトロイアの木馬役であったことをすでに見破っています。ところが、野田氏はそのことに気付いていないのです。その意味で、野田氏も安倍氏と同様、まったく自己分析ができていないのです。
 
 その結果、今の国民は、安倍自民もダメ、野田民進もダメとみているのです。
 
 なぜ、多くの国民にとって自民も民進もダメなのでしょうか、それは、ズバリ、どちらも、日本を乗っ取る米国戦争屋の言いなりになる親米政党であって、決して愛国政党ではないからです。要するに、どちらもホンモノの愛国政党ではないのです。
 
 両政党とも、日本を乗っ取る米戦争屋に組み伏せられており、国民本位の政治ができていないのです、このことに国民はウスウス気付いています、だから、自民も民進も支持できない国民が激増しているのです。
 
ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
3.日本国民はみんな、なぜ、自民党も民進党もダメなのか、その理由を知っておくべき
 
 ところで、米国は二大政党制をとっており、米共和党と米民主党の両党が競争することによって、米国民には、米共和党支持か、米民主党支持かの選択肢が与えられています。
 
 しかしながら、日本では、小沢民主党が誕生したとき、日本を乗っ取る旧・米戦争屋の指示で、悪徳ペンタゴン勢力である東京地検特捜部やマスコミの攻撃によって、小沢氏は離党を余儀なくされました。それ以来、国民にとって、自民党支持か、民主党支持(=民進党支持)かの選択肢がすでに奪われています。
 
 どちらの党も、政権を取れば、旧・米戦争屋ジャパンハンドラーの言いなりになるため、結局、国民のための政治が行われることは決してないのです。
 
 要するに、日本の政治は、どの政党が政権を取っても、旧・米戦争屋の私益を最優先して行われているのです。したがって、われら国民が政治に不満を持つのは当然なのです。
 
4.日本国民はみんな、日本は旧・米戦争屋に乗っ取られていることをしっかり認識すべき
 
 自民党も民進党もマスコミも、今の日本が実質的に、旧・米戦争屋に乗っ取られている現実を日本国民に示すことはありません。
 
 その代り、自民も民進もマスコミも、日本があたかも独立国であるかのように見せて国民を洗脳してきました。
 
 そして、多くの国民は、日本は独立国であると思い込まされています。この現実にこそ、日本国民の政治不信が生まれる根本原因が潜みます。
 
 残念ながら、旧・米戦争屋が日本を手放す可能性はありません。この状態は半永久的に続くと思われます。
 
 そこで、われら国民は、日本の政治を考えるとき、日本は旧・米戦争屋の属国であることを常に念頭に置いておく必要があります。そうすれば、日本の政治がいかに悲惨な状況にあるのか手に取るように見えてきます。
 
 その認識に立って、われわれは今後の生きる道を探っていくしかないのです。
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事