新ベンチャー革命

時事問題、日米関係、技術経営を取り上げます

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命20171012日 No.1818
 
タイトル:寄らば大樹で漠然と自民党(改憲政党)を支持する日本国民に告ぐ:自衛隊が韓国軍同様に米軍傭兵化され、韓国同様に徴兵制が導入されることを支持するつもりなのか!
 
1.今回の衆院選で自民や改憲政党を勝たせることは非常に危険と国民は知るべき
 
 衆院選の選挙活動が始まり、マスコミはいっせいに世論調査を発表していますが、自民は今より議席を減らすものの、単独過半数を維持するという結果が出ています。
 
 ちなみに、本ブログは立憲民主党を支持するとすでに公表しています(注1)
 
 安倍氏のモリカケ疑惑と、改憲問題は直接の関係はありませんが、安倍氏は、日本を乗っ取る米国戦争屋ジャパンハンドラーの傀儡首相であり、改憲を悲願としています。
 
 一方、立憲民主党はその党名通り、改憲反対、平和憲法護持です。
 
 本ブログでは今回の選挙で安倍自民を勝たせて、他の改憲賛成政党を加えて、国会で三分の二の議席を与えたら、確実に改憲(平和憲法の破壊)が行われると観ています。
 
 しかしながら、本ブログの主張は、日本が米戦争屋の属国の状態で、改憲するほど危険なことはないというものです。なぜなら、安倍自民などが企む改憲は単に、米戦争屋の対日要求でしかなく、結局、自衛隊を米軍傭兵として、無償で米国に差し出すものでしかないからです。
 
 要するに、改憲するなら、まず、日本が対米独立できてからです、まさに順番が逆なのです、今の日本は・・・。
 
なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。
 
2.今回のマスコミ世論調査で自民支持や希望の党支持と回答した人は改憲(平和憲法の破壊)を支持するのか
 
 今回のマスコミ世論調査で自民や希望の党など改憲政党を支持すると答えた国民は彼らの企む改憲が平和憲法の破壊であり、結局、自衛隊の米軍傭兵化でしかないと知った上で、支持しているのでしょうか。
 
 おそらく、地方の国民中心に、昔から自民党とのしがらみがあって、自民を支持しているか、寄らば大樹の発想で、漠然と与党第一党・自民を支持していると推測されます。
 
 それならば、漠然とした自民や希望支持の結果、あっという間に、平和憲法が破壊され、あっという間に、韓国同様に徴兵制が導入されてしまう危険が潜むことまで、アタマが回らない可能性があります。
 
 このザマでは、戦前の日本国民同様、気付いたら日本が軍国化し、国民が無謀な戦争に巻き込まれる危険は避けられません。
 
 今の日本国民は、戦前の日本国民と違って、マスコミのみならず、ネットからも情報が取れます。にもかかわらず、マスコミ情報だけに依存して安倍自民や希望の党を支持していたら、日本はあっという間に、戦前の軍国日本に引き戻されます。みんなこのような危機意識を持つべきです。そして、他のお人好し国民まで戦前の軍国日本に引き戻さないでください、お願いします!
 
3.改憲が必要なのは、日本が完全に対米独立したときと知るべき!
 
 日本が完全に対米独立できれば、在日米軍が日本から出て行きます。その結果、自衛隊を韓国軍と同様に、日本軍に昇格させる必要が出ます。そのとき初めて、改憲が必要となる場合が生じるのです。
 
 この順番を無視して、改憲をやると、それは、自衛隊が今の韓国軍同様に、米国の仕掛ける戦争に米軍傭兵として派兵させられるだけです。
 
 極論すると、自衛隊は韓国軍同様、米国民の安全を守るための傭兵として米国に利用されるだけなのです。近未来の日本も、韓国同様にこんなアホらしいことが現実に起きてしまいます。
 
 その証拠に、米軍の事実上の傭兵である韓国軍兵士は、韓国の国益とまったく無関係なベトナム戦争に年間最大5万人規模で派兵させられた歴史があります(注2)
 
 今回の選挙に限って、自民など改憲政党を大勝させると、自衛隊の韓国軍化が現実のものになるとみんな肝に銘じるべきです。
 
注1:本ブログNo.1817日本が米国戦争勢力にステルス支配されている限り、安倍自民と小池新党の主張する“改憲”に賛成することは非常に危険とみんな気付くべき』20171011
 
注2:ベトナム戦争
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事