新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017724日 No.1740
 
タイトル:2013年、自衛隊がゴラン高原から撤退したとき、アルジェリアで日本人が多数、殺害されたが、2017年、自衛隊が南スーダンから撤退しても意趣返しテロは起きていない:自衛隊は日本の国防に徹するべき
 
1.防衛省・自衛隊が、南スーダンへの自衛隊派遣の撤退を勝ち取ったことは評価できる
 
 防衛省・自衛隊は20173月に南スーダンから自衛隊のPKO派遣部隊を撤退させることを決めています(注1)
 
 おそらく、派遣された自衛隊員が戦闘に巻き込まれて戦死者が出ていると推測されます。
 
 この撤退は、安倍政権の決定というより、防衛省・自衛隊幹部が安倍氏を説得して、撤退を勝ち取ったというのが実態ではないでしょうか。
 
 本ブログでは防衛省・自衛隊のこの決定を支持します、なぜなら、日本国の防衛ではない戦闘で自衛隊員を絶対に死なせるべきではないからです。
 
2.防衛省・自衛隊は以前、中東ゴラン高原に派遣されていた自衛隊員も撤退させている
 
 自衛隊のPKO派遣は、上記、南スーダンの他に、中東ゴラン高原への派遣もありました(注2)。こちらも、国連との約束期限であった20131月に、撤退しています。
 
 この派遣もオモテムキは、国連からの要請でしたが、実態は日本を乗っ取る米国戦争屋の要請だったと本ブログでは観ています。
 
 ゴラン高原は、イスラエルとシリアの国境に位置しますが、両国はゴラン高原を巡って鋭く対立しています。いずれにしても、ここは非常に危険な地域なのです。そこで、米戦争屋CIAネオコンはイスラエル支援のため、属国日本の自衛隊をゴラン高原に派遣させ、イスラエル兵の代わりに自衛隊員をイスラエルとシリアの国境警備に利用した(そのコストはわれら日本国民の血税)と本ブログでは観ています。したがって、日本にとって、自衛隊のゴラン高原国境警備は、日本の国益とまったく関係ないのです。
 
 防衛省・自衛隊の愛国的日本人は、日本を属国視する米戦争屋の魂胆を見抜いており、約束期限が来たので、延長要求を断固拒否して、強引に自衛隊員をゴラン高原から撤退させたのです。
 
ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
3.自衛隊がゴラン高原から撤退したとたん、アルジェリアで日揮関係者がテロ襲撃された
 
 2013115日、防衛省・自衛隊はゴラン高原に派遣した自衛隊員の撤収を終えました。ところが、翌日の2013116日、アルジェリアの天然ガス・プラントにて、日本の日揮の工事関係者がテロ襲撃を受けて、日本人10人が犠牲となりました(注3)
 
 本ブログの見方では、日本人が狙い撃ちされたこのテロ事件と、自衛隊のゴラン高原からの撤退は相互に関係していると観ています(注4)
 
 ちなみに、アルジェリアの天然ガス・プラントを襲撃したのはアルカイダ系テロリストでしたが、アルカイダは、旧・米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡テロ集団であることは今や、世界の常識となっています。
 
 要するに、このときのアルジェリア・テロの首謀者と旧・米戦争屋CIAネオコンは水面下でつながっているのです。
 
 当時、ゴラン高原から自衛隊員を撤退させた防衛省・自衛隊の幹部は、アルカイダと旧・米戦争屋CIAネオコンがつながっていることを知っていたはずです。そして、アルジェリア・テロは、防衛省・自衛隊がゴラン高原から自衛隊員を撤退させたことへの意趣返しであったとすぐにわかったはずです。
 
 したがって、今回、防衛省・自衛隊が南スーダンからも自衛隊員を撤退させたことで、旧・米戦争屋CIAネオコンが、何らかの意趣返しをしてくることを防衛省・自衛隊幹部は警戒しているはずです。
 
 にもかかわらず、いまのところ、意趣返しが起きていません、それは、2013年時点と違って、今、旧・米戦争屋CIAネオコンの謀略工作実行力が低下しているためと推測されます。
 
 今、防衛省・自衛隊の愛国的日本人が、旧・米戦争屋の傀儡・安倍・稲田コンビを恐れなくなっているのは、トランプ政権になって旧・米戦争屋CIAの対日支配力に陰りがみられるからでしょう。
 
 旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡・ヒラリーがトランプに敗けたことが、旧・米戦争屋CIAネオコンの対日支配に大きく影響しているでしょう。
 
 防衛省・自衛隊の愛国的日本人は、三島由紀夫の遺言に従って、自衛隊員を米軍の傭兵にさせず、日本の国防に徹して欲しいと願って止みません。
 
注1:朝日新聞“南スーダンPKOに派遣の陸自部隊、撤退へ 政権が決定”2017310
 
注2:自衛隊ゴラン高原派遣
 
注3:アルジェリア人質事件
 
注4:本ブログNo.713無念!アフリカの砂漠に散った日本人:アルジェリア政府のテロ戦略の犠牲か、それとも、自衛隊を中東で傭兵化するための犠牲か』2013122
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事