新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017812日 No.1758
 
タイトル:2017812日は、日航機123便の御巣鷹山墜落から32年目の命日:日本でのオスプレイ飛行実験が増えるのはなぜ?
 
1.在日米軍は悪評高いオスプレイの対日投入を増やしているのみならず、自衛隊にも買わせて、日本はオスプレイ実験場にされている
 
 2017811日、NHKは、今後、日本の至る所で、悪評高いオスプレイの飛行訓練・実験が行われると報道しています(注1)
 
 このオスプレイは米軍用だけでなく、自衛隊も17機購入させられています。また、首都圏に近い米軍横田基地にも新たに10機配備されるようです。
 
 横田基地に配備されると、首都圏上空をオスプレイが飛び回ることになり、考えただけでゾッとします。
 
 なぜ、米軍はオスプレイを多数、日本で運用しているのでしょうか。
 
 ひとつ考えられるのは、この機は他の航空機と違って、安全性の観点から技術の完成度が未達なのではないでしょうか。その証拠に、オスプレイは明らかに他の航空機より事故率が高いと思われます。
 
 穿った見方をすれば、米軍は、日本の空を技術的完成度未達のオスプレイの飛行実験に利用しようとしているのではないでしょうか。
 
 さて、本ブログは、日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、彼らは、日本を属国視していますので、オスプレイの飛行実験を日本でやろうとするのことは十分、あり得るのです。
 
ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
2.米軍はなぜ、オスプレイの飛行実験を日本でやろうとするのか
 
 上記のように、米軍にとって日本は属国ですから、開発途上機・オスプレイの飛行実験場として日本は利用可能なのでしょう。一方、米国では米国民から反対されると面倒なので、できれば、米国外で飛行実験したいと思われます。
 
 もうひとつ、オスプレイは、日本と切っても切れない因縁があるのではないかと本ブログでは観ています。
 
 さて、今日、2017812日は、1985812日に起きた日航機123便の御巣鷹山墜落事故犠牲者の32回目の命日です。
 
 本ブログでは、この事故とオスプレイ開発は何らかの因縁があると観ています。
 
 上記、日航機墜落の原因は、ボーイング社の修理ミスによる後部圧力隔壁の破裂にあると結論付けられています。この破裂によって事故機の垂直尾翼が破壊されて操縦不能となって墜落したことになっています。そしてボーイングはこの事故の責任はボーイングにありと認めたのです。
 
 ちなみに、そのボーイング社は、事故のあった1985年に、米国防総省から、オスプレイの開発プロジェクト(2兆円プロジェクト)の受注に成功しています(注2)
 
 本ブログでは、日航機の墜落原因は圧力隔壁の修理ミスではないと観ていますが、ボーイングはみずから、事故責任はボーイング社にありと認めています。
 
 このことから、ボーイング社は日航機墜落の事故責任を認める代わりに、オスプレイ開発プロジェクトを米国防総省から受注したのではないかと疑っています。
 
3.オスプレイという命名は、御巣鷹山をヒントにしているのではないか
 
 ボーイング社もしくは米国防総省は、V22と呼ばれる新型の垂直離着陸機をオスプレイと命名していますが、本ブログでは、この命名のヒントは、日航機墜落現場である御巣鷹山から来ていると観ています(注3)
 
 すなわち、オスプレイはミサゴという鷹の名ですが、御巣鷹山はオスタカ山と読みます。そこで、オスタカをもじってオスプレイにしたのではないでしょうか。
 
 さらに言えば、御巣鷹山は米軍の厚木基地の戦闘機の演習飛行コースに位置しています。
 
 このように、オスプレイは日本と因縁が深い航空機とみなせます。ボーイングは今後も、オスプレイの技術的完成度を高めるため、試験飛行を繰り返す必要があります。
 
 一方、日本は起伏の大きい山谷の多い国であり、大規模な飛行場がなくても運用できるオスプレイの実験場としては最適なのです。
 
 日本国民は、このような開発途上航空機の実験に日本の上空が使用されるのは大反対でしょうが、在日米軍に言いなりの日本政府は、オスプレイの飛行実験が日本国民の安全を脅かすことを知っているのに、米軍の決定にまったく逆らえないのです。
 
 いずれにしても、今後、日本全国でオスプレイ墜落事故の危険が高まります。
 
 ほんとうに、情けないことです。
 
注1:JCCテレビのすべて“注目!・オスプレイ配備・今後の計画は”2017811
 
注2:本ブログNo.618『日航123便御巣鷹山墜落事件とオスプレイ(鷹)をつなぐ糸:1985年、濡れ衣を着たボーイングへのご褒美はおいしいオスプレイ開発受注(2兆円)だった?』2012812
 
注3:本ブログNo.14571985812日に起きた日航機の御巣鷹山墜落事件の仕掛け人勢力と、今、尖閣や南シナ海で日中対立を扇動する勢力は水面下でつながっている』2016812
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事